果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

37月/150

FE 28mm F2 SEL28F20とフィッシュアイコンバーター SEL057FECを買ってみた。

最近投稿する時間もままならない状況でしたが、ようやく少し仕事が落ち着いて中休みになりつつあります・・。

まぁ、また8月から忙しくなる予定なんですけどねぇ・・。

で、撮影にはほぼ出かけられていませんが、機材だけはまた増えてます・・(--;

とりあえずは、FE 28mm F2 SEL28F20とフィッシュアイコンバーター SEL057FECを購入しました。

SEL28F20とSEL057FEC

 

両方ともソニーストアで予約して発売日(SEL28F20は4月17日、SEL057FECは5月22日)には手元に来ていたんですけども・・。

 


ソニーストア

 

開梱したのはごく最近・・(--;

 

ちなみにSEL28F20は特に欲しかったわけでもなく、フィッシュアイコンバーター SEL057FECが本命。

VCL-ECF1の時にフィッシュアイの楽しさを感じてしまったので、FEマウントのフィッシュアイの登場をまだかまだかと待ちわびてましたが・・

出てきたと思ったら、またコンバータータイプかい・・という事で渋々セットで購入する事に。

なお、広角レンズとしてSEL1635Zを持っているので、ウルトラワイドコンバーター SEL075UWCはまったく興味なしだったりします。

 

SEL28F20はポーチが付属していませんでしたが、SEL057FECには付属していました。

SEL28F20とSEL057FECの中身

そういえば、VCL-ECF1はポーチじゃなくてケースでしたね。

個人的にはこの類のアダプターにはケースの方が有りがたいです。

 

 

まぁ、箱の大きさから察することが出来ますが、SEL28F20よりもSEL057FECの方が巨大で重いです。

SEL057FEC

なにせSEL28F20が200gなのに対して、SEL057FECは418gと倍以上の重さです。

ドッキングするとこの様なフロントヘビーなフィッシュアイレンズとなります。

SEL28F20とSEL057FECをドッキング

 

α7m2に装着すると、これまた結構な大きさとなります。

SEL28F20+SEL057FEC+α7m2

SEL16F28+VCL-ECF1の組み合わせとはまったくの別物。

 

大きさ的にはSEL1635Zと同じ位かなと。

SEL28F20+SEL057FECとSEL1635Z

ただ重さはSEL28F20+SEL057FECの方が100gほど重かったりしますが・・。

 

 

ちょっと使いにくいかなぁとは思うものの、SEL16F28+VCL-ECF1よりも写りは良さそうな感じです。

SEL16F28+VCL-ECF1の時は解像はお察しってレベルでしたが、SEL28F20+SEL057FECは解放F3.5の時は周辺にパープルフリンジが出たりしますが、絞れば劇的に改善され、SEL16F28+VCL-ECF1より遥かに解像するみたいですね。

まぁ、金額もなんだかんだでセットで8万円もしちゃうわけですが、お遊びで使うようなコンバーターレンズじゃないよという感じ。

個人的には写りを重視してくれたのは嬉しいですが、やはり大きいし、重たいし、何より高いなぁ・・というのは感じますね。

 

これだけ大きくて重いとちょっと使うかもしれないから・・で持ち出すには厳しい。

Aマウントアダプター持ってるなら、設計は古いですが16mm F2.8 Fisheye SAL16F28を買うのもありかなぁとも思わなくもないですねぇ・・。

というか、コンバーター形状にしなかったらもっと小さく軽くなるんじゃねぇのとは素人ながら思っちゃう次第。

 

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

No trackbacks yet.