果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

285月/100

Phenom II X6 1055Tを買ってみた。

最近ゲームをする時間もなく、特にWebを見るだけぐらいだったので、
メインPCをCore i7-930からPhenomII X6 1055Tに替えてみました。

で、マザーボードは890FXとかじゃなく、GIGABYTEの790FXのUSB3.0 SATA6G対応なGA-790FXTA-UD5です。

在庫処分で、新品が12,800円で売ってたので、CPU同時購入1,000円引きにて11,800円で購入。
公式ページでβBIOSでX6に対応していたので、890FXには手をだしませんでした。

ぶっちゃけ、動けばいいやな気分でしたしね。

グラフィックカードには、HISのH577Q1GDの中古品 13,800円。
中古とはいえ、全然問題ないほどの美品でした。

ゲームやんないからといいつつ、この辺のを選ぶところが、思いっきりの足らない所か(笑)
5570とかでも問題ないんだろうけどね・・。

メモリはクレバリーで特売になってた、GeILのGV34GB1333C9DC(9,450円)を2つ。

という感じで変更点を書くと以下の通り。

CPU:Core i7-930 → PhenomII X6 1055T
マザー:GIGABYTE GA-X58A-UD7 → GIGABYTE GA-790FXTA-UD5
メモリ:PATRIOT PSD36G1600KH 2個 → GeIL GV34GB1333C9DC 2個
グラフィック:ASUS EAH5870/G/2DIS/1GD → HIS H577Q1GD
という感じ。

ヤフオクで替えたパーツは処分したので、手数料支払ったとしても4万円ほど手元にお金が戻ってきました。

戻ってきたお金は、、

自転車に注ぎ込まれてる訳で・・(笑)

とまぁ、それはさておき。

さっくりと中身を入れ替え、別のPCでβBIOSをダウンロードしておき、USBメモリ経由でアップデート。

無事にPhenomII X6 1055Tが認識されましたが、、

RAIDアレイが作成後に再起動するとOFFLINEになる事象に苦しめられました・・。

はて・・?
と試行錯誤していると・・

どうもSATA6Gを有効にしていると、RAIDがOFFLINEになる事が判明。

DISABLEに切り替えて、アレイを再作成すると、問題なく認識されました。

βBIOSがダメなのか、PhenomII X6 1055Tがダメなのかは分りませんが、一応この板の仕様っぽいなぁと。

Windows 7 のインストールも、ドライバDVDからRAIDドライバを組み込めば問題なく終了しました。

性能的には、Core i7-930からだとベンチマーク上では落ちるんでしょうが、ごくごく普通な用途であれば速度差なんて感じない(笑)
むしろ、色々と速い気がします・・Windows 7入れた直後だからかもしれませんが・・。

ゲームもWUXGAのフル設定にしなければ問題なくプレイ出来るくらいの性能はH577Q1GDにはあるでしょうし、
いい感じにダウングレードが出来たなぁって感じです。

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

No trackbacks yet.