果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

288月/110

大阪城 城灯りの景に撮影に行ってみた。

α77の期待感も薄れながら、本日の目的地である大阪城公園に到着しました。


予定よりも若干早くついてしまったが為に、西の丸庭園よりも先に天守閣の方に顔を出してみる事にしました。


ちなみに本日の装備は、Tamrac 608 Proα900+縦位置グリップSAL2470Z PRO1D R-クロススクリーン(W)ワイド リモートコマンダー( RMT-DSLR1)SLIK カーボンマスター 824 PRO です。
まぁ、軽装と言えば軽装なのですが、やはり肩掛けカバンは次第に肩に食い込んで辛いですね・・。


とりあえず、天守閣を撮影。



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F10.0 ] 絞り優先AE


そして、少し歩いたところにある神社、豊國神社で秀吉様を撮影。



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F10.0 ] 絞り優先AE


その後、西の丸庭園に場所取りをしました。



α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F10.0 ] 絞り優先AE


この時点では蝋燭に点灯されているようですが、まだ灯りとしては周りも明るくまだまだな状況でした。
しかし、すでにベストポジションと思われる所には三脚がずらっと並んでいる状況で・・


本気モードが漂ってるなぁ・・と思ってました。


で・・・


いざ、蝋燭の火が見えてきたと思ったら・・・



α900 SAL2470Z 焦点距離[45.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE


この惨状。



場所取りもへったくれもないですね(苦笑)



で、こういった状況でスローシャッターで撮影すると・・



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 5.0秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F10.0 ] 絞り優先AE


心霊写真かと・・いう状況になるわけで・・。
鑑賞に使えたもんじゃありません。


30秒も開けてれば確かに動いている人は随分と消えるのですが、止まってる人は残るので、どうにもなりません。
というか、ちゃんと写ってる状況ならばそれはそれでまだ見れるのですけどねぇ・・。


瞬間移動風に写っちゃってるのはなんとも目障り。。


まぁ、そんな状況なんで、早くから場所取りしていた方々からは大ブーイング発生。


前に立つ方々は何言ってんの?そんなルールあんの?と知らぬ顔。


まぁ、、灯篭の前に立つ人、勝手に三脚を立てて「前から退け」と怒鳴る人、マナー違反はどっちもどっちだと思うがなぁ。


ていうか、1時間のうち15分でも灯篭の周りに立入禁止時間を設けてもらえればそれでいいんだけど。


めんどくさいんだろうね。


一部の撮影愛好者の為だけに、人員を割けというのも横暴な気もしますし。


とりあえず言える事は、



撮影向きじゃないですね、このイベント。



撮影したいと考えてる方々は、ミラーレスデジカメでコンパクトな三脚持って気軽に参加しましょう。


でっかい三脚もっていっても無駄無駄。


ストレスが溜まるだけです。


罵声飛び交う中、撮影してて楽しくないもんねぇ~。


で、とりあえず、色々弄って人が邪魔にならない程度にしたのがこちら・・。



α900 SAL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 6.0秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


ん~・・なんともはや。


で、灯篭は諦めて、次に向かったのが迎賓館。


怪しくライトアップされていました。



α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/5秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] シャッター速度優先AE


ここで、 PRO1D R-クロススクリーン(W)ワイドを装着。



α900 SAL2470Z 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/2秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F3.5 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/2秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F3.5 ] シャッター速度優先AE


なんとなく気が乗らない。


以後、天守閣広場に戻り、三脚を片付けて適当に手持ち撮影しながら帰宅の途。



α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/6秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE


なんか、全体的に気乗りしない撮影だったなぁ。


夏の夜景撮影としては、万博公園イルミナイトの方が遥かに良いですね。
まぁ、向こうは入園料が有料ですがね・・。


来年行くかどうかと言われれば、超絶微妙な感じ。。


ソニーストア



148月/110

イルミナイト万博 なつやすみ 2011に撮影に行ってみた(α900)

万博記念公園でイルミナイト万博 なつやすみというイルミネーションイベントをやっているとの事で最終日のこの日に特攻してまいりました。


先日、クロススクリーンを購入した所で夜景撮りたいと思ってた所で、願ったりかなったりと言ったところ。


機材はナショナルジオグラフィック NG W5070α900+縦位置グリップSAL2470ZPRO1D R-クロススクリーン ワイド、SLIK カーボンマスター 824PROリモートコマンダー (RMT-DSLR1)という感じです。


現地到着は18時半という感じ。


まずは太陽の広場で日没前に手持ちで撮影。



α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE


一応PRO1D R-クロススクリーン ワイドを付けていましたが、まだ光は弱い感じ。


そのまま太陽の塔の近くに行くと、太陽の塔を照らすミラーボールが輝いておりました。



α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE


さすがにミラーボールともなると、良い感じに十文字が出ますねぇ。


その後、程ほどに暗くなっていき、東大路では木に電球を吊り下げてのイルミネーションロードが良い感じに輝いておりました。
ここからカーボンマスター 824PROリモートコマンダー (RMT-DSLR1)を使用しての撮影です。



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE


良い感じに暗くなってきたので、太陽の広場に戻りました。


まずは PRO1D R-クロススクリーン ワイド無し



α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 3.2秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


そして PRO1D R-クロススクリーン ワイド有り



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/2秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE


少し場所を変えて再び、PRO1D R-クロススクリーン ワイド無し



α900 SAL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/2秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE


そして PRO1D R-クロススクリーン ワイド有り



α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/3秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE


総じて・・


PRO1D R-クロススクリーン ワイド 面白いですね!


光源が多いと十文字がすごくうるさくなっちゃいますので、使いどころを選ばないといけませんが・・。


はまると、すごくロマンあふれた写真になる感じがします。


この冬のイルミネーションイベントがいまから楽しみになってしまします・・。


ソニーストア