果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

194月/120

和歌山県(串本)に撮影旅行に行ってみた。その4(D800)

2012年 和歌山撮影旅行~その4~です。

撮影機材は、NG W5070D800+MB-D12AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIKenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。

 

海金剛‐樫野崎灯台‐橋杭岩と周った後、ホテルにチェックインして休息。

素泊まりの1泊5,000円の12平米位の洋部屋を予約していたのですが、空きがあったのか12帖以上あろうかと思われる和室を用意していただけました。

今日は、かなり海風にさらされたので、機材表面を濡れタオルで拭き、レンズはレンズクリーナーで清掃しておきました。

で・・

2日目

宿泊してまで串本に来たのは、朝日と橋杭岩を撮影したかったからなのですが、2日前は晴れ予報だったのが、気が付けば雨予報・・。

こりゃ、朝日無理かなぁ・・と思いつつ朝5時に起床。

部屋の東側に窓があった為、朝日が見えるか確認したところ・・

雨は降っていないが、水平線のかなたは厚い雲があるせいか、朝日は見えませんでした。

で・・しばらく経ったのち

少し雲の切れ間が出来ており、朝日がうっすらと見えるようになってきたので、急いでフロントにキーを預けて、橋杭岩に向かいました。

今回は全て、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDでの撮影でした。

逆光という事もあり、シャッタースピードは稼げるのでVRなくても大丈夫なはず・・という理由。

海浜公園に到着した時の様子はこんな感じでした。

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[56.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

それなりの角度まで上がってますので、赤くはなくなってました。
部屋から見たときはまだ赤かったのですけどねぇ・・。

 

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[27.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

 

ちなみにゴミみたいに空に写っているのはカモメかと思われ・・。

 

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[38.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

雲一つない快晴よりも、多少曇り空の方が様々な表情が写しだされるので好きだったりします。

浅瀬の静かな湖面と遠くに見える水平線、そしてそびえ立つ橋杭岩が朝日を浴びて素晴らしい風景でした。

これこそ早起きは3文の得ってヤツですかねぇ・・。

 

1時間ほど撮影を堪能したのち、ホテルへ帰還。

意外にも天気は持ちそうなのかなぁ・・という感じでしたので、那智勝浦まで電車に乗って行ってみる事にしました。

 

続く・・

 


184月/120

和歌山県(串本)に撮影旅行に行ってみた。その3(D800)

2012年 和歌山撮影旅行~その3~です。

撮影機材は、NG W5070D800+MB-D12AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIKenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。

 

樫野崎灯台で撮影を一通り行った後、小一時間バス停で休憩・・。

ようやく来たバスに乗り込み・・

 

貸切状態で串本駅まで戻りました・・。

 

串本駅に着いたのが、16:37分

コインロッカーから着替え類を取り出し、ホテルの方に向かいます。

まぁ、このままホテルにチェックインしても良かったのですが、その前にもう一つの撮影ポイントに行きました。

 

この旅の一番の目的なスポットかもな

橋杭岩

です。

 

まぁ、ホテルから徒歩10分位の所にあるので、そんなに遠回りにはならないのですけども・・。

 

橋杭岩(はしぐいいわ)は、ウイキペディアによると・・

和歌山県東牟婁郡串本町にある奇岩群。
同町の大字鬮野川(くじのかわ)小字橋杭の海岸から紀伊大島方面へ大小約40の岩が南西一列におよそ850メートルもの長きにわたって連続してそそり立っている。
直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれている。また干潮時には岩の列中ほどに附属する弁天島まで歩いて渡ることができる。

吉野熊野国立公園に属しており、国の名勝や国の天然記念物の指定も受け観光名所となっている。また橋杭岩を通して見る朝日はとても美しいと評判で日本の朝日百選の認定も受けている。

また、伝説としては・・

昔弘法大師が天の邪鬼と串本から沖合いの島まで橋をかけることが出来るか否かの賭けを行った。

弘法大師が橋の杭をほとんど作り終えたところで天の邪鬼はこのままでは賭けに負けてしまうと思い、ニワトリの鳴きまねをして弘法大師にもう朝が来たと勘違いさせた。
弘法大師は諦めて作りかけでその場を去った。
そのため橋の杭のみが残ったという。

というお話のようです。

 

丁度、現地に到着する頃にはいい感じに夕焼け空になっており、夕焼けの橋杭岩を撮影する事が出来ました。

 

まずは、AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRでの撮影分

D800 AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 焦点距離[16.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 焦点距離[16.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 焦点距離[16.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 焦点距離[16.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

 

続いて、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDでの撮影分

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[58.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

 

確かに、何故にこうも一直線に岩が並んでるんだろう??と思う風景ですね・・。

夕日に照らされ、赤く染まった橋杭岩がさらに幻想的に見えました。

私以外にもビデオカメラで様子を撮影したり、ツアーバスで旅行に来ている人たちがいました。

駐車場が結構広いので、車で通りかかったときは、休憩がてらちょっと寄り道してみてもいいかもしれませんね。

 

で、流石に疲れたので、夜が更ける前に引き揚げ、ホテルにチェックインしました。

一応、コンビニもあるし、24時間スーパーもあるしで、素泊まりでも意外に困らないのが串本駅付近。

とはいえ、ホテルは戸締りされちゃうので、あまり頻繁に出かけるのも迷惑になっちゃうのですけど・・。

2日目に続く・・


184月/120

和歌山県(串本)に撮影旅行に行ってみた。その2(D800)

2012年 和歌山撮影旅行~その2~です。

撮影機材は、当然引き続きNG W5070D800+MB-D12AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIKenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。

 

日米修好記念館の付近で海金剛を撮影したものの、帰りのバスまで時間がかなりあったので徒歩で樫野崎灯台まで行くことにしました。

距離的には30分も歩けば着くかなぁという感じです。

 

で、、

樫野バス停から10分ほど歩くと、次のバス停に着きます。

ここまでずっと下り道だったのですが、後はひたすら登り道となってしまいます。

登り始めて数分・・

すこ~し歩くには不安になるような道になっているのですが、ふと横を見ると、雑草が刈られて車の轍が残ってる少し拓けた所を見つけました。

どうも普通に入れそうな感じ。

そして、波の音が聞こえる・・。

まさかなぁ・・と思ってちょっと寄り道してみると・・。

 

ありました・・。

適当に置かれたベンチ替わりな巨大な石と柵。

 

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

日米修好記念館から見た絵よりも迫力ある感じがするのですが・・・。

ちなみに柵が低めなので、ちょいと怖いです。

 

気を取り直して、樫野崎灯台に向かって歩き出しましたが、思ったよりも拍子抜けする感じで終点のバス停に到着しました。

というのも、残りの500mは樫野崎灯台への遊歩道となっており、トルコ記念館とかトルコ民芸品屋とかがあったりします。

なので、バス停についてもまだ7,8分は歩く事になります・・。

 

で、トルコ記念館

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

何故にここにトルコ記念館が・・

という理由は少し先に行くと解ります。

 

これと

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

これ

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

トルコ軍艦遭難慰霊碑と書かれています。

 

トルコは親日国だ!

とネット徘徊していると見る事があるのですが・・

 

親日になったきっかけというエピソードで語られる軍艦エルトゥールル号遭難事故があったのがココ。

 

エルトゥールル号遭難事件(エルトゥールルごうそうなんじけん)とは、1890年(明治23年)9月16日夜半、オスマン帝国(その一部は現在のトルコ)の軍艦エルトゥールル号(Ertu?rul F?rkateyni)が現在の和歌山県串本町沖にある、紀伊大島の樫野埼東方海上で遭難し500名以上の犠牲者を出した事件である。この事件は、日本とトルコの友好関係の始まりと考えられている。

(ウィキペディアより)

ざっくりいうと、トルコの軍艦が嵐で樫野崎付近で座礁遭難してしまい、現地の方々が救助活動と手当、犠牲者の埋葬をしたというお話。

 

明治時代のお話なのですが、今でも5年ごとに追悼式典が行われているのです。

 

そして、この方が初代トルコ共和国大統領のムスタファ・ケマル・アタテュルク氏。

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[340 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

という感じでトルコ関係のモノを通り過ぎると、樫野崎灯台の入口が見えてきます。

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

この樫野崎搭載は日本最初の石造灯台で、日本最初の回転式閃光灯台でもあり、その初期の建物がコレだそうです。

 

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[240 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

中には入れないのですが、螺旋階段で外周に登る事が出来ます。

 

そこから眺められる景色がこんな感じ。

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[38.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

遮るものが何もない状態で太平洋を眺められます。

 

あと、ここまでたどり着くまでも景色が開けている所はいくつかあり、これもまたなんとも味のある良い景色でした。

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[45.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

こんな感じで初日に存分に南紀の眺めを鑑賞し、16時のバスに乗って、串本駅に帰りました。

ちなみに・・

 

帰りのバスは始点から終点まで私一人でしたが・・・。

 

続く・・

 


184月/120

和歌山県(串本)に撮影旅行に行ってみた。その1(D800)

>一年に一度取れるかどうかの9連休を満喫していましたが、このタイミングでちょっと行ってみたかった所な和歌山県串本方面へ撮影旅行に2泊3日でいってきました。

撮影機材は、NG W5070D800+MB-D12AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIという所です。

あと、海を撮ることになるので、Kenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLも持って行っています。

 

で、1日目

朝6時過ぎに地元の駅を出発し、JR日根野駅に向かいました。

その後、特急くろしお1号にて串本までダイレクトに向かいます。

座席は指定席の海側1列シートを選択。

一人旅行の時は座席の隣に誰か座られたらヤダなぁという理由だったのですが・・

さすがにこの時期の朝の和歌山方面の特急にそんなに人が乗っている訳もなく・・

まぁ・・おかげさまで結構ゆったりできましたけどね。

この特急くろしお1号は日根野駅から2時間30分程度で串本に到着します。

途中、太平洋が一望出来る箇所があり、車掌さんのアナウンスが流れたりします。

これから向かう先はそれこそ本州最南端という場所なので、いやほど海はみる事になるのですが、これはこれでテンションが上がります・・。

 

で・・

串本に到着後、着替えなどを入れた荷物をコインロッカーにぶち込み、そのまま駅のバス停に並びました。

串本駅のバス停は1つ。

そこに多方面のバスが止まる事になる訳ですが・・。

まぁ・・

バスの本数が多くないので、それで事足りる訳ですね。

乗り逃してしまうと、次に来るのが1時間半後とかザラですし・・。

到着してまず向かう先は・・

 

紀伊大島の海金剛

 

ここへ向かうには、串本駅から熊野路・路線バス 大島港・樫野灯台口方面行きに乗り、樫野で降ります。

くろしおで串本駅についたのが、11:02。

バスが串本11:25発で樫野11:54着という感じ。

ちなみに最終の串本行きのバスが17:30なので要注意・・。

歩いて楽に帰れる距離では無いですしね・・。

 

樫野に着いた後、日米修好記念館方向に10分程歩きます。

ちらほらとある民家の横を通り過ぎると、ほどほどに広い駐車場に到着します。

トイレもあり、自販機もあるので、十分に一休みできる感じなのは有り難いところ。

 

海金剛を見るには、この日米修好記念館の横を通り過ぎ・・

林を通りぬけ・・

海金剛方面に向かいます。

大体徒歩3分位でしょうか。

こういった所にたどり着きます。

 

 

方々に展望スペース的な造りで足場があるのですが・・

虻だかよくわからん巨大な羽虫がうじゃうじゃ飛んでいるので、なかなか撮影に集中出来ないのですよね・・。

風景はすごく良いんですが、カップル向けじゃないかもしれませんね。

あと、結構雑草が生い茂ってるので、フレームにどうしても入ってしまうのが難点・・。

それでも、ここでしか見れない風景があるのは確かな訳で・・。

 

まずは、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDでの撮影分

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[58.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[56.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[62.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

続いて、AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRでの撮影分

D800 AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 焦点距離[16.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 焦点距離[25.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 焦点距離[16.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

最後に、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIでの撮影分

D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[90.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE

大体2時間ほど居たのですが、次の串本行きのバスが16:08という事で、まだ2時間程度ありましたので、2km先の樫野崎灯台まで歩いて行ってみる事にしました。

続く・・。