果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

308月/140

平城京天平祭 2014に行ってみた。(α7S)~その1~

2014年8月30日に平城宮跡で開催されていた平城京天平祭 2014に行ってまいりました。

ライブとか夜店とか色々な催しものが行われていましたが、我々の目的はぶれることなくイルミネーションイベントです・・(--;

持って行った機材はα7Sα7RSEL2470ZSEL70200GSEL35F28ZSEL55F18ZUT-43Qでした。

その中で使用したのが、α7S+SEL2470Zα7R+SEL55F18Zという感じ。

今回はα7S+SEL2470Zでの撮影分です。

 

念のため持って行ったトラベル三脚なUT-43Qですが・・・

がっつり三脚使ってる人もいましたが、三脚ご遠慮アナウンスも聞こえたような気がしたので今回は使用しませんでした。

 

なので、今回はオール手持ちでの撮影です。

 

ていうか、UT-43QSEL70200Gをもっていかなかったらもっと楽に動けたのにと後悔・・(--;

 

18時過ぎに大和西大寺に到着し、同行者と合流。

大和西大寺より平城京跡まで無料送迎バスが出ていましたが、当然ながらぎゅうぎゅう詰めでかつ、あまり本数が無い模様。

まぁ徒歩20分位なので普通に歩いて現地に行きました。

 

現地に行ってまず思ったこと・・。

 

想像以上に繁盛してました。

FM OSAKA Fantastic LIVEとシルクロード・フードコート&夏の夜市が・・・(--;

 

あわよくばなんか食うか位のノリはあったのですが、ちょっとキツイなぁという感じな混雑。

イルミネーションイベントも大丈夫かコレ?という感じではあったのですが・・

一部を除いて意外に普通に落ち着いて撮影が出来る状況ではありました。

 

まぁ、その一部ってのがちょっと見てみたいなぁと思っていたものでもあったわけですが。。。

 

で・・まず到着して撮影を開始したのが、第一次朝堂院で展示されていた「夜空に煌めく四神・ミラーボーラー」です。

到着して撮影した夜更け前と日没後の2回撮影しました。

 

ちなみに四神とは、青竜、朱雀、白虎、玄武でして、それぞれ司っている方位、季節、象徴する意図があるとのこと。

 

まずは青竜・・

四方が東、四季が春、四色が緑(青)

α7S+SEL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[38.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[38.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

続いて朱雀・・

四方が南、四季が夏、四色が赤(朱)

α7S+SEL2470Z 焦点距離[49.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[49.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

続いて白虎・・

四方が西、四季が秋、四色が白

α7S+SEL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[46.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[46.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

最後に玄武・・

四方が北、四季が冬、四色が黒(玄)

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[44.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 2500 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

後方にうっすらサーチライトが写ってるなぁ・・的な

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

おまけで、朱雀からみた全景。

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 4000 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 4000 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

 

四神の次は大極殿に向かいました。

 

で、これが落ち着いて撮影できなかった一部の場所である、第一次大極殿前ステージです。

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

19時45分から高千穂の夜神楽が催されるので、ここでSEL70200Gを使って。。とか思ってたのですが・・

ステージの高さが低すぎて、脚立でもないと前から3列位でも普通に見ることすら出来ない状況になってました。

至る所で見えないと声が上がってるのを聞いてテーマは良いのに、正直ダメイベントな感じでした。

 

そして燈花会@大極殿です。

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/6秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/6秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/8秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/8秒 ] ISO [ 3200 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

正面は人いっぱいでしたが、両サイドまで来ると落ち着いて撮影できます。

といっても最前列はなぜか誰か座ってる状況でしたけど・・(--;

 

 

で、第一次大極殿と第一次朝堂院の間にあるスペースで展示されていたのが、「五色の光芒サーチライト」です。

人が疎らですので、ここ位は三脚使ってじっくりとっても良かった気が・・

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

α7S+SEL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F4.0 ] 絞り優先AE

 

ちなみに両サイドに5台ずつ設置されており、サーチライトが上空では1点に交わってました。

まぁ・・手持ちじゃ撮れないので撮ってませんけど・・。

 

残りは、朱雀門の「一期一会の極彩 デジタル掛軸」ですが、それはまた次回に・・

 

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

No trackbacks yet.