果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

254月/150

マップカメラの先取交換でAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRを買ってみたら・・

今年の1月29日に発売されてから、3か月経っても入手困難なAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRをマップカメラの先取交換で買ってみました。

 

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

 

というか、まぁ私もなんだかんだ2か月待ちだったのですけど・・。

2月上旬にマップカメラの通販サイトで在庫有り表記だったので先取交換で注文したのですが、翌日に取り寄せになるとメールが来てね・・。

その後、在庫有りに何度かなっているのを見た所でようやく4月上旬に発送されました。

 

ちょっと脱線しますが・・

マップカメラの先取交換は、こちらからの下取品の発送前に注文した品物を発送してもらえるという他では中々見ることの出来ないサービスです。

まぁ、その代わり注文時にクレジットカードの与信枠が見積もり査定額+差額の2つに分けて確保されます。

で、下取品の手続き完了後に差額分のみクレジットカードで売上処理がされるという仕組み。

あと、注文日から10日以内に下取品がマップカメラに到着していないと注文金額全額がクレジットカードで売上処理されてしまいます。

 

で・・

先取交換は非常に便利なサービスなのですが、取り寄せ品に使うには要注意なのです。

まず、商品発送日から10日以内ではなく注文日から10日以内に下取り品を送付しないといけない。

そして、下取品の最終査定が終わった後でも注文した品物がすべて発送されていなければ、クレジットカードの売上処理がなされず注文した品物の金額全額のクレジットカードの与信枠を確保され続けられます。

なので、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRのような入荷日未定な品物に先取交換をする場合は注意が必要なのですね・・。

 

まぁ、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRを単品で注文してあれば、さして問題ないんですが・・

今回は別のモノも加えて総額50万↑で注文していたので・・下取品を送付した後も、2か月以上それだけの与信枠を抑え続けられるのは非常にウザかったですね。

こちらとしては、下取品と注文分全額のカード与信枠の両方を取り寄せ期間中ずっとマップカメラに握られ続ける訳。

ていうか、カード与信枠を見積もり査定額+差額の2つで分けてるんだから下取品の査定処理が終わったら見積もり査定額分の枠は解放してもイイと思うんですけどね。

 

ちなみに、マップカメラでは在庫有りと表示されていても取り寄せになる場合があるそうで・・

2度目の在庫有り表示になっても発送されなかったので問い合わせた所・・

<入荷処理をした際に在庫有りとして表示されるが、その後に予約注文者に引き当てるので販売できる在庫が無い状態でも一時的に在庫有りと表示される>という回答でした。

 

うん・・

それって・・在庫有りと表示する処理の前に予約注文者の数を引いた結果が、1以上でなければ取り寄せ表記にする処理を追加しておけば良いんじゃないのかと思うのですけどね。

この間、大規模メンテしてましたが、この件は修正されたのでしょうか・・?

と、冒頭から愚痴になってますが・・

マップカメラの下取交換サービスはスムーズに行けば非常に便利なサービスだと思っているのですよ。

実際、サービス開始以降から5、6回は使ってますし。

ただ、取り寄せになってしまった時の対応がよろしくないです。

 

で、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRのお話

箱の小ささとレンズ本体の軽さには良い意味で笑わせてもらいました。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 中身

 

質感はプラスチッキーで所有欲をまったくくすぐりませんけど、そんな事より凄い軽さに圧倒されます。

ただ・・ついにこのランクのレンズまでもが中国製になってしまうのですねニコン・・という感じ。

中国製なぁ・・

 

正直、勘弁してくれ。

そっち行く前に、まずはタイだ。

 

30万円のタイ製のD810と20万円の中国製のAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRを買わせるニコンまじ鬼畜。

 

あげくに両方とも発売直後に不具合で要サポート持ち込み事案発生してるし・・

 

今後は、ニコンの初物は半年寝かさないとダメかもしれません。

 

ちなみに我が家に来たAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRもギリギリアウトで要ファームアップでした。

GW明けに持っていこうかと思ってます。

 

 

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRの大きさですが、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDとほぼ同等です。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRと AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

フード含めるとAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの方が大きい位ですね。

 

これならAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIとの同時持ち出しもそれほど苦じゃないです。

D810との組み合わせはこんな感じ。

D810とAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

 

非常に持ちやすくて楽な重量バランス。

長時間撮影しても腕はまったく疲れなさそうです。

とまぁ、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRは商品企画としては非常に魅力のあるレンズですね。

質感がいまいちなのと中国製なのに20万円を超えるのはダメダメですけど。

あとは、写りとAFの速さが問題点でしょうか。

フレア問題は別として、写りはAi AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDと比べても遜色ないらしいですが、AFの速さが微妙っぽいですね。

とりあえずは、テスト撮影に行ってからの判断かなぁと。
 

810月/140

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDを買ってみた。

先日、カメラのキタムラ なんばCITY店でミナピタカード10%OFFセールが実施されていましたので、発売されたばかりのAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDを買ってみました。

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

 

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを持っているとはいえ、AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDは355gと軽量なことから、発表されてから気になっていたレンズ・・

もう少し価格がこなれてくるのと、評価が出てからと思っていたのですが、ミナピタセールのお蔭で発売日翌日だというのに10%OFFになるという事態に負けました。

 

フィルター径は77mmですので、Kenko PRO1D プロテクター (W) 77mmプロテクターも用意しました。

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDのフィルタ径は77mm

 

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの付属品。

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの付属品

広角という事もあり、さすがにフードは短いですね。

 

Nikon 1.8Gシリーズは性能の割には価格が安いのが特徴ですが、その分、外装はチープで製造国も中国となっています。

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDは中国製

 

あと目立って影響が出るのが、絞り羽根枚数が9枚じゃなく7枚である事でしょうか。

点光源や光芒の写りが変わってきたりします。

 

まぁ、廉価版だから7枚だという事を言うと・・

Eマウントレンズなんて、SEL55F18ZSEL70200GとSELP28135Gのみが9枚で他すべては7枚だという事実にそれはそれでガッカリするのですが(--;

せめてSEL35F28ZSEL2470ZSEL1635Zは9枚にしとくべきだったんではなかろうか・・

 

 

んで、、

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを持っていて、AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDを購入を考えている人のほとんどがAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDがコンパクトで軽いという点でのメリットに魅力を感じているのではないかと思います。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの写りに不満を持っていて・・という人は極少数ではないのかなぁと勝手に思ってたり・・(^^;

という事で、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDを並べてみました。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDとAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの比較その1

 

正直、フード込みでの大きさはフィルタ径が77mmと大きいこともあり、AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの方がすごく小さいという事でもありません。

まぁ、重量はAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDが1000gでAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDが355gなので、明らかに違いますが・・。

 

でも持ち運び状態にすると、大きさも明らかに違います。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDとAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの比較その2

 

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDに比べてAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDが非常にコンパクトなのが解りますね・・。

ていうか、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDは重量はともかく、フード固定式で出目金なので持ち運び時に嵩張りすぎるという欠点があるというのも解りますね・・。

 

ぶっちゃけ、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDって写りは凄いイイのですが、収納時も大きくて持っていくのに困るレンズなんですよね。

明らかに広角メインで撮影する時は頑張って持っていくのですが、望遠レンズも持っていくような時であと1本持っていくという時にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの利便性と比べて持っていくのを諦めてしまいます。

で、そういう時に限って意外ともうちょっと広角で撮りたいと思える風景もあったりして・・・

 

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの大きさと重さなら、もう1本の時のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDに加えて持っていっておくかと思えるなんじゃないかなぁというのが私の購入の理由でしょうか。

写りもネットの評判を見ている限りは他の1.8Gシリーズと同様に優秀のようですし、AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDは万人におススメできる広角単焦点レンズなんではないかと思います。

 


257月/140

Nikon史上最高画質という話のD810を買ってみた。

α7Sを購入した当日に発表されたD810

流石に立て続けにボディ買うのも・・と思ったのですが、とりあえずニコンダイレクトだと発送直前までキャンセル可能という事で予約をしました。

3年安心サポートスペシャルが付いて、5%のポイントが付いて348,300円とニコンダイレクトにしては他の販売店とほぼ同等の金額であったのも理由の一つでした。

ですが、予約後にD800ED7100を結構良い値段で処分していたのにも関わらず、D810の発売日が決まったと同時に何故か急に気持ちが冷めてしまって一度キャンセルしたのですよね。

キタムラのminapiraセールを使ったら、少なくとも28万円で買えるよなぁ・・とか、D800の中古がD810の半値位で買えるよなぁとか・・

まぁ、とりあえず少し様子見るかという形で一旦保留した訳です。

 

少なからず一度、ニコンプラザ大阪の展示機を触ってみないとなと。

 

で、触ってみた結果。

 

D800/D800E

カッシャーン

というシャッター音が

D810だと

クシュッ

という小さい比較的小さい音になっていたのと、背面液晶が画像を拡大表示してもぼやけないのが好印象でした。

 

仕様面では、FXの連射が4コマ/秒 → 5コマ/秒へ増加、DXの連射が6コマ/秒 → 7コマ/秒へと増加し、バッファもロスレス14bitRAWでFXで17コマ → 28コマ、DXで29コマ → 97コマと相当増えたことが相当好印象。

 

あとは画像処理エンジンがD4Sと同じEXPEED4になったのと、グループエリアAFにも対応した事も好印象ですね。

 

DXクロップでも1500万画素あるので小ささと軽さという点を除いてバッファの少ないD7100は要らなくなるねぇ・・。

場合によってはD810D4Sの出番を喰ってしまうのではないかと少し思ってしまい・・

 

で・・結局発売日出荷分で購入してしまっているというオチ。

D810

 

なんだかんだで、ポイントサイト経由やクレジットカードのボーナスポイントを考慮すれば実質29万円台になる計算になったのと・・

冬のボーナス一括払いが7/16から開始になってたのでねぇ・・

 .. .: ∬ ::::: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ∧_∧ . |||.: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
  ストン   /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
    ||| / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

 

 

同時購入品は、アクセサリーシューカバー(BS-1)です。

アクセサリーシューカバー(BS-1)

 

液晶保護フィルムはD800用が余ってたので、流用しました。

肩液晶のフィルムがD800用の方が若干小さいので、余ってるとかの理由がない限りはD810用を購入するのをおススメしますけどね・・(--;

 

開梱の儀

箱が小さくなっている事からも、梱包材が随分と簡素になっちゃってますね。

D810 開梱

 

アクセサリー用の白い箱が無くなってたり、ボディの回りのダンボールが薄くなってます。

輸送の関係上、少しでも小さくする必要もあるのでしょうけどねぇ。

30万もするカメラにしては梱包がチープですなぁ。

しかもアクセサリーシューカバー(BS-1)が別売だし。

ニコンもソニーに似てきたなぁ・・(--;

 

D810の内容物

D810 内容物

なんか少ないなぁ・・と思ったら、充電器の電源ケーブルが付属しなくなってるんですね。

まぁ、使ってなかったので構わないのですが、ココもコストダウンか。

 

まず最初に液晶保護フィルムを装着した後、ノーガードのアクセサリーシューに・・

D810 アクセサリーシューカバー付いてない

アクセサリーシューカバー(BS-1)を装着しました。

D810 BS-1装着

 

α6000もそうでしたが、使ってないときはカバーをしておかないとやっぱり落ち着かないのですよね。

ニコンの場合、ソニーよりかはカバーを手に入れやすいのと、価格が安いのがまだ救いですけど・・。

ケチすぎて泣けるわ。

 

製造国は事前の情報の通り、タイですね。

D810 製造国

 

これで、現行の国内生産品はDfD4Sのみという事ですね・・・。

まぁ、中国製に比べたら遥かにマシなのですが、正直なところ嬉しくはないです。

 

アイピースをいつも通りに接眼補助レンズ -3 のDK-17C -3 と 接眼目当て DK-19の組み合わせに変更し・・

D810 背面

バッテリーグリップ(MB-D12)とハンドストラップ(AH-4)とソフトラバーストラップ(AN-SNP001)に変更して取りあえず開封の儀は完了。

D810+MB-D12

 

で・・自宅で触ってみた感想。

 

冒頭に書いたシャッター音の小ささ、バッファの増加、等倍表示でもクッキリ見える背面液晶には好印象なままなのですが、

背面とメモリスロットカバーのラバーグリップがなんか手触りがよろしくない。

前面のグリップと素材が違うのか、妙に硬くて違和感があります。

なんかこのグリップの所為で安っぽくなったと感じます。

 

ファインダーに関しては、D800/D800Eのファインダーは他の機種よりも若干アンバー気味に感じて違和感があったのですが、D810はいたって普通になったと感じました。

 

画質に関しては、RAW撮りを基本にするのであればD800/D800Eと大差ないんじゃないかなぁと思うのですが、
最近ちょこっと騒がれている長時間露出に長秒時NRをオフにした時に白点が大量に出てくるという現象が解決しない限り、D800/D800Eよりはむしろ悪くなった印象があります。

全体的にみて良くなってる感があるのですけども・・

一部些細なスペック劣化もあるのと、白点問題で

 

なんか・・盛大にケチついちゃいました感があるなぁ・・(--;

 

ファームアップレベルで修正されたとしても、隣合ったピクセルから補完して塗りつぶす程度の修正になる気がしなくもない。

三脚でじっくり撮影派の人は、ライブビューの表示大幅改善・シャッター静音化などのよくなった点と白点問題を天秤にかけて、買い替え判断が難しい状況になっちゃいましたねぇ。。

 

とはいえ、D800/D800Eでシャッター音と連続撮影枚数とライブビュー表示の3点のうち1つでも不満で仕方ないという人は是非D810に買い替えてください。

これに関しては、きっと幸せになると思います。

それ以外の人は、買い替える必要無いかなぁ・・。

D800/D800Eと写りは大差なさそうなので、下取り+15万でD810に買い替えよりも新しいレンズ1本買うほうが幸せになる気がします・・(--;

 




Tagged as: , No Comments
306月/140

Nikon D4Sを買ってみた。

もう先月の話になるのですが、
キタムラなんばCITY店にてミナピタセールが5月24日~26日に開催されました・・

この時は、minapitaカードで一括払いで支払うと引き落とし時に金額が10%オフになるのです。

しかもTポイントも0.5%、minapitaポイントも1%付きます。

で・・

この間、何気なく作っておいたminapitaカードの枠はD4Sを十分に購入できる分あります・・。

いやぁ、なんせ支払額が52万円代になるし、ポイントも考慮すると51万円台に入る位の価格になりますので、この時期にしては非常にお得に買える事になります。

 

そりゃ、行くしかないじゃないか。

 

*     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   
       ∧_∧ / /    イヤッッホォォォオオォオウ!
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||

 

Nikon D4S

 

 

同時に、ETSUMI 液晶保護フィルム プロ用ガードフィルムAR Nikon D4S/D4専用 E-7237を購入しておきました。

D4S用液晶保護フィルム

まぁ、ぶっちゃけ旧製品のD4用と変わりません。

 

外観について、パッと見はD4Sのロゴ部分しか変わり映えしないように見えますが、フォトヨドバシによると持ちやすいように微妙に筐体もリファインされているようです。

D4S 外観
まぁ、この時点ですでにD4は里子にでてるので比較ができないわけですけども・・・。

すぐわかるのがマルチセレクターの形状ですかねぇ。

外れにくくなってるのでしょうか。

 

他に明らかに変わってるのは、バッテリと充電器。

D4Sのバッテリと充電器

 

EN-EL18MH-26からEN-EL18aMH-26aに変わってます。

単にaが付いただけではなく、バッテリ容量が2000mAhから2500mAhへ25%増量してます。

EN-EL18とEN-El18a

 

予備バッテリも買い替えかぁ・・と思ってたのですが、EN-EL18MH-26aで充電が出来る上、普通にD4Sに使えるという事。

ちゃんとNikonのホームページのEN-EL18の対応製品にD4SD4と記載があります。

まぁ、500mAh容量が少ないとはいえ、予備電池としては全然使えるので、売らなくて良かったなぁと・・(--;

フラッグシップの電池って他の機種に比べて高いですしね・・。

 

さて・・

 

ここで、D4Sの感想を書きたい所なのですが・・

 

まだ、ろくに使ってないのでなにも言えません・・(--;

 

室内でテスト撮影した限りでは、
明らかに背面モニタでのプレビュー時の色味や画像データの色味がD4とは違い、自然な色で表示されている感じがします。

これが、買い替えの最大目的な人もいてるくらいD4D800の色味は不評でしたねぇ・・(--;

 

私自身は、D800からニコン使いになったので、ニコンはソニーに比べてやたら黄緑っぽいなぁなんて思ったりしましたっけ。

 

その後、D3Sを使ってみて、

色全然違うじゃんなんて思うわけですけど・・。

 

まぁ、とりあえず私がD4Sを購入した理由は連射とAF追従性能の向上な訳ですので、伊丹空港なり関西空港なり航空祭なりサーキットなりでテスト撮影してみないとなんとも言えません。

という事で、D4Sの使用感はまた今度ということで・・今回はお開き(^^:

 


Tagged as: , No Comments
284月/140

AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IIのテスト撮影に伊丹空港にいってきた。~その2~

先日、ついに手をだしてしまったサンニッパことAF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IIのテスト撮影として伊丹空港にいってまいりました編の続きです。

前回の内容はこちら

機材は、Nikon D4AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IITC-14EIITC-17EIIです。

 

伊丹スカイパークとスカイランド原田より千里川に戻ってきた頃にはいい感じで夕日になってました。
いつもの場所で夕日をバックに撮影する事にしました。

ココでは逆光耐性を確認しつつ撮影。

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F3.2 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F3.2 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F3.5 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F3.5 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 140 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 140 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 160 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 160 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

 

逆光耐性も流石ですね。ゴーストやフレアもまったく出ない訳でもないですが、相当耐性あるんじゃないでしょうか。

で、以降が日没後。
普段ならぼちぼち撤収するのですが、シャッタースピード 1/1000秒 ISO 6400に設定してどんな感じになるのか確認。

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

 

これが最後の撮影機体。
この時点で周辺は相当暗くなっていました。

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] SS優先AE

 

いやぁ、流石にすごいですね、、D4AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IIの組み合わせ。

写りは言わずもがなですが、AFのスピードと精度が凄く良いです。

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRと比べても10枚/秒での連射時でも歩留りが凄く良いです。

多少辺りが暗くとも、ちゃんとスパッと合焦し、追従してくれてます。

D4のISO6400も綺麗なもんで・・この時間帯でも1/1000秒で撮影できるんだねぇ・・と(--;

 

これに慣れてしまうと、AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRじゃなくて、どこでも多少苦労してAF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IIを持っていきたくなっちゃいますね。

焦点距離400mmで比較してもAF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRに比べてAF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II+TC-14EIIの方が正直な所、解像イイですしね・・。

流石にAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II+TC-20EIIIよりもAF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRの方が解像するとはいえ・・

 

うーん・・(--;

去年の鈴鹿8耐で大活躍してくれたとはいえ・・

D4AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRをヤフオクで売却 + 追い金数万円 = D4S

とか・・今、頭の隅に浮かんでなくもないです。

 

今年も鈴鹿8耐にいけるのならば、確実にAF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IIを持っていくでしょうしねぇ・・。

 

234月/140

AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IIのテスト撮影で伊丹空港にいってきた。

先日、ついに手をだしてしまったサンニッパことAF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IIのテスト撮影として伊丹空港にいってまいりました。

機材は、Nikon D4AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IITC-14EIITC-17EIIです。

ちなみにバッグは3年半前に購入してお蔵入りしていた、Kata Bug-205(KT PL-BG-205)です。
サンニッパ持ち運び用バッグの考察については、また後日にいたします・・

 

望遠を手っ取り早く使えて・・って考えると、とりあえず伊丹空港を思いつきます。
というか望遠系のテスト撮影ってほぼ伊丹空港を使ってる気がします・・。

まぁ、人もそんなに多くないし気ままに撮影できるところですしね・・(--;

 

で・・

とりあえず、曽根駅から千里川を経由し、伊丹スカイパークとスカイランド原田に行きました。
セブンイレブンを目指し移動しながら撮影、腹ごしらえをしてから、千里川に戻るというルート。

出発が遅かった為、伊丹スカイパーク到着は13時半過ぎでした。

今日は日差しが結構強く、暖かいというか暑いと思ってしまうぐらいで、陽炎による大気の揺らぎが見受けられる少し厳しい状況。

あぁ、春も短しもうすぐ夏よ・・という感じでしょうか。(--;

 

以下、適当に撮影した画像を貼り付け・・。

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

 

SAMURAI BLUE 応援ジェット

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

ここまでが、伊丹スカイパーク。

セブンイレブンで軽食を食べ、スカイランド原田へUターン。

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

ここで、本日初のB787に遭遇。

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

ほぼ満足したので、千里川に戻ろうとしたのですが、すぐに到着便が来たので、せっかくなので撮影。

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR II 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

今日初めて、サンニッパことAF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IIを手持ちで撮影したのですが、約3kgのレンズ・・大丈夫かなぁと身構えてましたが、ちゃんとフードの手前の位置を持てば意外と重たくないもんですね。
これなら筋トレから始めなくても大丈夫そう・・w

 

それにしても、AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IIはAFも爆速だし、写りも凄いし、流石だねぇ・・(--;

ただ、シャッター速度が稼げる撮影場所での費用対効果で言えば、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDは相当頑張ってるレンズだなぁとも思いましたけどね。
そりゃリニューアルも中々しないわと思います。
中古で10万で買えて、あれだけ写れば大満足な一品でしょう・・アレは。

で・・AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRは、荷物の制約がない限り使わなくなる可能性大かなぁ。

何より、暗いんですよねぇ・・AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
300mmの時点で解放F値5.6ですからねぇ・・
AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR IIと2段も違う。

まぁ、価格も2倍違いましたがネ。( ;∀;)

 

引き続き、千里川に戻ってテスト撮影を継続するのですが・・

枚数多くなったので、次回に続く。

 

1210月/130

鈴鹿8耐 2013の撮影に行ってみた(D4+AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR)~その7~

2013年7月28日に鈴鹿サーキットで行われた8時間耐久レース編その7です。

機材は、D4AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRとハンディカムのHDR-GWP88Vです。

前回から随分と間が空きましたが、決して忘れてた訳ではなく・・

 

で・・、最後の撮影ポイントは130R付近からです。

若干雲が出てきて、雨が降りそうだな・・という頃合い。

まぁ、実際のところあとで雨は降ったのですが、その頃にはすでに帰宅の途で高速の上でした・・。

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 140 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 140 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 180 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 180 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 160 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 160 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 180 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 180 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 320 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 320 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 360 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 360 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

で、総括。

初めての鈴鹿サーキットでのレース観戦でしたが、非常に楽しかったですね。

レース展開を楽しむのなら、テレビが一番ですが、レースを楽しむのならやはり生で観ないと・・という感じ。

レーススタート時の爆音とかっ飛ぶように通り過ぎていくバイク・・。

鳥肌モノでした。

テレビやらゲームやらで鈴鹿サーキットを見る、走る事はあったけど、
鈴鹿のメインストレートがあんなにも下り坂だったって生で観ないと判らなかったですねぇ・・。

で、今の期間はちょうどF1日本グランプリが開催中・・。

8万円弱を払って、カメラマンシートで撮影に行くか!とか思ってた時期もありましたが・・

普通に休みも取れる事もなく、仕事に勤しんでいる状況・・・。

その状況の中・・今年は8耐だけでも行けて良かったなぁ・・とか思った次第。(--;

 

39月/130

鈴鹿8耐 2013の撮影に行ってみた(D4+AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR)~その6~

2013年7月28日に鈴鹿サーキットで行われた8時間耐久レース編その6です。

機材は、D4AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRとハンディカムのHDR-GWP88Vです。

前回はQ席のシケイン付近撮影で、今回も同じくQ席のシケイン付近で撮影したモノですが・・

 

全てケビン・シュワンツの撮影分です。

 

いつ出てくるか、何スティント、何週走るのか不明でしたが、Q席に来た15:30頃にようやく観る事が出来ました。

ボケーっとギャルオン観てたら観れなかったと思うと・・・

客席にいて良かった・・(--;

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

 

明らかに他のライダーと違うライディングスタイルですね。
これで速いんだから、そりゃ人気出ますよね。

で、GPライダー現役バリバリの時代の動画を見ればさらにスゲェと思う事うけ合い。

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

 

そして15:50にピットイン。

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

 

帰宅して確認した所、ケビン・シュワンツが走ったのは、結局この1スティント(17週)約40分ほどだったみたいデスね。

ホント見逃さなくて良かったなぁ・・と(--;

次回は、ようやく最後・・130Rでの撮影分です。

 

(次回に続く)

19月/130

鈴鹿8耐 2013の撮影に行ってみた(D4+AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR)~その5~

2013年7月28日に鈴鹿サーキットで行われた8時間耐久レース編その5です。

機材は、D4AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRとハンディカムのHDR-GWP88Vです。

前回はD席のS字コーナーと逆バンクコーナー付近での撮影から、今回はQ席のシケイン付近で撮影したモノです。

このQ席はシケイン脇にあり、バイクのスピードも落ちる事からじっくりバイクを見るには良いかもしれません。
撮影となると、コースがフェンスに邪魔される箇所が結構あり、撮影向けのポイントが少ない感じがします。

面白みとしては、シケインでのオーバーテイクシーンとシケインからの立ち上がり時に軽くウィリーする事がたまにあるという所でしょうか。

残念ながらウィリーシーンはピントがカッチリと合ってるものがありませんでしたけどね・・(--;

 

#66 DOGFISH O-TEC Suzuka

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

#22 Honda Team Asia

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

 

#7 MONSTER ENERGY YAMAHA-YART

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

 

#12 YOSHIMURA SUZUKI RACING TEAM

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

#634 MuSaSHi RT HARC-PRO

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

#44 KTM HAMAGUCHI BAKUON RACING

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

 

#01 EVA RT TEST TYPE-01 SynergyForceTRICKSTAR

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

このQ席に来たときは、GPスクエアではキャンペーンギャルオンステージ(いわゆるギャルオン)が行われていたのですが、
それに目もくれずQ席に居てて良かったと思える事がありました。

それは、

ついに#071 Team KAGAYAMAのドライバーがケビン・シュワンツに変わっていたという事。

 

「やっと来たー」

という感じで、このQ席ではシュワンツをメインに追っかけていて他の写真はあんまり撮ってなかったりしてたり・・(--;

 

という事で、次回はケビン・シュワンツの写真ばっかりとなります。

 

(次回に続く)

268月/130

鈴鹿8耐 2013の撮影に行ってみた(D4+AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR)~その4~

2013年7月28日に鈴鹿サーキットで行われた8時間耐久レース編のその4です。

機材は、D4AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRとハンディカムのHDR-GWP88Vです。

前回はC席のS字コーナー側から、今回はD席のS字コーナーと逆バンクコーナー付近で撮影したモノです。

このD席は、自由席の中では望遠端400㎜でも大きくバイクを写せるポイントではないかと思います。
スタンドの位置も高く、フェンスが邪魔にならないのもイイ感じです。

自由席で撮影する際は、まずココを拠点にするのがおススメかもしれません。

 

#135 Team Tras 135 BMW S1000RR

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

 

#810 B-SQUARE RACING&OSAKA SAM-RT

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

#77 HONDA TT LEGENDS

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F9.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F9.0 ] SS優先AE

 

#34 Honda Ryokuyoukan Kumamoto Racing

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F9.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F9.0 ] SS優先AE

 

#44 KTM HAMAGUCHI BAKUON RACING

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F13.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F13.0 ] SS優先AE

 

#01 EVA RT TEST TYPE-01 SynergyForceTRICKSTAR

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F13.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F13.0 ] SS優先AE

 

#2 TEAM R2CL

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F13.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F13.0 ] SS優先AE

 

#50 Honda DREAM TAKASAKI B'WISE R.T と #52 HAMAMATSU 8H TEAM

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

#38 Team38 PS-K D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

 

最後に#071 Team KAGAYAMA

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

 

この時点で大体14:30過ぎで、8耐スタートから3時間経過しました。

まだ半分にもなっていないのですが、意外と体力を消耗しています・・・(--;

全方位制覇するぜ!と当初はスプーンカーブまで行くつもりでしたが、ちょっと断念して、ショートカットして、Q席のシケインに移動することに・・

(次回に続く)

188月/130

鈴鹿8耐 2013の撮影に行ってみた(D4+AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR)~その3~

2013年7月28日に鈴鹿サーキットで行われた8時間耐久レース編のその3です。

機材は、D4AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRとハンディカムのHDR-GWP88Vです。

前回はC席の2コーナー側から、今回は同じくC席ですがS字コーナー側で撮影したモノです。

 

このS字コーナー付近のC席ではこんな感じの写真が撮れます。

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE
 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE
 
目の前の視界も開けてますので、比較的バイクを追っかけやすい場所かと思われます。
 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE
 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE
 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

 

この時点では、まだ2位だったMuSASHi・RT・HARC-PRO。

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE
 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE
 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

これが、私が撮影した中で最後のF.C.C TSR Hondaの勇姿。

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

清成選手に交代して転倒するまでの間は、スタンドから離れて一休みしていました。

場内アナウンスで悲痛な叫びに近いようなものを聞いたのは覚えていますが、まさかトップが転倒したとはその時は思わなかったのですけど・・。

 

スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE
 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

エヴァRT初号機 シナジーフォースTRICK STAR

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

DUCATIで参戦のチームスガイレーシングジャパン

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

 

今回、個人的に応援していたTeam KAGAYAMA

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

こちらも数少ない海外勢バイクのBMW S1000RR同士のショット。

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

そして再び、MuSASHi・RT・HARC-PRO

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE
 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

 

続いて、S字から逆バンクに沿って設置されているD席に移動します。
(次回に続く)

178月/130

鈴鹿8耐 2013の撮影に行ってみた(D4+AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR)~その2~

2013年7月28日に鈴鹿サーキットで行われた8時間耐久レース編のその2です。

機材は、D4AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRとハンディカムのHDR-GWP88Vです。

前回では、1コーナーのB2席からの撮影を中心でしたが、今回は2コーナーからS字までの自由席での撮影について紹介します。

 

まずは、SS 1/1600秒での撮影分。

 

F.C.C TSR HondaとMuSASHi・RT・HARC-PROのトップ争い

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/1600秒 ] ISO [ 360 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/1600秒 ] ISO [ 360 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

まぁ、この30分程あとにTSR Hondaはデグナーで吹っ飛んじゃう訳ですが・・。

 

まだこの時間帯だと団子状態の集団もいてますね。

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/1600秒 ] ISO [ 360 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/1600秒 ] ISO [ 360 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

ここから、SS 1/200秒での撮影分。

Team KAGAYAMA 3連発。

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F9.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F9.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

アニメとのコラボな2チーム。

エヴァRT初号機 シナジーフォースTRICK STAR

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

KTM HAMAGUCHI BAKUON RACING

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

 

この2コーナー脇の自由席では、こんな感じで2コーナー全てとS字への切替し動作が堪能できます。
滞在時間15分程度でしたが、まだまだ先がありますので、次のスポットに移動しました。
 
(次回に続く)
 

138月/130

鈴鹿8耐 2013の撮影に行ってみた(D4+AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR)~その1~

カメラを始めてからというもの毎年のように行ってみたかった鈴鹿8耐。

でも、なぜか仕事が忙しく時間がとれないでいましたが、今年はようやく行くことが出来ました。

機材も、D4AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRとこれ以上ない組み合わせになったし盤石の体制でこの日を迎える事が出来たと思います。

一応、保険で先日購入したハンディカムのHDR-GWP88Vも持っていきました。

 

カバンは、久しぶりにクランプラー The 7 Million Dollar Homeです。

リュックの方が楽ですが、こうも暑いと背中が大変な事になりそうでしたので・・・

 

チケットは、いっその事、ホスピタリィテラスでも行ってみようかと思いましたが、直前であえなく完売。

パドックパスも完売してしまい、残念ながら劇感エリアにはいくことが出来ず・・(--;

結局V2エリアチケットを購入しました。

 

で、現地到着後、まずはV2エリアの指定席に向かいました。

ちょうど座席についたタイミングで、キング・ケニーことケニー・ロバーツがデモ走行を行ってました。

まぁ、V2席で400㎜程度の望遠だと最終コーナー立ち上がり時に小さくしか撮れませんでしたが・・・。

 

その後、開会式が始まりました。

2年連続優勝をしていた、F.C.C TSR Hondaチームより優勝トロフィーの返還。

鈴鹿8耐 開会式 その1

 

そして、鈴鹿8時間耐久レースの開会宣言。

鈴鹿8耐 開会式 その2

 

ちなみにこのタイミングでもまだピットウォークは行われているんですね。

鈴鹿8耐 開会式 その3

 

で、私の座席からは運よく、Team KAGAYAMAのピットが望めました。

Team KAGAYAMAピット

 

このTeam KAGAYAMAで、今回何かと話題のケビン・シュワンツがエントリーしていると・・。

無事に見られると良いのですが・・はてさて。

 

その後、このままV2席でスタートを迎えても良かったと言えば良かったのですが、折角なのでV1席の前の方で見ようと思い移動しました。

まぁ、このV1席ですが、コースにより近くなるのは良いのですが、このように金網が被ってしまいます。

V1席からの眺め

 

ですので、スタートに関しては、写真は諦めてHDR-GWP88Vで動画を撮りつつ、臨場感を味わってみました。

 

スタート後。

 

テンションだだ上がり。

 

初めてのレース観戦でしたが、音といいスピードといい半端無いです。

これは病みつきになりそうだ・・(--;

 

暫くこのV1席にスタートの余韻を楽しんだのち、軽く食事をして、いざ写真撮影という事で、1コーナーのB2席に向かいました。

ここで30分程撮影しました。

 

B2席の眺めはこんな感じでした。

1コーナー方面

B2席からの眺め 1コーナー方面

 

S字方面(人が集まってる所が劇感エリアですね・・)

B2席からの眺め S字方面

 

2コーナー方面

B2席からの眺め 2コーナー方面

 

で、最初は、こんな感じで高速シャッターで撮影していたのですが、

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/1600秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/1600秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

やっぱり流し撮りだよね。

 

という事で、以降の撮影は、ほぼシャッタースピードを1/200秒又は1/250秒に変更して撮影しました。

失敗の量産だけは避けたかったので、1/60とかにしないのが大成功の一枚に繋がらないのだろうなぁ・・と思いつつ・・(--;

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F10.0 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F14.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F14.0 ] SS優先AE

 

今年の優勝チームとなったMuSASHi・RT・HARC-PRO

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F11.0 ] SS優先AE

 

そして注目チームのTeam KAGAYAMA

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] SS優先AE

 

こちらは火花を散らしながらコーナリング

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D4 AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

この時点でスタートから丁度、1時間が経過したお昼まっただ中の12時30分。

帽子とタオルマフラーにアームカバーで直射日光対策はしているものの・・・

 

B2席は、暑くて堪らんとです・・(--;

 

V2チケット特典で500mlペットボトルをもらったものの即効で飲み干しそうですぞ・・。

しかも再度ペットボトルをもらうのには、メインスタンド側に戻らんと駄目なので、歩き回る場合だとV2席じゃなくてV1席チケットで十分でしたねぇ・・。

自販機は至る所に設置されている上に、1本150円と通常価格ですので・・

 

で・・

ぼちぼち他の所も見てみたくなったので、2コーナーの自由席に移動しました。

(次回に続く)

 

128月/130

AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRを買ってみた。

静浜航空祭に行ってから、D4を買ってみたり、Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDを買ってみたりしましたが・・

結局、AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRが気になってしまいます。

今後も劇的に安くなることもないのかなぁと思い、20回無金利で思い切ってAF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRを購入しました。

AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR

 

Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDの方がよく解像するようですが、伊丹空港のような良く行く場所は被写体の距離感が判っているので良いのですが・・

初めての場所、初めての被写体を撮影する場合で、荷物を極力少なくしたいと思った場合の望遠ズームとしては現時点ではAF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRに敵う者はないのかなと。

少なくとも、焦点距離300㎜~400㎜のレンジでAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II+TC-20E IIIよりは映るでしょうと。

ちなみに、初めての場所、初めての被写体というのは、直近で言えば、鈴鹿サーキットでの鈴鹿8耐の撮影なのですけどね。
※この記事は投稿日よりも、3週間前ほどの事を書いてます・・

 

まぁ、いずれ買うだろうから、分割手数料無料であれば今買っとけという・・

 

って、散財をする人が良く言うセリフですね・・(--;

 

して、AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRですが、よく言われている通り、非常に太く寸胴です。

AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR 本体

 

フィルターサイズが77㎜ですので、MCプロテクターには、Kenko PRO1D MCプロテクター (W) 77mm を用意しました。

Pro1D 77mm MCプロテクター

正直、この鏡筒の太さでも77㎜なんだなぁ・・と。

 

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIとの比較でも、根元付近まで太くなっているのが確認できます。

AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRとAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

ワイド端では、AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRの方が、短いですが・・

 

テレ端では、AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRが伸びる分、長くなります。

AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRとAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II その2

 

それにしても、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIよりも三脚座がショボイのが非常に気になります。
ほんと、心もとない。

鏡筒も軽量化の為か、エンプラっぽいですし、質感はAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIよりも高いレンズだという感じはしないです。

 

まぁ、SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMよりも500g近く軽いというメリットと400㎜での解像が上であるというメリットはあるものの・・

意外に今まで買ったレンズの中で一番の高価なレンズなAF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRは期待に応えてくれるのか・・。

鈴鹿8耐で試してみましょうか・・。

 

という事で、次回からは先月28日に決勝が行われた2013年 鈴鹿8耐での撮影について何個を記事を投稿いたします。

 

 

あ、ちなみに・・

前回の投稿でD4を保険を使って修理に出した事を記載していましたが、この修理の返却予定日が7月27日の土曜日でした。
で、鈴鹿8耐が7月28日の日曜日でしたので、普通にいけば修理が間に合う手筈。

とはいえ、なんらかの事象で返却予定日が延期になったりしたら・・・とか思ってしまったので。

 

ついでにAF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VRと一緒に、

D800も購入しておきました。

 

D800 再び

 

また・・いずれ買うだろうから、分割手数料無料であれば今買っ(ry

 

ていうか、ついでというか、支払額がほぼ倍額になってるだろうが・・というツッコミはさて置き・・

D7100の35mm換算2倍相当のDX 1.3xクロップ機能も惜しいと思いながらも、D7100は旅立たせましての買い換えでした。

 

まぁ、普通にD4の修理は鈴鹿8耐に間に合いましたけどねぇ・・(--;

 

 


88月/130

イオンゴールドカードのショッピングセーフティ保険を申請してみた。

クレジットカードにはクレジットカードで支払った物品が偶然な事故等で破損し損害を被った場合、購入日から何日間の間、補償してくれる保険がついていたりします。

で、イオンゴールドカードでは、購入日から180日間、年間300万円までの事故補償をしてくれます。

まぁ、宝石貴金属や自動車・自動二輪・自転車などの対象外の商品もあるのですが・・

私の場合は、一眼レフカメラでした。

 

そう・・

先日購入したばかりのNikon D4です。

 

事故の内容は・・

レンズ交換をしようとした際に、D4が手から滑り、慌てて持ちこたえたものの、レンズの金具で、D4のマウント内の金具が損傷したという内容。

 

もっと詳しく書くと、

 

慌てて持ちこたえた際に、

マウント指標が合ってないのにも関わらず、

何故かマウントにレンズがハマってしまった事による、

絞り連動レバー?(SCでは「3.1レバー」って言ってました)が奥に曲がってしまったという事。

 

ついでに曲がった3.1レバーによってミラーボックスの縁も、えぐれていた訳ですが・・

 

その状態の写真がこちら。

D4 絞りレバー破損01

 

D4 絞りレバー破損02

 

なんか、レンズとボディのマウント指標が合っている状態から反時計回りにレンズを90度ずらした状態でもレンズがはまるんですよね。

 

で、この状態ではまってしまうと、レンズの電子接点の部分で、この絞り連動レバー(3.1レバー)をひん曲げてしまうのですよ。

 

なので、絶対に実践はしないでください・・(--;

 

しかも妙に噛みあって中々レンズが抜けなかったですし・・

 

で、この事象が起こったのが、先日の伊丹空港での撮影時。

そう、D4Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDのデビュー戦。

事故の後、ファインダーを覗いたら、ファインダーがやたら暗いので異変に気づきました。

そしてレンズを外すと、明らかにレバーに違和感。

レンズの電子接点の所に凹んだ傷がある・・。

 

Oh・・

 

という感じ。

 

指でレバーの曲がりをある程度戻したところ、レンズの絞りが動作するようになったので、撮影を続行していましたが、やっぱり修理に出すべきだよなぁ・・と。

その時に撮った写真の露光はみた感じではズレは感じてませんが、今後レンズ絞りが想定通りの動作をしてくれるとも限らないですしねぇ・・。

 

で、一応、sofmapで購入した際に、ワランティMプランに入っていますので、物損でも3割負担で修理は出来るのですが・・

 

ぶっちゃけ、ちゃんとNikonに送ってくれるのかが解らないですし、

修理期間が1か月以上かかって鈴鹿8耐に間に合わなかったら元も子もないですし、

実際、メーカーの修理費用よりあからさまに上乗せされた修理見積もりが出るような事もWebで見ても出てきますし・・・

 

今回は普通にNikon大阪SCに持っていこうと決意。

 

その時に思い出したのが、イオンゴールドカードのショッピングセーフティ保険の事でした。

そういや、損害保険ついてるよねぇ・・と。

普段ならsofmapでの買い物はsofmapの提携カードを使っていますが、
流石にD4を支払うだけの枠が空いておらず、
メインカードであるイオンゴールドカードで2回払いで購入したのです。

 

とりあえず、保険対象外の商品もあるとの記載と、今回のが事故と扱えるのかとが気になったので、イオンカードのカスタマーセンターへ電話しました。

で、今回の事故内容がショッピングセーフティ保険の補償対象になるかを尋ねたところ、イオンカードのショッピングセーフティ問い合わせ窓口の電話番号を案内されて、そちらで聞いてくださいとの事。

その流れで案内された番号に電話して、補償対象になるかを尋ねたところ、「補償対象になるかは保険会社が審査いたします」との事で、イオンゴールドカード向けショッピングセーフティ保険事故受付窓口の連絡先(あいおいニッセイ同和損保)を案内されました。

この事故受付窓口は24時間対応で受け付けてくれますが、その後の折り返し対応及び問い合わせ対応が平日の日中のみというのが地味に面倒でしたけども・・。

とは言え、事故受付とその後の折り返しの対応をしてくださったオペレータさんには非常に良く対応していただきましたし、連絡後2,3日で保険申請書類一式も届きました。

 

保険金の申請に必要になるのが、保険金請求書の記入、修理見積書の原本、損害品の写真(全体と破損部分)、通帳のコピー、カード売上伝票控えの原本またはカード会社送付の利用代金証明書の5点。

これらをイソイソと準備して、申請したところ・・

送付して3営業日後位に保険金の請求書類のご送付ありがとうございましたと留守電が入っており、その3営業日後位には保険金が口座に振り込まれておりました。

 

やるな・・イオンゴールドカード ショッピングセーフティ保険・・・・

 

正直・・ホント助かりました。(--;

 

お蔭さまで鈴鹿8耐にも間に合ったし、修理費用も補償されたしで、一番いい結果となりました。

もっと申請に時間と手間がかかるだろうとか、審査の結果ダメですと言われたりするのかと思いましたが、非常にスムーズに事が進んである意味ビックリ。

 

クレジットカードを選ぶ際に、ポイントの付与だけで判断せず、カード付帯の保険の内容も十分考慮しないといけないなぁ・・と思った今日この頃でした。