果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

215月/150

iPad Air2をMacBook Pro 15 Retinaで同期しながら充電する為に、Anker AH240 USB3.0 7ポートHUBを買ってみた。

先日購入したiPad Air2 128GBですが、MacBook Pro 15 Retina(MGXA2J/A)を母艦にして同期させてます。

 

で・・

 

MacBook Pro 15 Retina(MGXA2J/A)の明らかな弱点はUSBポートの少なさじゃないかと。

両側に1ポートずつの計2ポートしかありません。

なので、必然的にUSB3.0対応のHUBを購入する人が多いのではないかと思います。

まぁこう書くぐらいだから私もそういう理由で、HUBをすぐに購入しました。

 

で・・

 

ACアダプタ付のセルフパワーHUBを買っておけば電力不足とかも起きないだろうと思っていました。

まぁ、繋ぐのがポータブルUSB HDD程度であればどんなACアダプタ付のセルフパワーHUBでも大丈夫なのですが・・

 

iPadの充電はNGなものが殆どです。

 

iPadの充電対応を謳っているものでも・・

充電用ポートの1ポートのみで、かつPCとの接続が解除されている時のみに充電対応・・

なんて書いている品物も結構あります。

 

て、いうか家電量販店で売ってるようなiPad 充電対応のセルフパワーUSB HDDは殆どそうなんじゃないかなぁと。

 

まぁ、USB HUBで充電出来ればイイやという目的であればそういったHUBを買えばいいのでしょうが・・

 

HUB経由でMacBook Pro Retina 15に接続して同期しながら充電するんだ!!

 

を実現できるHUBが中々なかったりします。

 

その数少ないHUBの一つがTranscendのTS-HUB3KというHUB。

一般的なセルフパワーHUBと同じ位の価格なのが魅力ですが、ドライバのインストールが必要な上、iPad同期・充電対応ポートが1ポートです。

 

で、TranscendのTS-HUB3Kよりも優れた仕様なのが、Anker AH240 USB3.0 7ポートHUBです。

Anker AH240

 

価格はTranscendのTS-HUB3Kよりも2,000円ほど高いですが、このAnker AH240 USB3.0 7ポートHUBはドライバ要らずで全ポートでiPad同期・充電が可能です。

まぁ、その分巨大なACアダプタが付いているのですけども。。(横は大きさ比較用のタバコ)

 

AH240 中身

HUB側のUSBポートは標準Bタイプのモノ。
マイクロBよりも堅牢性があって好印象です。

AH240 背面

 

ACアダプタは出力が12V 5Aのものが付いています。

AH240付属のACアダプタ

 

で、マニュアル。

AH240 マニュアル

 

このHUBの凄いところ・・

各ポートは、BC1.2充電に対応(最大1.5A)しておりPCとの非接続時は2Aの高速充電が行えます。

そして、各ポートでの合計出力は最大10Aと他のセルフパワーHUBと比べても非常に高性能です。

まぁiPadで言えば5台同時に充電出来る位の出力があるわけですね。

 

なので、iPad Air2 128GBiPhone 6 Plusの同時接続かつ同期・充電もなんのその・・

さらにウォークマンもモバイルバッテリーも充電しちゃうぜ・・的な使い方も余裕。

 

Anker AH240 USB3.0 7ポートHUBを買ってからUSB-AC変換アダプタなんて不要になりましたよ・・。

おかげさまで電源タップがすっきりしました。

ほんと超おススメ。

 

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

No trackbacks yet.