果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

69月/140

平城京天平祭 2014に行ってみた。(α7S)~その2~

2014年8月30日に平城宮跡で開催されていた平城京天平祭 2014編の続きです。

前回は、「夜空に煌めく四神・ミラーボーラー」と「燈花会@大極殿」の撮影分でした。

今回は、朱雀門の「一期一会の極彩 デジタル掛軸」の撮影分です。

 

持って行った機材はα7Sα7RSEL2470ZSEL70200GSEL35F28ZSEL55F18ZUT-43Qでした。

今回も引き続きα7S+SEL2470Zでの撮影分です。

なお、前回もそうでしたが、すべて手持ちでの撮影となっております。

 

朱雀門の「一期一会の極彩 デジタル掛軸」ですが、第一次朝堂院から見る限りではほんのり色づいているかなぁ・・?と思う位の状態でした。

あまりに普通の状態にも見えるので、係の人に「デジタル掛軸ってやってるの?」と聞いてる人もいたぐらい。

 

とりあえず、せっかく来たので、目の前まで行くことにしたのですが・・

 

近くに来ると、結構それなりに見えました。

α7S+SEL2470Z 焦点距離[54.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[54.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

といっても、肉眼だと写真で見るよりももう少し薄く感じましたけども・・

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[43.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[43.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[34.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[34.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

で、右下に見える四角い箱がプロジェクターですね。

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

正面からの撮影分もいくつか・・

手持ちなので水平が微妙ですが・・(--;

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[34.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[34.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[33.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[33.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

ちなみに反対側もちゃんと投影されていました。

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

以上で、撮影終了。

なお、帰りは反対側まで戻るのも面倒でしたので、新大宮駅まで歩いて向かいました。

新大宮では、さほど混雑してなくて急行でも普通に座れましたが、大和西大寺では程ほどに混みだしました。

結構、歩き疲れますので、大阪方面に帰宅する場合は、大和西大寺じゃなくて新大宮まで向って座って帰る方がおススメ。

 

308月/140

平城京天平祭 2014に行ってみた。(α7S)~その1~

2014年8月30日に平城宮跡で開催されていた平城京天平祭 2014に行ってまいりました。

ライブとか夜店とか色々な催しものが行われていましたが、我々の目的はぶれることなくイルミネーションイベントです・・(--;

持って行った機材はα7Sα7RSEL2470ZSEL70200GSEL35F28ZSEL55F18ZUT-43Qでした。

その中で使用したのが、α7S+SEL2470Zα7R+SEL55F18Zという感じ。

今回はα7S+SEL2470Zでの撮影分です。

 

念のため持って行ったトラベル三脚なUT-43Qですが・・・

がっつり三脚使ってる人もいましたが、三脚ご遠慮アナウンスも聞こえたような気がしたので今回は使用しませんでした。

 

なので、今回はオール手持ちでの撮影です。

 

ていうか、UT-43QSEL70200Gをもっていかなかったらもっと楽に動けたのにと後悔・・(--;

 

18時過ぎに大和西大寺に到着し、同行者と合流。

大和西大寺より平城京跡まで無料送迎バスが出ていましたが、当然ながらぎゅうぎゅう詰めでかつ、あまり本数が無い模様。

まぁ徒歩20分位なので普通に歩いて現地に行きました。

 

現地に行ってまず思ったこと・・。

 

想像以上に繁盛してました。

FM OSAKA Fantastic LIVEとシルクロード・フードコート&夏の夜市が・・・(--;

 

あわよくばなんか食うか位のノリはあったのですが、ちょっとキツイなぁという感じな混雑。

イルミネーションイベントも大丈夫かコレ?という感じではあったのですが・・

一部を除いて意外に普通に落ち着いて撮影が出来る状況ではありました。

 

まぁ、その一部ってのがちょっと見てみたいなぁと思っていたものでもあったわけですが。。。

 

で・・まず到着して撮影を開始したのが、第一次朝堂院で展示されていた「夜空に煌めく四神・ミラーボーラー」です。

到着して撮影した夜更け前と日没後の2回撮影しました。

 

ちなみに四神とは、青竜、朱雀、白虎、玄武でして、それぞれ司っている方位、季節、象徴する意図があるとのこと。

 

まずは青竜・・

四方が東、四季が春、四色が緑(青)

α7S+SEL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[38.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[38.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

続いて朱雀・・

四方が南、四季が夏、四色が赤(朱)

α7S+SEL2470Z 焦点距離[49.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[49.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

続いて白虎・・

四方が西、四季が秋、四色が白

α7S+SEL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[46.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[46.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

最後に玄武・・

四方が北、四季が冬、四色が黒(玄)

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

後方にうっすらサーチライトが写ってるなぁ・・的な

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

おまけで、朱雀からみた全景。

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 4000 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 4000 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

四神の次は大極殿に向かいました。

 

で、これが落ち着いて撮影できなかった一部の場所である、第一次大極殿前ステージです。

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

19時45分から高千穂の夜神楽が催されるので、ここでSEL70200Gを使って。。とか思ってたのですが・・

ステージの高さが低すぎて、脚立でもないと前から3列位でも普通に見ることすら出来ない状況になってました。

至る所で見えないと声が上がってるのを聞いてテーマは良いのに、正直ダメイベントな感じでした。

 

そして燈花会@大極殿です。

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/6秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/6秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/8秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/8秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

正面は人いっぱいでしたが、両サイドまで来ると落ち着いて撮影できます。

といっても最前列はなぜか誰か座ってる状況でしたけど・・(--;

 

 

で、第一次大極殿と第一次朝堂院の間にあるスペースで展示されていたのが、「五色の光芒サーチライト」です。

人が疎らですので、ここ位は三脚使ってじっくりとっても良かった気が・・

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

ちなみに両サイドに5台ずつ設置されており、サーチライトが上空では1点に交わってました。

まぁ・・手持ちじゃ撮れないので撮ってませんけど・・。

 

残りは、朱雀門の「一期一会の極彩 デジタル掛軸」ですが、それはまた次回に・・

 

77月/140

α7Sでテスト撮影してみた。

先日購入したα7Sでテスト撮影を行ってみました。

撮影場所はATC。

なんでATCかというと、最近仕事でココに通い詰めなんですよね・・(--;

ちょっとした仕事帰りの気晴らしです・・。

 

 

今回はSEL2470Zのみを利用しての高感度耐性のテスト撮影です。

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1000 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1000 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2000 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2000 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 4000 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 4000 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1250 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1250 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2000 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2000 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2000 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2000 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

まぁ、高感度テストといってもまだそんなに暗くなってなかったので、最大でISO6400程度で事足りましたけどね。

ていうか、流石の最新の1200万画素センサーですねぇ・・。

ISO6400でも十分使えそうな気がしました。(^^;

 

α7Sは、ちょっと寄り道程度に撮影する位なら夜でも手持ちで十分撮影出来そうな感じですなぁ。

ただ、やはりSEL2470Zだとカバンに入れるとちょいとかさばるので、SEL35F28Zあたりが欲しくなりますね・・(--;

うーん。
 

Tagged as: , , No Comments
241月/140

Vario-Tessar T FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zが届きました。

3か月ほど前の発表直後にソニーストアにて予約していたVario-Tessar T FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zが手元に届きました。

SEL2470Z

 



これでようやくα7を持ち出す気にもなるというモノです。

 

いやぁ・・発売日まで長かったなぁ・・

とはいえ、同時に予約したFE 70-200mm F4 G OSS SEL70200Gに至っては、まだ3月発売予定としか決まってないですしねぇ・・。

ホント焦らしてくれて、期待値が上がりまくってる訳で・・。

 

で、開梱。

SEL2470Zの梱包状態

 

うむ・・10万円のレンズとは思えない位の簡易梱包。

 

内容物一覧です。

SEL2470Z 内容物

相変わらずフロントキャップにツァイスロゴも無くが寂しい限りです。

 

外観と質感は、SEL1670Zをそのまま一回り大きくした感じといってまったく差し支えは無し。

SEL2470Z 外観

 

重さもフルサイズ対応のツァイスズームレンズとしては正直軽くて扱い易そう。

 

フードについては、SEL24F18Zと同様にプラスチックと金属のハイブリット。

SEL2470Z フード

恐らく、SEL24F18Zと同様に金属部分を持って取り付け・取り外しを繰り返すと分離すると思われます。

しかも、個体差なのか全個体でそうなのかは解りませんが・・

 

フードが非常に付けにくいです。

 

はめ込んでから固定しようと回転した瞬間から引っかかる感じがする上、最後がまた固すぎ。

フードの加工精度が悪いのか?

当然、外す時も非常に力が必要・・。

壊れるんじゃないのか?という位、力が要ります・・。

 

ボディもレンズもワイド保証付けてるとはいえ凄い不安。

 

MCプロテクターは、旧パッケージなのが物語っておりますが・・
随分前に破格で購入できた純正MCプロテクターのVF-67MPAMを付けました。

VF-67MPAM

 

α7+縦位置グリップ(VG-C1EM)+SEL2470Zの図。

α7+VG-C1EM+SEL2470Z

 

これで重さは1.1Kg位でしょうか。
D800AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gを付けたのと同じ位の重さですね。

ぶっちゃけ、このα7+縦位置グリップ(VG-C1EM)+SEL2470ZNEX-6SEL1018SEL70200Gを用意してれば風景撮影旅行でも不足は無い気がします。

 

問題は写りですが、ネットで見る限りは中央の解像は良いが周辺は流れ気味という・・

まんまSEL1670Zをフルサイズ対応にしましたよという感じみたいデスね。

 

といっても、

ツァイスのズームレンズってAマウントを含めても全て、

「中央の解像は良いが周辺は流れ気味」

という評価だった気がしないでもないですが。

 

値段がこなれてくれば8万円半ば程度にはなりそうですし、Aマウント大三元レンズの半値程度と考えたら、性能的には妥当なんじゃないのかなぁと思います。

Vario-Tessar T FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Zも早い目に出してほしいなぁ・・(--;

 


2710月/130

FEマウントのSEL2470ZとSEL70200Gを予約してみた。

先日、フルサイズEマウントこと、FEマウントの新型カメラ α7α7Rが発表されました。

 


ソニーストア

 

正直やっと来たかという感じでしたが・・

デザインが微妙な感じなのはもとより・・

 

ボディ内手振れ補正はのらなかったかぁ・・

という失望感が大きかったです。

 

ボディ内手振れ補正が在れば、Aマウントレンズの売り上げも伸びるのになぁと思う訳ですが、難しいのでしょうか。

 

とはいえ、α7α7Rの最軽量のフルサイズという言葉に負けそうになるのですが、

発売日の11月15日に手に入れても、恐らく満足に使う時間が無いだろうなぁというのが、いまだ購入予約をしていない理由。

 

結局、9月も3日しか休んでないし、10月は結局休みがない感じですしねぇ・・。

このまま11月も進行する訳ですが、60連勤位リアルに行きそうな感じが漂ってるんですよね。

こんな状態で新しいカメラ買っても、惨めなだけでして・・

 

なので、

 

来年1月の発売予定のVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zと、来年3月発売予定のFE 70-200mm F4 G OSS SEL70200Gを予約しました。

SEL2470ZとSEL70200Gを予約

まぁ、来年1月と3月も忙しいオーラがすでに見えててウンザリするんですが・・。

なんか買っておかないと、この苦行を乗り越えられない気がしましてね。

Sonyの上位クラスのレンズは発売直後は品切れになる事が多いので即決しとかないと入手が平気で半年後とかになりますし・・。

ちょうど5年ワイド保証無料クーポンが来てたのでVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470ZFE 70-200mm F4 G OSS SEL70200Gの2本同時にIYH!!しました。

 

同時に購入すると、両方とも5年ワイド保証が無料になるんですねぇ・・。
今まで1本だけ無料になるものだと思ってました。

にしても、FEマウントでもVario-Tessarなんですね・・。

しかもVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zにしても、FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200Gにしても、開放F4ですかと。

結局、フルサイズに使えるF2.8ズームレンズなんて、1kg程度にはなるし、折角ボディ小さくしても意味ないよねという感じなんですかね。

 

少なくともα7Rの3600万画素に耐えうるほどの性能を持っているレンズだとは思いたいですけど・・はてさて。

 

さぁ・・まずは1月発売のVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zを手に入れる事を楽しみにしつつ・・

明日からも仕事頑張るか・・(--;