果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

58月/150

α7RIIの為に、Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA SEL35F14Z買ってみた。

いよいよα7RIIの発売が近づいてきたこともあり、最近はもっぱら購入資金調達と防湿庫内の整理を兼ねて撮影機材の整理をしていました。

整理内容は、主にニコン機材の売却と安価な機材への買い替えという感じでしょうか。

私の趣向としては、ニコン機材は高速連射機と望遠レンズがあれば差し障りなくなりそうですしね。

で、お陰様で順調に機材も売却出来たので、余剰金でα7RIIの為の機材を購入する事にしました。

その内の一つが、Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA SEL35F14Zです。

SEL35F14Z

まぁ、正直・・
値段からして発表された時も買う事はないかなぁとは思っていたのですが、
マップカメラで下取り査定15%UPの対象になってたので、機材整理のついでに下取り交換で購入してみました。

 

フィルターサイズが72mmなので純正MCプロテクターのVF-72MPAMも購入しました。

VF-72MPAM

 

内容物は、レンズポーチとフード、前後レンズキャップ。

SEL35F14Zの内容物

SEL35F14Zの内容物2

ツァイスロゴ入りのフロントキャップ・・多少高くてもいいので販売してくれないかなぁ。

 

 

製造国は、やっぱりタイですね。

SEL35F14Zの製造国

最近は、タイならまだいいかとも思えるようになってきた感があります・・。

 

 

α7IIに装着してみた感じは、、

α7IIとSEL35F14Z

デカいなぁの一言ですね(--;

 

 

F1.8にして大きさと値段を抑えれたらもっと売れてると思うけどなぁ・・とか思います。

Eマウントに大口径単焦点がないのが、商業的にプロやハイアマチュアへのアピールが足りないと思ったのかは知りませんが・・

多分、SEL55F18Zのような大きさのSEL35F18Zを待ってた人の方が多いような気がする。

 

とはいえ、試写した感じだと流石のボケ味だし鏡筒の造りもリング類の操作感もイイ感じですので、
35mmという焦点距離が好きな人には堪らない一品だろうなぁとは思います。

α7RIIを購入するならSEL55F18ZSEL90M28Gに加えて是非押さえておきたい一品かと。

 
 

37月/150

FE 28mm F2 SEL28F20とフィッシュアイコンバーター SEL057FECを買ってみた。

最近投稿する時間もままならない状況でしたが、ようやく少し仕事が落ち着いて中休みになりつつあります・・。

まぁ、また8月から忙しくなる予定なんですけどねぇ・・。

で、撮影にはほぼ出かけられていませんが、機材だけはまた増えてます・・(--;

とりあえずは、FE 28mm F2 SEL28F20とフィッシュアイコンバーター SEL057FECを購入しました。

SEL28F20とSEL057FEC

 

両方ともソニーストアで予約して発売日(SEL28F20は4月17日、SEL057FECは5月22日)には手元に来ていたんですけども・・。

 


ソニーストア

 

開梱したのはごく最近・・(--;

 

ちなみにSEL28F20は特に欲しかったわけでもなく、フィッシュアイコンバーター SEL057FECが本命。

VCL-ECF1の時にフィッシュアイの楽しさを感じてしまったので、FEマウントのフィッシュアイの登場をまだかまだかと待ちわびてましたが・・

出てきたと思ったら、またコンバータータイプかい・・という事で渋々セットで購入する事に。

なお、広角レンズとしてSEL1635Zを持っているので、ウルトラワイドコンバーター SEL075UWCはまったく興味なしだったりします。

 

SEL28F20はポーチが付属していませんでしたが、SEL057FECには付属していました。

SEL28F20とSEL057FECの中身

そういえば、VCL-ECF1はポーチじゃなくてケースでしたね。

個人的にはこの類のアダプターにはケースの方が有りがたいです。

 

 

まぁ、箱の大きさから察することが出来ますが、SEL28F20よりもSEL057FECの方が巨大で重いです。

SEL057FEC

なにせSEL28F20が200gなのに対して、SEL057FECは418gと倍以上の重さです。

ドッキングするとこの様なフロントヘビーなフィッシュアイレンズとなります。

SEL28F20とSEL057FECをドッキング

 

α7m2に装着すると、これまた結構な大きさとなります。

SEL28F20+SEL057FEC+α7m2

SEL16F28+VCL-ECF1の組み合わせとはまったくの別物。

 

大きさ的にはSEL1635Zと同じ位かなと。

SEL28F20+SEL057FECとSEL1635Z

ただ重さはSEL28F20+SEL057FECの方が100gほど重かったりしますが・・。

 

 

ちょっと使いにくいかなぁとは思うものの、SEL16F28+VCL-ECF1よりも写りは良さそうな感じです。

SEL16F28+VCL-ECF1の時は解像はお察しってレベルでしたが、SEL28F20+SEL057FECは解放F3.5の時は周辺にパープルフリンジが出たりしますが、絞れば劇的に改善され、SEL16F28+VCL-ECF1より遥かに解像するみたいですね。

まぁ、金額もなんだかんだでセットで8万円もしちゃうわけですが、お遊びで使うようなコンバーターレンズじゃないよという感じ。

個人的には写りを重視してくれたのは嬉しいですが、やはり大きいし、重たいし、何より高いなぁ・・というのは感じますね。

 

これだけ大きくて重いとちょっと使うかもしれないから・・で持ち出すには厳しい。

Aマウントアダプター持ってるなら、設計は古いですが16mm F2.8 Fisheye SAL16F28を買うのもありかなぁとも思わなくもないですねぇ・・。

というか、コンバーター形状にしなかったらもっと小さく軽くなるんじゃねぇのとは素人ながら思っちゃう次第。

 

1511月/140

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z を買ってみた。

2014年11月7日に発売されたFEマウントレンズ小三元最後の一本 Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Zを買いました。

発表日の昼にソニーストアで予約済みでしたので、当然ながら発売日に入手しているのですが、いまだ使う機会なく・・(--;

まぁ、紅葉撮りに一回は出かけたいところですが。。

 

で、SEL1635Zの箱ですが・・

SEL1635Zの箱

またデザイン変えてきましたねぇ。

 

左がSEL1635Z、右がSEL2470Zの箱ですね。

SEL1635ZとSEL2470Zの箱比較

ころころデザイン変えるところがなんとなくブランドが迷走している気がしちゃうのは気のせいなんでしょうか。

 

 

SEL1635Zはフィルター径が72mmですので、MCフィルタはVF-72MPAMを用意しておきました。

VF-72MPAM

 

さて、開梱。

見慣れない紙が入っていました。

SEL1635Z 開梱

 

α7α7RSEL1635Zを使う前にファームウェアをVer1.02以降にアップしなさいとのこと。

SEL1635Z 注意

レンズ補正データとかファストAF絡みですかね。

 

SEL1635Z本体とフードとキャップ。

SEL1635Z本体、フード、キャップ

フードは広角レンズだけあって短いですね。

レンズ本体はSEL2470Zよりも一回り大きく、若干ずっしり重さを感じます。

 

写りなどの評価は、SEL2470Zの酷評に比べると結構高評価のようです。

FEマウントレンズでは、SEL70200Gと同等で価格通りの性能が期待できるレンズというところでしょうか。

Aマウントでもそうでしたが、ソニーは標準ズームよりも広角ズームの方が気合入るんですかね。。

 

なお、製造国はタイです。

SEL1635Z 製造国

なので、日本製なのはSEL70200Gだけかぁ・・

と思って手持ちのレンズを確認を込めて再度見てたらSEL35F28Zも日本製であったのに今日気づきました。

てっきりタイ製だと決めつけてましたわ・・。

 

鏡筒の伸びですが、35mmで最短となります。

SEL1635Z 35mm

 

16mmでこんな感じで伸びます。

SEL1635Z 16mm

SEL2470Zの伸び方に比べればかわいいもんですけどね。

 

α7SSEL1635Zを付けた図。

α7S+SEL1635Z

性能は十分なんで仕方ないですが、やはりフルサイズミラーレスはレンズが大きいなぁと再認識しますな。

 

 

ちなみに現在の手持ちのEマウントレンズとボディは以下の通り。

2014年11月現在のFEマウント手持ち機材

 

レンズは、SEL1635ZSEL2470ZSEL70200GのF4通し3本と、SEL35F28ZSEL55F18Zの単焦点2本。

ボディはα7Sα7Rの2台。

 

α7SEL2870があればFEシリーズコンプリートですな・・(--;

 

コンプリート繋がりで・・

例のF4ラインナップ完遂記念 コンプリートケースは流石に購入しません。

私の場合、手軽に撮影したい時にミラーレスを使うので、ワザワザ硬くて嵩張るアルミケースは持っていくことがまず無いので・・

手持ちの機材がすべて入る吉田カバンコラボ限定バッグとかなら多少高くても買ったかもしれませんけどね。

 


203月/142

ソニーストアからFE 70-200mm F4 G OSS SEL70200Gが届きました。

本日発売のFE 70-200mm F4 G OSS SEL70200Gがソニーストアから届きましたので、早速、開梱しました・・

ソニーストアの梱包(SEL70200G)

 

えっと・・

もはやお約束ネタですが、

 

これ梱包箱開けて伝票類抜いただけの状態なんだぜ。

 

良いように言えば・・エコ梱包って言えばいいんですかね?

消費者側からすると手抜き梱包としか見えないケドね。

 

ていうか、今のソニーストアの箱って・・

ソニーストアの梱包箱 底

 

底に隙間が空いているので、雨対策としてせめて商品をエアキャップなりビニールで保護してもらいたいもんだが・・。

ていうか、今日は雨でしたし・・(--;

 

 

で、気を取り直して、SEL70200Gを取り出します・・。

SEL70200G 外箱

 

で、開梱。

SEL70200G 開梱

 

どうやらレンズポーチの中にレンズ本体が梱包されているようです。

SEL70200G レンズポーチ

 

ようやく対面。

SEL70200G 外観

 

最初に手に取った瞬間は、SAL70200G2をそのまま小さくした感じだったので、妙に可愛らしく感じた次第・・(--;

ていうか、レンズ単体だと凄く軽く感じてしまいました。

 

実際は840gあるので今までのEマウントレンズでは最重量のレンズなのですが・・

白いから重いという先入観でもあったんかいなぁ・・

 

ちなみにフードは写真でみると金属かなぁと思ってましたが、プラスチックに白塗装のものでした。

鏡筒はちょっとエンプラか金属かは判別付きにくいですね。

 

どちらにせよ安っぽくは感じません。

 

ズームリングとフォーカスリングの動きもSAL70200G2に近くて、値段なりによく出来てると思います。

 

あと、地味に Made in JAPAN でした。

SEL1670ZSEL2470Zがタイ製であったので、SEL70200Gもタイか中国かなんだろうと思ってましたが、嬉しい誤算。

やっぱりレンズは日本製が気分的にはイイよ。

 

MCプロテクターは奮発して純正のVF-72MPAMを用意しました。

純正MC VF-72MPAM

ツァイスではないのですが、数少ないFEマウントレンズなので、妥協なく・・

 

初見で小さく感じたと書いたのですが、手元にあったAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比較した感じはこんな感じです。

SEL70200GとAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

 

まぁ、望遠レンズとよく間違われるAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDですが、SEL70200Gの方がそれでも長くて大きいです。

という事で、小さく感じただけであり、実際は程々に大きいと・・。

まぁ、ここ2年でレンズの大きさ重さについては麻痺している節があるので・・ご容赦(。。)

 

α7+縦位置グリップ(VG-C1EM)+SEL70200Gはこんな感じ。

α7+縦位置グリップ(VG-C1EM)+SEL70200G

 

立派な大砲で・・

マウントがもげないか超心配・・(--;

 

試写した感じですと、AFもそこそこ速くて過去のEマウントの望遠レンズの中ではようやく実用に耐えれそうな感じですが・・

まだAマウントの域には達してない気がします。

 

ということで、AFがめっぽう速くなったというα6000が凄く気になってる次第・・

・・・

・・

多分、近々買うと思います・・α6000