果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

258月/120

Radeon HD 7970なXFX R7970 CORE EDITION FX-797A-TNFCを買ってみた。

グラフィックボードは一昨年の12月に周回遅れ気味に、HD5850のRH5850-E1GHW/HD/DP/G2を購入して使っていました。

まぁ、これでも普通にゲームをする分には特に問題が無い位のスペックがあるのですけど・・。

そもそもRH5850-E1GHW/HD/DP/G2を購入したのは、キューブ型ケースに入りそうなボード長の短いモノの中で一番性能が良さそうだったからなのですが、

ケースをSilverStoneのSST-TJ08B-Eに替えた事で、そういう事も気にする必要が無くなりました。

で、先日The Elder Scrolls V: SkyrimがSteamでセールで半額で売られていたのを購入してしまいました。

そうなると・・

描画設定を最高にしたいし、高解像度テクスチャMODとかも使いたいよねぇ・・なんぞ思うのも自然な話・・。

という事で、発売から半年経って値段がこなれてきた最新のGPU Radeon HD 7970が搭載されたXFX R7970 CORE EDITION FX-797A-TNFCを買ってみた次第。

まぁ、新品じゃなく極上中古品という品でしたが・・。

とりあえず搭載メモリ3GBって・・

凄いなぁ・・今のグラフィックボードと思っちゃいます。

内容物は、いたってシンプルでした。

 

ちょっと困りモノだったのが接続端子。

DVI端子が2個無い・・

DisplayPortが2個あるのはイイのですが、Mini DisplayPortになってしまっている事。

今までは、DELL U2410の2台に対してDVIとDisplayPortで接続していたのですが、Mini DisplayPortケーブルが無い為、とりあえずHDMIで接続する事にしました。

まぁ、三画面にする事も設置スペース的にはありえないので、なんとかなるのですけど。

 

XFX R7970 CORE EDITION FX-797A-TNFCRH5850-E1GHW/HD/DP/G2のボート長の比較はこんな感じ。

約50㎜の差があります。

で、50㎜伸びたらどうなるのか・・

SST-TJ08B-Eに問題なく入るのか・・

装着してみた画像がこちら・・

全然問題無いですね、はい。

 

SST-TJ08B-Eは、HDDマウンタに余裕が無い以外はホント優秀なケースですわ・・・。

 

ちなみに性能向上的には、3Dmark11で言うとHD5850とHD7970では、ほぼ倍のスコア差があります。

HD5850の場合、PES2012の最高設定でたまにスローになるのに対して、HD7970ではヌルヌル動きます。

流石、半年前のシングル最高性能ボードという所。

もうすぐPES2013も発売されるようなので、非常に楽しみにしとります。
 

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

No trackbacks yet.