果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

194月/120

和歌山県(串本)に撮影旅行に行ってみた。その4(D800)

2012年 和歌山撮影旅行~その4~です。

撮影機材は、NG W5070D800+MB-D12AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIKenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。

 

海金剛‐樫野崎灯台‐橋杭岩と周った後、ホテルにチェックインして休息。

素泊まりの1泊5,000円の12平米位の洋部屋を予約していたのですが、空きがあったのか12帖以上あろうかと思われる和室を用意していただけました。

今日は、かなり海風にさらされたので、機材表面を濡れタオルで拭き、レンズはレンズクリーナーで清掃しておきました。

で・・

2日目

宿泊してまで串本に来たのは、朝日と橋杭岩を撮影したかったからなのですが、2日前は晴れ予報だったのが、気が付けば雨予報・・。

こりゃ、朝日無理かなぁ・・と思いつつ朝5時に起床。

部屋の東側に窓があった為、朝日が見えるか確認したところ・・

雨は降っていないが、水平線のかなたは厚い雲があるせいか、朝日は見えませんでした。

で・・しばらく経ったのち

少し雲の切れ間が出来ており、朝日がうっすらと見えるようになってきたので、急いでフロントにキーを預けて、橋杭岩に向かいました。

今回は全て、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDでの撮影でした。

逆光という事もあり、シャッタースピードは稼げるのでVRなくても大丈夫なはず・・という理由。

海浜公園に到着した時の様子はこんな感じでした。

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[56.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

それなりの角度まで上がってますので、赤くはなくなってました。
部屋から見たときはまだ赤かったのですけどねぇ・・。

 

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[27.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

 

ちなみにゴミみたいに空に写っているのはカモメかと思われ・・。

 

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[38.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

 

雲一つない快晴よりも、多少曇り空の方が様々な表情が写しだされるので好きだったりします。

浅瀬の静かな湖面と遠くに見える水平線、そしてそびえ立つ橋杭岩が朝日を浴びて素晴らしい風景でした。

これこそ早起きは3文の得ってヤツですかねぇ・・。

 

1時間ほど撮影を堪能したのち、ホテルへ帰還。

意外にも天気は持ちそうなのかなぁ・・という感じでしたので、那智勝浦まで電車に乗って行ってみる事にしました。

 

続く・・

 


Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

No trackbacks yet.