果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

174月/110

Aspire easyStore H340にeSATAでHDDを増設してみた。(Corega CG-HDC2EU3100)

Aspire easyStore H340を購入して気がつけば1年を軽く経過していたりするのですが・・


去年の12月に2TB 4台に変更し合計8TBで運用していたのですが、すでに残り2.5TBと。


写真撮影をはじめてからというもの、結構減りが早い気がしてます。


写真データの保存はフォルダ複製機能を使っているのもあって、倍速で容量が減っていくわけで・・。


後継のH342-S5を追加購入するという手も考えたのですが、NAS2台を稼働させておくのも大層な話で・・
30,000円弱で本体を買えるとはいえ、HDDを追加すれば55,000円弱にまでなる事を考えると・・う~ん。


そういえば、Aspire easyStore H340にはeSATAコネクタが付いていたなぁと思い出し、ここにeSATAでHDD繋いじゃえばいいんじゃない?
なんて思ったら最後。



もう購入モードな訳。



いくつかeSATAの複数台対応のケースを見ていたのですが、4台だと10,000円超は当然な値段でケースにこれはなぁ・・と思っちゃう値段。


CoregaのCG-HDC4EU3500が比較的安い値段だったのですが、なんとシングルモード非対応。
絶対RAIDを組まなきゃいけない糞仕様・・。


Windows HomeServerのDE機能を使うにはシングルモード対応じゃないとなぁって思ってただけに選択肢から外れました・・


で、値段的には4台ケースは微妙な感じでしたので、2台ケースに的を絞ると、


これまたCoregaのCG-HDC2EU3100が5,000円台で購入可能でお値打ち。
しかもこっちはシングルモード対応ときたもんだ。


この値段なら2TBのHDDを2台購入したとしても18,000円程度で収まるなぁと思い、


   。 
    〉
  ○ノ  イャッホウゥ!
 <ヽ |
 i!i/, |i!ii ガタン





HDDはWestanDigitalのWD20EARS-00MVWB0を2台購入。
WD Align System Utilityを使うのが面倒だったので、ジャンパピンも購入。





付属品はeSATAブラケットを始め、USBとeSATAのケーブル等、特に追加購入も必要ない感じでありました。





取り付け後の内部写真はこんな感じです。





まぁ、いたって普通な2台対応ケース。
青色のジャンパスイッチでモードを切り替えて使用します。


本体の質感はこの値段の割には頑張ってる感じはしました。
もうちょっとショボイかなと思ってた割には好印象。


んでは、HomeServerコンソールを使って設定をしていきます。


現状は合計サイズ 7.28TB、空きが 2.47TBとなっています。
ほんとは全部フォルダ複製したいぐらいなのですが、今の所はユーザー、写真、音楽程度の複製に留まっています。





で、今回増設したドライブはというと、非記憶域ドライブに存在している2台。
場所が不明となっているのが微妙な・・感じですが。





この2台をDE構成に追加していきます。
追加するHDDの上で右クリックし、追加を選択すると・・





ハードドライブの追加ウィザードが表示されますので、次へ次へと進んでいきます。





完了をクリックすると、フォーマットが自動で実施されます。





これを2回行い、以下の状態に。





合計サイズは 10.92TB。空きが 6.11TBと・・。
このサイズになると・・


1TBも天使の取り分があるんですねぇ・・。


とはいえ、これで全フォルダを複製したとしても3TB弱残る計算になるので、全然OKなんですけどね。


ちなみに、Aspire easyStore H340はスケジュール運用していて、平日の8時から18時まではスリープになるようにしています。
CG-HDC2EU3100には電源連動機能が付いているのですが、これが上手く動いてくれるのかなぁ・・と心配していたのですが・・


全く問題無く、スリープに移行、そして復帰してくれました。


CG-HDC2EU3100は値段、機能においてAspire easyStore H340とは相性抜群デスネ。

283月/100

Acer Aspire easyStore H340-S3を買ってみた。

NTT-Xで表題のAcer Aspire easyStore H340-S3が29,800円という破格値・・だったのでついつい・・
1TBのHDDが付いてて空きベイが3つあって、OS付き(Windows Home Server)でこのお値段。。

驚異的です。

Acer Aspire easyStore H340-S3の基本スペックは
CPU:Atom N230(1.6GHz)、メモリ:PC2-6400 1GB、HDD:1TB(ベイ4、空3)、LAN:1000Base-T、

な感じに、外部接続用にUSB2.0が5(前面1、背面4)にeSATAが背面1という具合。

箱にオリンピックロゴが入っとりますが・・これが元での在庫処分なんでしょうか?(笑)

中身は至って質素。
まぁ、日本の商品がお上品なだけかも知れませんが。

フロントパネルを開けると、ホットスワップ対応なHDDベイが現れます。
一番下のベイがシステム用ですね。

中身は日立のHDT721010SLA360でした。

背面はこんな感じ。
VGAが無い分妙にスッキリしてますが・・・。

意外にちゃんとロープロファイルのPCIExpressスロットがあったり・・。

TVチューナーとかぶち込んで録画機にでも出来るのか。。と思いつつ・・
PT2も有るし、torneも有るし、Blu-rayレコーダー(BDZ-T75)も有るし必要ないよなぁ・・と思ったり。

で、メモリを1GBから2GBに変更するので、颯爽と裏のネジを取りカバーを外します。

左側面は大型FAN。

右側面から見ると前の方にメモリが見えます。

ちなみに、ケーブルストラップの粘着テープが弱いのか、

施工がショボイのかしれませんが、

電源ユニットから外れてます!

あとで、貼り付けときました・・

で、結構きつい場所にあるメモリスロット。
狭いので、手を切らないように慎重に取り外します。

抜いた1GBメモリはCORSAIRメモリを抜いたADサーバに戻します・・。
今、メモリ高いしねぇ・・。

で、抜くのは比較的楽でしたが、差すのが大変でした。
指が届かんっ!ってな感じ。

てか、メモリのヒートスプレッダも邪魔でしたが(笑)

とりあえず、後はHDDを整理しないとね。
データ移動祭りな予定。

予定では、システムドライブをWD20EADSに変更。
残り3ベイにはWD15EADSを2台、ST31500341ASを1台入れて、計6.5TBにします。

極力追加投資しない方向で、使ってたHDDを取り付けるので、データ移行に相当な時間がかかると思われます・・。

後ほど使用感を投稿する感じで今日はコレまで。