果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

2310月/140

亀岡 夢コスモス園に撮影に行ってみた。

幾つかの台風が過ぎた後、ようやく秋らしい季節になってきました。

秋といえば、紅葉という感じですが、コスモス畑も中々なものです。

で、10月17日に亀岡の夢コスモス園のコスモスが満開であるという事を見かけたので、翌10月18日に撮影に行ってきました。

 

機材は、The 7 Million Dollar HomeにNikon D4SAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRです。

天気が良さそうだったので、マルミのEXUS サーキュラー P.L 77mmも持っていきました。

 

現地には、9時45分位には到着していたのですが、既に結構な人が来園されてました。

最近の週末はちょいと天気が悪い日が続いてましたしねぇ・・(--;

 

亀岡 夢コスモス園は20品目 約800万本と近畿では有数のコスモス畑です。

入園料は600円かかりますが、駐車場は無料(結構広い)です。

なお、食事については、有料エリアの手前に結構広いスペースで屋台がありましたので手ぶらで行っても問題ないです。

値段もそんなに高くなく量も十分でした。

ちなみに再入園もチケットを見せれば何度でもOKです。

トイレは、駐車場にしかありません。園内は結構広いので余裕を持って行っておくほうがいいかと・・

 

コスモス畑は公式ページにも記載があった通りの満開状態でした。

先週に台風が来たことを思うと、よく耐えたねぇという感じでしょうか。

 

まずは、先日買ったばっかりのAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDで撮影をしました。

 

D4S+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 焦点距離[20.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 焦点距離[20.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

D4S+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 焦点距離[20.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 焦点距離[20.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

続いて、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

そういや、このレンズ買ったってブログに書いてなかった気がします・・。

まぁ、程度の良い安い中古があったので衝動買いしたんですよね・・(--;

タイ製でしたけど。。

 

D4S+AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

D4S+AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

D4S+AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

そして、AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

 

D4S+AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

D4S+AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

D4S+AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

D4S+AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 焦点距離[400.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

ここで、食事を取り、休憩・・。

さっき書いた有料エリアの手前のスペースで食事。

おにぎり2個(250円)+からあげ小(300円)+だし巻き(300円)+ビン入りラムネ(160円)といった感じ。

作り置きとかじゃなくて出来立てだったので結構旨かったです。

 

休憩後、もう一度AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDでの撮影。

 

ライブビューを使ってローアングルで頑張ってみました。

D4S+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 焦点距離[20.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 焦点距離[20.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

そして逆光で・・

D4S+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 焦点距離[20.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 焦点距離[20.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

もういっちょ逆光で・・

D4S+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 焦点距離[20.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D4S+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 焦点距離[20.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

コスモス以外にも園内には創作カカシが展示されており、来園者の記念撮影スポットにもなっていました。

かかし写真はまた次回にでも・・続く。

 

2110月/140

iPhone 6とiPhone 6 Plusが発売されたのに、iPhone 5sを買ってみた。あえてね。

iPhone 6iPhone 6 Plusが発売されて1ヶ月が過ぎました。

 

予約開始日にauオンラインにてiPhone 6 Plus グレーの128GBを機種変更予約しましたが、ファストクーポンが無い為、発売日に入手できませんでした。

で、待ってる間に実際に展示を触ってみたり、折れ曲がる話を聞いたりして、どんどん購買意欲が無くなっていったわけで・・

結局9月末位に本申し込みメールが来ましたが、キャンセルしました。

 

発売日に入手できてたのなら、勢いで機種変更したと思いますけどね。

ファストクーポンなんて割り込み制度を推進するから販売機会損失したわけですな。

 

まぁ・・

iPhoneの良さってコンパクトさだと思うのですよ。

去年、iPhone 5からXperia Z1に乗り換えてみて思いました。

Xperia Z1は性能的には申し分なく満足していますが、やはり大きい。

夏場のクールビズスタイルなんかだと、昼休憩に出かける時なんかに持っていくのが億劫になるくらい大きい。

 

なので・・大画面のAndroidスマホが席巻している中、iPhoneのコンパクトさが魅力に感じます。

そんなXperia Z1よりも大きいiPhone 6 Plus・・

 

携帯電話としては非常に使いにくいでしょうねぇ・・。

 

という事で、iPhone 6熱は冷めたのですが、iPhone熱自体はくすぶっていましたので、iPhone 5Sの白ロムを購入しました。

iphone5s

 

Docomo版 iPhone 5S 64GB ゴールド 使用制限○で・・約42,000円。

店舗で購入しましたが、ヤフオク相場位で購入出来ました。

Docomo iPhone5s 64GB ゴールド

しかも傷一つない美品。

 

オプション類は、
パワーサポート AFPクリスタルフィルム for iPhone5S/5C/5 PJK-01
ラスタバナナ フィンガーストラップ 丸ヒモタイプ ブラック RB8SD01
[ mtmdcolors ] TPU iphone 5 / 5 s ケース ストラップ ホール イヤフォン lightning ジャック 保護 キャップ 一体型
を購入。

iPhone5s用 オプション

 

パワーサポート AFPクリスタルフィルム for iPhone5S/5C/5 PJK-01は、ダストリムーバーというごみ取り用の粘着シートが付いていて非常に便利。

パワーサポート AFPクリスタルフィルム for iPhone5S/5C/5 PJK-01

 

で、保護フィルムの剥離フィルムが手で切れるので、好きな位置で剥離フィルムを切って位置決めをしたりすることが出来ます。

 

これらを付けた状態がこんな感じ。

iphone5s オプション類装着

[ mtmdcolors ] TPU iphone 5 / 5 s ケース ストラップ ホール イヤフォン lightning ジャック 保護 キャップ 一体型は安いながらもジャック類を塞ぐキャップとストラップホールがあるのがイイですね。

 

難点といえば・・

背面のアルミではない部分にケースが張り付いてみすぼらしい状態になるのが残念でしょうか・・(--;

 

 

ちなみにSIMについては、OCNの格安SIMのOCN モバイル ONE SMS対応(ナノSIM)にしました。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、10月1日から月額そのままで通信容量を大幅アップ(50MB/日コースは70MB/日、1GB/月コースは2GB/月など)しました。

さらに・・

3日間で366MB以上利用時の通信速度抑制が撤廃されてます。

 

他社ではいまだに3日間使用量での通信速度抑制が当たり前に行われている中・・月額そのままで通信容量アップと制限撤廃と中々の英断ですねぇ・・。

まぁ、データ専用SIMなので、通話もしたい場合は050 Plusを利用して、SMS番号とは別の050番号を持つ必要がありますけどね。

 

なお、申し込んだプランは2GB/月コース(月額 1,100円)+SMS(月額 120円)+050 Plus(同時申し込みで月額 150円)といった感じ。

月額で1,370円(税抜)ですね。

 

すでに1週間程度利用してますが、LTE通信速度も接続エリアも申し分ありません。

で・・OCN モバイル ONEでは、OCN モバイル ONE アプリをインストールすると通信速度の切替(150Mと200k)と利用量を確認できます。

利用量を確認したところ、多い日で80MB/日 平均すると40MB/日といった感じで2GBあれば余裕で運用出来そうな予感・・・。

 

これでこのお値段って・・・

なんか、携帯3社のLTEパケットプランが超ボッタくりにしか思えなくなってきます・・・。

 


810月/140

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDを買ってみた。

先日、カメラのキタムラ なんばCITY店でミナピタカード10%OFFセールが実施されていましたので、発売されたばかりのAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDを買ってみました。

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

 

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを持っているとはいえ、AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDは355gと軽量なことから、発表されてから気になっていたレンズ・・

もう少し価格がこなれてくるのと、評価が出てからと思っていたのですが、ミナピタセールのお蔭で発売日翌日だというのに10%OFFになるという事態に負けました。

 

フィルター径は77mmですので、Kenko PRO1D プロテクター (W) 77mmプロテクターも用意しました。

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDのフィルタ径は77mm

 

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの付属品。

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの付属品

広角という事もあり、さすがにフードは短いですね。

 

Nikon 1.8Gシリーズは性能の割には価格が安いのが特徴ですが、その分、外装はチープで製造国も中国となっています。

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDは中国製

 

あと目立って影響が出るのが、絞り羽根枚数が9枚じゃなく7枚である事でしょうか。

点光源や光芒の写りが変わってきたりします。

 

まぁ、廉価版だから7枚だという事を言うと・・

Eマウントレンズなんて、SEL55F18ZSEL70200GとSELP28135Gのみが9枚で他すべては7枚だという事実にそれはそれでガッカリするのですが(--;

せめてSEL35F28ZSEL2470ZSEL1635Zは9枚にしとくべきだったんではなかろうか・・

 

 

んで、、

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを持っていて、AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDを購入を考えている人のほとんどがAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDがコンパクトで軽いという点でのメリットに魅力を感じているのではないかと思います。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの写りに不満を持っていて・・という人は極少数ではないのかなぁと勝手に思ってたり・・(^^;

という事で、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDを並べてみました。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDとAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの比較その1

 

正直、フード込みでの大きさはフィルタ径が77mmと大きいこともあり、AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの方がすごく小さいという事でもありません。

まぁ、重量はAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDが1000gでAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDが355gなので、明らかに違いますが・・。

 

でも持ち運び状態にすると、大きさも明らかに違います。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDとAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの比較その2

 

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDに比べてAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDが非常にコンパクトなのが解りますね・・。

ていうか、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDは重量はともかく、フード固定式で出目金なので持ち運び時に嵩張りすぎるという欠点があるというのも解りますね・・。

 

ぶっちゃけ、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDって写りは凄いイイのですが、収納時も大きくて持っていくのに困るレンズなんですよね。

明らかに広角メインで撮影する時は頑張って持っていくのですが、望遠レンズも持っていくような時であと1本持っていくという時にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの利便性と比べて持っていくのを諦めてしまいます。

で、そういう時に限って意外ともうちょっと広角で撮りたいと思える風景もあったりして・・・

 

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDの大きさと重さなら、もう1本の時のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDに加えて持っていっておくかと思えるなんじゃないかなぁというのが私の購入の理由でしょうか。

写りもネットの評判を見ている限りは他の1.8Gシリーズと同様に優秀のようですし、AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDは万人におススメできる広角単焦点レンズなんではないかと思います。

 


310月/140

D810を持って伊丹空港の外周を周ってみた~その4~ D810の感想も少し・・

前回の続きです。

9月14日にD810の輝点修正に梅田に行ったついでに、伊丹空港(大阪国際空港)の外周巡りを行いました。

今回は、猪名川土手からエアフロントオアシス下河原編です。

機材は、引き続きThe 7 Million Dollar HomeにNikon D810AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIです。

 

兵庫県伊丹市中村井ノ下1付近のスポットから少し歩くと、猪名川土手に上がれるスロープがあります。

そこを登りしばらく北側へ進むと・・

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

 

このようにちょうど滑走路を真正面から望めるスポットがあります。

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

この日は他に人がいなかったのですが、他に比べて若干茂みが開けているので、普段は撮影している人は居てるのでしょうね。

 

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F13.0 ] SS優先AE

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F13.0 ] SS優先AE

 

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F13.0 ] SS優先AE

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F13.0 ] SS優先AE

 

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F14.0 ] SS優先AE

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F14.0 ] SS優先AE

 

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F16.0 ] SS優先AE

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F16.0 ] SS優先AE

 

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F16.0 ] SS優先AE

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F16.0 ] SS優先AE

 

直前にプロペラ機を撮影してからシャッタースピードを速くするのを忘れてますが・・(--;

 

離陸する機体を真正面から捉えられる結構面白いスポットですね。

ただ、個人的にはここだと換算400mm位が欲しいと思います。

離陸時だと接近してくるのも撮影したくなると思うので、AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR辺りがおススメレンズでしょうか。

着陸時だと500mm超えのレンズが欲しいですね。

新しいシグマの150-600なんかが良さげな感じがしますねぇ・・(--;

 

ちなみにココは千里川と違い舗装されているのでレンズ交換時とかにバッグを地面に置いても千里川ほど汚れないのがありがたい所ですが、ジョギング中の人やらサイクリング中の人やらが結構通るので邪魔にならないように注意しましょうネ。

まぁ、ここの難点はトイレが無い、自販機が無いという所ですかね・・。

自販機はここから北に500m位歩くと幾つかありましたけどもトイレはエアフロントオアシス下河原まで行かないと無いのですよね。

 

 

で・・トイレを求めて歩くこと10分・・

 

 

エアフロントオアシス下河原に到着。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

ここでは、こんな感じで撮影出来ます。

 

D810+AF-S NIKKOR 14-24mm f2.8G ED 焦点距離[14.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 14-24mm f2.8G ED 焦点距離[14.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.0 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.0 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.0 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.0 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

視界が開けているので、空港全体を撮るにはいいスポットです。

ただ離陸する機体を撮影するのならば明らかに200mmだと足りない感じ。

少なくともAF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRが欲しいところ。

 

まぁ、伊丹スカイパークよりも北は機体メインに撮影しようとすると大体300mm~500mm辺りの望遠レンズがないと厳しい感じがしました。

 

あと・・電車で来る場合はたどり着くまでは結構きっつい。

帰りは、エアフロントオアシス下河原から阪急蛍池駅まで歩いたのですが、30分程度は歩かないといけません。

なので猪名川土手までは阪急蛍池駅からだと徒歩40分~45分といった感じでしょうか・・・。

日頃の運動不足を解消するにはいい理由づけになるかもしれませんが、電車組が気軽にいくには伊丹スカイパークまでが限界な気がします。

 

で・・

D810を購入してから2か月程度立ってようやくまともに使ったのですが・・

AF精度がD800E比較で非常に良くなってる気がします。

 

ピントが抜けにくくなっていて、よく追従してくれてる感じがします。

あと、シャッターショックが少なくなった影響なのか、明らかにブレ写真が少なくなりましたね。

 

連射については・・

FXの5コマ/秒だとまだ遅いなぁ・・という感じですがDXの6コマ/秒になると大分と使い勝手があがりますね。

 

ほんとたかが1コマなんですけども・・

 

ロスレス14bitRAWのみの記録でDXクロップだと97コマまで連続撮影可能なのも効いているんでしょうね。

D800Eだと上記条件で29コマですしね・・(--;

もう撮影持続時間が全然違います。

 

航空祭に1台だけしかカメラを持っていけないとなると、D800Eの時は間違いなくD4Sを持っていく選択をしますが、D810だとちょっと悩むかもしれません。

 

ぱっと見はあまり変わり映えのしないD810ですが、やはり使い勝手はD800Eから格段に進化してるのを感じます。

輝点問題はアレですが、D810の素性は非常に良いと感じました。

 

ちなみに6コマ/秒でも使い勝手が大分違うと感じたので、個人的にはがっかりスペックなD750も6.5コマ/秒なので十分アリなのかと考えたのですが、

ロスレス14bitRAWのみの記録でFXだと15コマ、DXクロップだと48コマまでしか連続撮影出来ないのですよね。

D810よりも画素数少ないのに、D750ってバッファ少ねぇなぁ・・と思わざるを得ない結果に・・・

正直、アクションカメラだ云々という宣伝をするならバッファ容量は再考すべき事項であったのではないかと思うのですけどねぇ。

仮にAPS-Cだったとしても1600万画素で9コマ/秒でロスレス14bitRAW 100コマ連続撮影可能で20万というのが可能であれば、そっちのほうがよっぽど購買意欲高いですよ・・(--;

 

とりあえず伊丹空港で1日撮影を行った結果、今ニコンのフルサイズを1台だけ購入するのなら・・

値段とスペックを考慮すると、やはりD810の1択かなぁと思いましたとさ。

 

279月/140

D810を持って伊丹空港の外周を周ってみた~その3~

前回の続きです。

9月14日にD810の輝点修正に梅田に行ったついでに、伊丹空港(大阪国際空港)の外周巡りを行いました。

今回は、伊丹スカイパークから北方面に行ったところの撮影スポットです。

機材は、引き続きThe 7 Million Dollar HomeにNikon D810AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIです。

 

伊丹スカイパークの横にあるコンビニにて昼食をとり、すぐ近くにある例のスポットに行きました。

それが、ここ。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

伊丹市立こども文化科学館近くの歩道橋。

 

ここからの風景はこんな感じで滑走路の下を潜る地下道が望めるのですが・・

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

離陸時にこんな感じでほんの一瞬ながら・・機体が見えます・・・。

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

離陸ポイント次第で面白い写真になる可能性の秘めたポイントかなぁ・・と。

ただ、視界が開けているのが正面だけなので、撮影タイミングが非常にシビアです・・・。

まぁ、ここは根気よく粘る必要があるポイントでしょうねぇ・・。

 

唯一の救いは、歩道橋を北側に降りてすぐトイレがあることでしょうか・・(--;

 

 

次のポイントは、歩道橋から1kmほど空港脇の道をひたすら北方面に歩いていった先のココ。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

兵庫県伊丹市中村井ノ下1付近のポイント。

 

ここでは、こんな感じの写真が撮れます。

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

この辺りまで来ると、ちょっと200mmだと心もとない感じがします。

以下、D810でDXクロップして撮影。

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D810(DXクロップ)+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離(35mm換算)[300 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

ここは人も少なく歩道が広いのですが、車の交通量が多いのと・・

付近に店らしきモノが無いので、長時間はキツイ気がします。

 

少なくとも徒歩で来るべきとこではないですが・・・良いアングルで離陸する機体を撮影出来るポイントだと思います。

次回は、猪名川土手~エアフロントオアシス下河原編をば・・

 

続く・・

 

219月/140

D810を持って伊丹空港の外周を周ってみた~その2~

前回の続きです。

9月14日にD810の輝点修正に梅田に行ったついでに、伊丹空港(大阪国際空港)の外周巡りを行いました。

今回は、伊丹スカイパーク編です。

機材は、引き続きThe 7 Million Dollar HomeにNikon D810AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIです。

 

伊丹スカイパークはスカイランド原田の真横にある為、基本的にはこっち方面に来ると両方ともセットで周るという感じな所です。

 

人の多さは伊丹スカイパークの方が多い感じです。

 

まずは南側から

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

この位置では、離陸、着陸共に機体を見ることが出来ます。

流し撮りの練習をするには丁度いいポイントかと思います。

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F18.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F18.0 ] SS優先AE

 

ただし、離陸する機体を撮影するには、200mm程度だと少し遠い感じです。

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F16.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F16.0 ] SS優先AE

 

 

という事で、北側に

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

人の多さは北側の方が遥かに多い感じです。

と、いうのも・・

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

 

離陸ポイントの真横に近いのですね。

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

後はターミナルとも近い為、離陸以外のタイミングでも、機体を撮影出来るというのもポイントでしょうか。

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

とは言え、やはりメインは離陸。

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[110 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[110 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F6.3 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F7.1 ] SS優先AE

 

 

ここは、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIの場合にベストなポイントですね。

伊丹スカイパークでは一番のおすすめポイントでしょうか。

で・・この時点で14時を遥かに回っていたため、近くのコンビニでお昼休み・・・。

その後、今まで行ったことのなかったさらに北にある撮影ポイントへ行ってみることにしました。

続く・・
 

159月/140

D810を持って伊丹空港の外周を周ってみた~その1~

9月14日に色々あって朝一番に心斎橋の某所に用事が出来たので、ついでに梅田のニコン大阪サービスセンターに行ってD810の輝点対応をしてもらった後にテスト撮影に出かける事にしました。

機材は、The 7 Million Dollar HomeにNikon D810AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIです。

 

で・・

テスト撮影場所は、例のごとく伊丹空港(大阪国際空港)です。

今回は、D810のテスト撮影だけじゃなく、今まで行ったことのなかった撮影ポイントを体験するという事も念頭に入れて行動しました。

 

滞りなく心斎橋での用事を済ませ、梅田に10時ごろには到着。

10時半のオープンと同時にニコン大阪サービスセンターに行き、「D810の輝点対応の件で・・」と受付に話をして、D810を預けました。

15分程度で完了するという事なので、入り口に設置してあった先日発表されたばっかりのD750でも触ったりして店内で待ってようかと思ってたのですが・・

 

先客アリでした。

 

仕方ないので一通り店内を見渡して・・雑誌に軽く目を通し・・D810の輝点対応が完了して、受取りが済んでも・・

 

さっきと同じ人が延々と触り続けてましたので、諦めて伊丹空港に向かう事にしました。

 

数十分の間、一人で触り続けてるのは如何なもんかと思いますがねぇ・・(--;

 

 

で。。

いつも通りに阪急曽根駅で降り、いざ千里川へ。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

伊丹空港に来たなら、やっぱり旅客機が頭上を通り過ぎるのを拝んでおきたいですしね。

 

ここは午前中に来ると、旅客機が向かってくる方向が逆光となります。

ここでの撮影は個人的には広角レンズ以外での撮影の場合は、滑走路正面から左右に離れた箇所からの撮影をおススメします。

午前中であれば南西側、夕方であれば北東側がおススメかと。

 

D810+AF-S NIKKOR 14-24mm f2.8G ED 焦点距離[14.0 mm] シャッタースピード [ 1/2000秒 ] ISO [ 400 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 14-24mm f2.8G ED 焦点距離[14.0 mm] シャッタースピード [ 1/2000秒 ] ISO [ 400 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/1250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/1250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

 

小一時間ほど滞在して、ある程度満足したので、次はスカイランド原田の駐車場に向かいました。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

このポイントは何より・・トイレと自動販売機がすぐソコにある事がうれしい。

で、着陸後にゴムの溶けた匂いが漂ってくるのが、少しうれしい。

また、駐車場からすぐ横が滑走路なので、車で来た場合は非常に快適に過ごせることでしょうか。

雨での撮影なんかだと、ココのポイントが一押しですね。

ちなみにすぐ横が墓地になっているのと、手前の草が結構伸びてて邪魔なので、3段位のミニ脚立を持っていったほうがいいかもしれません。

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[160.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[160.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.0 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F14.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F14.0 ] SS優先AE

 

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F9.0 ] SS優先AE

D810+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F9.0 ] SS優先AE

 

今回はとりあえずここまで、次回は伊丹スカイパーク編です。

 

69月/140

平城京天平祭 2014に行ってみた。(α7S)~その2~

2014年8月30日に平城宮跡で開催されていた平城京天平祭 2014編の続きです。

前回は、「夜空に煌めく四神・ミラーボーラー」と「燈花会@大極殿」の撮影分でした。

今回は、朱雀門の「一期一会の極彩 デジタル掛軸」の撮影分です。

 

持って行った機材はα7Sα7RSEL2470ZSEL70200GSEL35F28ZSEL55F18ZUT-43Qでした。

今回も引き続きα7S+SEL2470Zでの撮影分です。

なお、前回もそうでしたが、すべて手持ちでの撮影となっております。

 

朱雀門の「一期一会の極彩 デジタル掛軸」ですが、第一次朝堂院から見る限りではほんのり色づいているかなぁ・・?と思う位の状態でした。

あまりに普通の状態にも見えるので、係の人に「デジタル掛軸ってやってるの?」と聞いてる人もいたぐらい。

 

とりあえず、せっかく来たので、目の前まで行くことにしたのですが・・

 

近くに来ると、結構それなりに見えました。

α7S+SEL2470Z 焦点距離[54.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[54.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

といっても、肉眼だと写真で見るよりももう少し薄く感じましたけども・・

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[43.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[43.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[34.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[34.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

で、右下に見える四角い箱がプロジェクターですね。

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

正面からの撮影分もいくつか・・

手持ちなので水平が微妙ですが・・(--;

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[34.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[34.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[33.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[33.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

ちなみに反対側もちゃんと投影されていました。

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[32.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

以上で、撮影終了。

なお、帰りは反対側まで戻るのも面倒でしたので、新大宮駅まで歩いて向かいました。

新大宮では、さほど混雑してなくて急行でも普通に座れましたが、大和西大寺では程ほどに混みだしました。

結構、歩き疲れますので、大阪方面に帰宅する場合は、大和西大寺じゃなくて新大宮まで向って座って帰る方がおススメ。

 

308月/140

平城京天平祭 2014に行ってみた。(α7S)~その1~

2014年8月30日に平城宮跡で開催されていた平城京天平祭 2014に行ってまいりました。

ライブとか夜店とか色々な催しものが行われていましたが、我々の目的はぶれることなくイルミネーションイベントです・・(--;

持って行った機材はα7Sα7RSEL2470ZSEL70200GSEL35F28ZSEL55F18ZUT-43Qでした。

その中で使用したのが、α7S+SEL2470Zα7R+SEL55F18Zという感じ。

今回はα7S+SEL2470Zでの撮影分です。

 

念のため持って行ったトラベル三脚なUT-43Qですが・・・

がっつり三脚使ってる人もいましたが、三脚ご遠慮アナウンスも聞こえたような気がしたので今回は使用しませんでした。

 

なので、今回はオール手持ちでの撮影です。

 

ていうか、UT-43QSEL70200Gをもっていかなかったらもっと楽に動けたのにと後悔・・(--;

 

18時過ぎに大和西大寺に到着し、同行者と合流。

大和西大寺より平城京跡まで無料送迎バスが出ていましたが、当然ながらぎゅうぎゅう詰めでかつ、あまり本数が無い模様。

まぁ徒歩20分位なので普通に歩いて現地に行きました。

 

現地に行ってまず思ったこと・・。

 

想像以上に繁盛してました。

FM OSAKA Fantastic LIVEとシルクロード・フードコート&夏の夜市が・・・(--;

 

あわよくばなんか食うか位のノリはあったのですが、ちょっとキツイなぁという感じな混雑。

イルミネーションイベントも大丈夫かコレ?という感じではあったのですが・・

一部を除いて意外に普通に落ち着いて撮影が出来る状況ではありました。

 

まぁ、その一部ってのがちょっと見てみたいなぁと思っていたものでもあったわけですが。。。

 

で・・まず到着して撮影を開始したのが、第一次朝堂院で展示されていた「夜空に煌めく四神・ミラーボーラー」です。

到着して撮影した夜更け前と日没後の2回撮影しました。

 

ちなみに四神とは、青竜、朱雀、白虎、玄武でして、それぞれ司っている方位、季節、象徴する意図があるとのこと。

 

まずは青竜・・

四方が東、四季が春、四色が緑(青)

α7S+SEL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[38.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[38.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

続いて朱雀・・

四方が南、四季が夏、四色が赤(朱)

α7S+SEL2470Z 焦点距離[49.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[49.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

続いて白虎・・

四方が西、四季が秋、四色が白

α7S+SEL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[46.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[46.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

最後に玄武・・

四方が北、四季が冬、四色が黒(玄)

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

後方にうっすらサーチライトが写ってるなぁ・・的な

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

おまけで、朱雀からみた全景。

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 4000 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 4000 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

四神の次は大極殿に向かいました。

 

で、これが落ち着いて撮影できなかった一部の場所である、第一次大極殿前ステージです。

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

19時45分から高千穂の夜神楽が催されるので、ここでSEL70200Gを使って。。とか思ってたのですが・・

ステージの高さが低すぎて、脚立でもないと前から3列位でも普通に見ることすら出来ない状況になってました。

至る所で見えないと声が上がってるのを聞いてテーマは良いのに、正直ダメイベントな感じでした。

 

そして燈花会@大極殿です。

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/6秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/6秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/8秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/8秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

正面は人いっぱいでしたが、両サイドまで来ると落ち着いて撮影できます。

といっても最前列はなぜか誰か座ってる状況でしたけど・・(--;

 

 

で、第一次大極殿と第一次朝堂院の間にあるスペースで展示されていたのが、「五色の光芒サーチライト」です。

人が疎らですので、ここ位は三脚使ってじっくりとっても良かった気が・・

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

ちなみに両サイドに5台ずつ設置されており、サーチライトが上空では1点に交わってました。

まぁ・・手持ちじゃ撮れないので撮ってませんけど・・。

 

残りは、朱雀門の「一期一会の極彩 デジタル掛軸」ですが、それはまた次回に・・

 

78月/140

南港ATCにやってきた実物大98式イングラムを撮影してみた。(DSC-RX100)

映画THE NEXT GENERATION -パトレイバーのプロモーションで南港ATCにやってきた実物大 98式 イングラムを撮影してきました。

当初、初日の土曜日の朝に撮影しにいこうかと思っていたのですが、生憎の雨。

翌日も雨。

とりあえず、平日に昼休憩の時間を利用してDSC-RX100で撮影してみました。

 

 

ちなみに、鑑賞時間以外はどういう状況になっているかというと・・

 

このように青いカバーで包まれています。

DSC-RX100 焦点距離[37.1 mm] 焦点距離(35mm換算) [100.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[37.1 mm] 焦点距離(35mm換算) [100.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

移送中みたいで雰囲気あるなぁとか思ってみたり。

 

 

で、お昼のデッキアップイベント前。

当然ながらデッキアップされたときにイングラムの正面になる側に人が集まってますね。

DSC-RX100 焦点距離[37.1 mm] 焦点距離(35mm換算) [100.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[37.1 mm] 焦点距離(35mm換算) [100.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

 

なお、機材担当のイベントスタッフの方は「特車二課整備班」のツナギを着用してらっしゃいました。

DSC-RX100 焦点距離[10.4 mm] 焦点距離(35mm換算) [28.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[10.4 mm] 焦点距離(35mm換算) [28.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

 

 

横からのアップ。

DSC-RX100 焦点距離[28.2 mm] 焦点距離(35mm換算) [76.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[28.2 mm] 焦点距離(35mm換算) [76.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

 

横からの全身。

DSC-RX100 焦点距離[17.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [46.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[17.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [46.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

デッキアップイベント前の機材チェックでしょうか、スタッフの方が潜り込んで作業していました。

DSC-RX100 焦点距離[10.4 mm] 焦点距離(35mm換算) [28.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[10.4 mm] 焦点距離(35mm換算) [28.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

 

で・・・いよいよデッキアップ。

連続写真でどうぞ・・

 

イングラム デッキアップその1

 

イングラム デッキアップその2

イングラム デッキアップその3

イングラム デッキアップその4

イングラム デッキアップその5

 

イングラム デッキアップその6

 

デッキアップ完了。

正直、結構早いスピードで上がります。

 

昼休憩時間終了も迫ってきたので、あとは適当に撮影しておきました。

DSC-RX100 焦点距離[37.1 mm] 焦点距離(35mm換算) [100.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[37.1 mm] 焦点距離(35mm換算) [100.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

DSC-RX100 焦点距離[37.1 mm] 焦点距離(35mm換算) [100.0 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[37.1 mm] 焦点距離(35mm換算) [100.0 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

DSC-RX100 焦点距離[29.8 mm] 焦点距離(35mm換算) [80.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[29.8 mm] 焦点距離(35mm換算) [80.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

DSC-RX100 焦点距離[24.7 mm] 焦点距離(35mm換算) [66.0 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[24.7 mm] 焦点距離(35mm換算) [66.0 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

DSC-RX100 焦点距離[20.9 mm] 焦点距離(35mm換算) [56.0 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

DSC-RX100 焦点距離[20.9 mm] 焦点距離(35mm換算) [56.0 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

 

まぁ、実物大ガンダムに比べると、ちょっと迫力が少ない気がしないでもないですけど。

ガンダムは大阪にというか関西にすら来てくれなかったことに比べると、来てくれただけでも大変ありがたいお話で・・。

で、8月9日には特別に19:30からナイトデッキアップが開催され、ATCのイルミネーションイベントとのコラボが楽しめるはず・・・・

なのですが、なんか台風11号が来てるんで、きっと三脚立てて撮影できるような状況じゃないんだろうなぁ・・と。

淀川花火大会も開催怪しいし、α7Sで手持ち撮影で突撃してみるかなぁ・・?

 

48月/140

お値打ち品を見つけたので・・フルサイズ3640万画素ミラーレスカメラのα7R(ILCE-7R)を買ってみた。

レリーズタイムラグが~とかシャッターショックが~とか色々理由をつけて今まで購入しなかったα7R

とはいえ、ローパスレスの3640万画素フルサイズセンサの解像力は凄まじく、SEL35F28ZSEL55F18ZSEL70200Gとの組み合わせにおいての破壊力たるや・・。

(SEL2470Zは・・レンズがもうついていけてない感が否めないので、正直α7Rに使うには悪い意味でもったいないと思う・・。)

 

動体を撮るのには全く向きませんが、風景や静物を撮るのならこれだけ取り回しのよい3640万画素フルサイズのカメラもない訳で・・。

とはいえ、前述の気に入らない点(一言でいうと全てがモッサリ)があり、新品で17万円程度となると・・という感じ。

 

写りは良いんだけどねぇ・・。

 

α7Sとコンビ組ませたら、FEマウントを持ち出す機会がもっと増えるのかなぁ・・とか思ってました。

 

 

で・・

 

先日開催されたマップカメラの夜市で見つけてしまいました。

 

美品で2015年6月までの保証書付のα7R・・

129,800円・・。

 

・・・・

・・・

・・

 

・・・・・ぽちっと。

 

α7R

 

 

予定外の出費だったので、α6000SEL1018辺りを手放して資金調達しないとなぁ・・。

 .. .: ∬ ::::: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ∧_∧ . |||.: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
  ストン   /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
    ||| / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

ちなみに2015年7月までの保証書付の奴もあったんだけど、そっちは争奪戦に負けました・・。

 

 

 

で、ケースはα7Sに使ってるやつの色違いのHAKUBAの本革ボディケース SONY α7/α7R専用 ブラウン(DBC-A7BR)を購入。

液晶保護フィルムは、PRO GUARD F2AF-Fuss (2p set)(SONY α7R/α7)を購入しました。

 

HAKUBAの本革ボディケース SONY α7/α7R専用 ブラウン(DBC-A7BR)とPRO GUARD F2AF-Fuss (2p set)(SONY α7R/α7)

 

 

 

α7S+SEL35F28Zα7R+SEL55F18Zを並べて記念撮影と・・。

α7Sとα7R

 

ちなみに、この構成だと489g+120g+465g+281g合計1355gにしかならんのよなぁ・・。

フルサイズボディ2台とレンズ2本なのに、一時期お散歩構成で考えていたNikon D7100(765g)+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM(810g)よりも軽いという・・(^^;

 

D810を買ったというのに、ますます一眼レフを持ち出す機会が減っていく気が正直しないでもない・・。

 

 



Tagged as: , No Comments
317月/140

α7S+SEL35F28Zで手持ちで夜景を撮影してみた。

先日購入したSEL35F28Zα7sに装着してカバンに詰め込み、仕事帰りに堺市役所の展望台から手持ちで夜景を撮影してみました。

ISO6400とISO12800で絞りがF4.0での撮影。

手持ち夜景モードを使用せず、普通に絞り優先モードで撮影しております。

 

α7S+SEL35F28Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL35F28Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

α7S+SEL35F28Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 12800 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL35F28Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 12800 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL35F28Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 12800 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL35F28Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 12800 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

ISO6400やISO12800になると流石に拡大すると夜空のノイズが気になりますが、それでもディティールがまだ破綻していないのは流石だなぁと。

三脚、リモコンを使った長時間露光じゃないので車のヘッドライトとかが幻想的にならないのがアレですが、手持ちでこれだけ写るのならば、三脚禁止の夜景スポット(お寺とか)やイベント(夜桜ライトアップとか)でも使えるよなぁと・・。

サイレントシャッターでシャッターショックをゼロに出来るのも手持ち夜景の強みかもしれません。

α7sは、私の中ではキングオブミラーレスカメラに認定された感があります。

取りあえずカメラ持って行っておこうかという時に、このα7s+SEL35F28Zの組み合わせを多用しそうな気がしますねぇ・・(^^;

 

277月/140

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Zを買ってみた。

D810を購入した時にポイントが38,000ポイントほど付きましたので・・

さて何に使うかと物色していましたら、SEL35F28Zの中古品の在庫が出てましたので、とりあえず購入しときました。

SEL35F28Z

 

フィルターサイズはSEL55F18Zと同じ49mmですので、MCプロテクターはVF-49MPAMを購入しました。

VF-49MPAM

 

といっても、SEL35F28ZのフードはSEL30M35と同様の形状でして、前玉を汚してしまう事は少なそうなのでMCプロテクターは不要な感じがしないでもない。

SEL35F28Z 内容物

 

この形状だとフードを付けたまま持ち運ぶのもまったく苦じゃなく、まさにボディキャップにするには最適なレンズですね・・(^^;:

SEL35F28Z フード装着状態

 

α7S+SEL35F28Zの図。

α7s+SEL35F28Z

DSC-RX1ほどでは無いですが、フルサイズのカメラとしては非常にコンパクトでビジネスバックにも十分忍ばせられますね。

これでOSSが付いていれば・・とは思わなくもないですけどねぇ・・。

 

 

とりあえず、手持ちのFEマウントレンズもSEL35F28ZSEL55F18ZSEL2470ZSEL70200Gと4本になりました。

α7sとSEL35F28Z、SEL55F18Z、SEL2470Z、SEL70200G

 

広角ズームのVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Zはもうすぐ発表されると信じていますが・・

それに加えて中望遠マクロのFE 100mm Macro F2.8 OSS SEL100M28とか出てくれると言う事ないんですけどねぇ。

 


257月/140

Nikon史上最高画質という話のD810を買ってみた。

α7Sを購入した当日に発表されたD810

流石に立て続けにボディ買うのも・・と思ったのですが、とりあえずニコンダイレクトだと発送直前までキャンセル可能という事で予約をしました。

3年安心サポートスペシャルが付いて、5%のポイントが付いて348,300円とニコンダイレクトにしては他の販売店とほぼ同等の金額であったのも理由の一つでした。

ですが、予約後にD800ED7100を結構良い値段で処分していたのにも関わらず、D810の発売日が決まったと同時に何故か急に気持ちが冷めてしまって一度キャンセルしたのですよね。

キタムラのminapiraセールを使ったら、少なくとも28万円で買えるよなぁ・・とか、D800の中古がD810の半値位で買えるよなぁとか・・

まぁ、とりあえず少し様子見るかという形で一旦保留した訳です。

 

少なからず一度、ニコンプラザ大阪の展示機を触ってみないとなと。

 

で、触ってみた結果。

 

D800/D800E

カッシャーン

というシャッター音が

D810だと

クシュッ

という小さい比較的小さい音になっていたのと、背面液晶が画像を拡大表示してもぼやけないのが好印象でした。

 

仕様面では、FXの連射が4コマ/秒 → 5コマ/秒へ増加、DXの連射が6コマ/秒 → 7コマ/秒へと増加し、バッファもロスレス14bitRAWでFXで17コマ → 28コマ、DXで29コマ → 97コマと相当増えたことが相当好印象。

 

あとは画像処理エンジンがD4Sと同じEXPEED4になったのと、グループエリアAFにも対応した事も好印象ですね。

 

DXクロップでも1500万画素あるので小ささと軽さという点を除いてバッファの少ないD7100は要らなくなるねぇ・・。

場合によってはD810D4Sの出番を喰ってしまうのではないかと少し思ってしまい・・

 

で・・結局発売日出荷分で購入してしまっているというオチ。

D810

 

なんだかんだで、ポイントサイト経由やクレジットカードのボーナスポイントを考慮すれば実質29万円台になる計算になったのと・・

冬のボーナス一括払いが7/16から開始になってたのでねぇ・・

 .. .: ∬ ::::: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ∧_∧ . |||.: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
  ストン   /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
    ||| / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

 

 

同時購入品は、アクセサリーシューカバー(BS-1)です。

アクセサリーシューカバー(BS-1)

 

液晶保護フィルムはD800用が余ってたので、流用しました。

肩液晶のフィルムがD800用の方が若干小さいので、余ってるとかの理由がない限りはD810用を購入するのをおススメしますけどね・・(--;

 

開梱の儀

箱が小さくなっている事からも、梱包材が随分と簡素になっちゃってますね。

D810 開梱

 

アクセサリー用の白い箱が無くなってたり、ボディの回りのダンボールが薄くなってます。

輸送の関係上、少しでも小さくする必要もあるのでしょうけどねぇ。

30万もするカメラにしては梱包がチープですなぁ。

しかもアクセサリーシューカバー(BS-1)が別売だし。

ニコンもソニーに似てきたなぁ・・(--;

 

D810の内容物

D810 内容物

なんか少ないなぁ・・と思ったら、充電器の電源ケーブルが付属しなくなってるんですね。

まぁ、使ってなかったので構わないのですが、ココもコストダウンか。

 

まず最初に液晶保護フィルムを装着した後、ノーガードのアクセサリーシューに・・

D810 アクセサリーシューカバー付いてない

アクセサリーシューカバー(BS-1)を装着しました。

D810 BS-1装着

 

α6000もそうでしたが、使ってないときはカバーをしておかないとやっぱり落ち着かないのですよね。

ニコンの場合、ソニーよりかはカバーを手に入れやすいのと、価格が安いのがまだ救いですけど・・。

ケチすぎて泣けるわ。

 

製造国は事前の情報の通り、タイですね。

D810 製造国

 

これで、現行の国内生産品はDfD4Sのみという事ですね・・・。

まぁ、中国製に比べたら遥かにマシなのですが、正直なところ嬉しくはないです。

 

アイピースをいつも通りに接眼補助レンズ -3 のDK-17C -3 と 接眼目当て DK-19の組み合わせに変更し・・

D810 背面

バッテリーグリップ(MB-D12)とハンドストラップ(AH-4)とソフトラバーストラップ(AN-SNP001)に変更して取りあえず開封の儀は完了。

D810+MB-D12

 

で・・自宅で触ってみた感想。

 

冒頭に書いたシャッター音の小ささ、バッファの増加、等倍表示でもクッキリ見える背面液晶には好印象なままなのですが、

背面とメモリスロットカバーのラバーグリップがなんか手触りがよろしくない。

前面のグリップと素材が違うのか、妙に硬くて違和感があります。

なんかこのグリップの所為で安っぽくなったと感じます。

 

ファインダーに関しては、D800/D800Eのファインダーは他の機種よりも若干アンバー気味に感じて違和感があったのですが、D810はいたって普通になったと感じました。

 

画質に関しては、RAW撮りを基本にするのであればD800/D800Eと大差ないんじゃないかなぁと思うのですが、
最近ちょこっと騒がれている長時間露出に長秒時NRをオフにした時に白点が大量に出てくるという現象が解決しない限り、D800/D800Eよりはむしろ悪くなった印象があります。

全体的にみて良くなってる感があるのですけども・・

一部些細なスペック劣化もあるのと、白点問題で

 

なんか・・盛大にケチついちゃいました感があるなぁ・・(--;

 

ファームアップレベルで修正されたとしても、隣合ったピクセルから補完して塗りつぶす程度の修正になる気がしなくもない。

三脚でじっくり撮影派の人は、ライブビューの表示大幅改善・シャッター静音化などのよくなった点と白点問題を天秤にかけて、買い替え判断が難しい状況になっちゃいましたねぇ。。

 

とはいえ、D800/D800Eでシャッター音と連続撮影枚数とライブビュー表示の3点のうち1つでも不満で仕方ないという人は是非D810に買い替えてください。

これに関しては、きっと幸せになると思います。

それ以外の人は、買い替える必要無いかなぁ・・。

D800/D800Eと写りは大差なさそうなので、下取り+15万でD810に買い替えよりも新しいレンズ1本買うほうが幸せになる気がします・・(--;

 




Tagged as: , No Comments
197月/140

α7S用に宮本製作所のニコンF(G対応)-Eマウント変換アダプタのRAYQUAL NFG-SαE.T(三脚座付)を買ってみた。

α7Sを購入してから、FEマウントの広角ズームSEL1635Zをまだかまだかと待ち望んでいましたが、ふと・・

我が家には、広角ズームレンズで至高の一品であるAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDがあるじゃないかと気づき、ニコンFマウント(G対応)のマウントアダプターを物色しました。

 

で、購入したのが、宮本製作所のRAYQUAL NFG-SαE.T(三脚座付)です。

RAYQUAL NFG-SαE.T

ちなみに三脚座が付いていないバージョンのNFG-SαEの方が数千円安いのですが、
基本的α7Sよりもレンズの方が重たいので、三脚を使うときには、マウントアダプタの三脚座の方が何かと負荷かからなくて良いだろうなぁという理由でNFG-SαE.Tを購入した次第。

 

あと、Gタイプ対応のFマウント-Eマウント変換アダプタはいくつか発売されていますが、ノーブランドの安いもので数千円、宮本製作所のRAYQUALやMETABONESなどブランドの高いもので2万円程度となっています。

電子接点も付いていないちょっとした筒なので、レンズが付けばいいじゃないと安い方を買うのもアリと言えばアリなのですが・・

 

基本的に値段の差は加工精度の差です。

 

あまり安いものを買うと、無限遠が出ないとか、マウント金具の精度が悪くてボディやレンズのマウントを痛めるとかもあり得ますので注意が必要です。

どうしても安めに済ませたい人には、少なくともKIPONのアダプタを購入するのをおススメします。

数千円をケチって高いボディやレンズを傷つけては身も蓋もございませんので・・。

 

RAYQUAL NFG-SαE.Tの三脚座は本体に固定されている為、外れません。

RAYQUAL NFG-SαE.T 正面

 

レンズの絞りはマウントアダプタの真ん中についている絞りコントロールリングで操作します。

RAYQUAL NFG-SαE.T 絞りコントロールリング

 

数字毎にクリック感があり、数字は1絞り毎に刻まれているそうですが、レンズによって多少の差があるらしく、正確ではなくあくまでも目安との事。

ニコンFのアダプタは電子接点が無いので、絞り値と焦点距離がEXIFに残らないのが厳しい所ですねぇ・・。

この辺はキヤノン使いの人がうらやましいと思います。

 

流石に2万円を超えるアダプタだけあって加工精度は素晴らしいです。

RAYQUAL NFG-SαE.T 裏面

 

ボディ・レンズの取り外し共に非常にスムーズです。

それでいてガタもなくしっかり固定されています。

 

なお、RAYQUAL NFG-SαE.Tにはリアキャップが付属していますが、フロントキャップが付属しておりません。

なので、ニコン純正のテレコンバーターキャップ(BF-3B)も購入しました。

テレコンバータキャップ

ちなみにニコン純正のボディキャップを付けた場合は、スカスカで固定されませんのでご注意を。

NFG-SαE.Tとテレコンバータキャップ

 

で、早速α7SAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを取り付けた図。

α7S+NFG-SαE.T+AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

 

α7Sで広角撮影楽しめるぜヒャッハーな状態ではあるのですが、やっぱりEXIFが記録されないのは結構面倒ですね。

レンズ名・焦点距離・絞り値は、いままで当たり前のようにあとでEXIF見ればイイやな感じだったので、不便。

 

絞り値は無理でも、レンズ名と焦点距離だけでもEXIFで記録されていればLightroomでレンズ補正が出来るので助かるのですが・・。

電子接点付のアダプタでないかなぁ・・・(--;