果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

510月/110

高感度番長との名高いNEX-5Nを買ってみた。

α77がなんか望んでるモノと違うなぁ・・と思ってる状況でNEX-7まではまだ先がある今日・・。


α77レンズキットを買わないのであれば、NEX-7のレンズキット買っても6万円程あまるなぁ・・・と思い・・



NEX-5Nを買ってみた!





購入したのは、NEX-5NDのブラック。
お値段は64,800円と。


NEX-5の値下がりよりも早い感じで値段が落ちていますが、このNEX-5Nは各レビューサイトで絶賛なカメラです。


なんでも、この価格帯では他を圧倒する高感度画質を誇るというお話。


高感度撮影時のノイズに関しては某フルサイズ機よりも少ないという事・・。


フラッシュが内蔵でない、NEX-5シリーズでは、高感度に強いというのは非常に助かる話。
つけるのもめんどくさいですし・・
なんせ、別売の外付けフラッシュでもガイドナンバー20までのHVL-F20Sしかない状況ですしねぇ・・。


もう一つ、購入に踏みいったのは、液晶がタッチセンサーであること。
メニューの操作はもちろんの事、AFポイントもタッチで指定する事が出来ます。


これが非常に便利で、普通にEマウントレンズでAFで撮影する時も楽なのですけど、特にマウントアダプター(LA-EA1)でAマウントレンズを使うときにイイ。


まぁ、SSMやSAMなレンズであれば、くっそ遅いAFを使う事が出来るのですが・・マウントアダプター(LA-EA1)使用時では基本的にMFでピントを合わせます。
NEXの場合、MFをするとMFアシスト機能で拡大されるのですが、以前までは拡大されるポイントは背面のキーで操作していた訳で・・


これが、文字通りワンタッチでポイントを合わせられる・・。



すげぇ楽。



と、NEX-5Nは結構いい感じでバージョンアップされちゃってる訳ですね。


今回の同時購入品は液晶保護フィルター プロガードAF for SONY α NEX-7/5N/C3/5/3 α 55/33





値段は1000円弱とちょっとお高いのですが、フィルターが2枚付いている事とゴミ取り用のシートなどのオマケが付いてきます。
NEX-7にも使えるなら、この際買っといたら良いよね~という感じ。


あとは、Kenkoの握 カメラグリップ 黒を購入。





Aマウントボディには純正のハンドストラップのSTP-HS1AMを使っていましたが、まぁ高いので・・今回は安めの握 カメラグリップ 黒をチョイス・・。


これに以前購入していたボディケース(LCS-EB50/B)とSEL18200を組み合わせた結果がこんな感じ。





まぁ、NEXのコンパクトさが目に見えて無くなってますが、ホールドはし易いのデス・・。


ちなみに、SEL18200をNEXに取り付けた時は、NEXボディよりも下にSEL18200がはみ出すのですが・・





ボディケース(LCS-EB50/B)を付けると比較的はみ出さずフラットになったりします。


なんとなく、バランスが良くなった感じがします・・。
まぁ、この組み合わせだと、ハンドストラップの留め具がはみ出しちゃってるのがアレですけどね・・。


後、購入したいのが外付けEVFファインダーのFDA-EV1Sなのですが、ソニーストアが予約不可状態で何ともな状況・・。


ソフマップに売ってるのは見ましたが、ソニーストアに比べるとクーポン分まるまる高いので中々踏ん切りがつきませぬ。


追加生産を早くなんとかして欲しい所です。


で、NEX-5Nの写りですが、RAWで撮った画像に関しては、確かにNEX-5よりも良くなっていますが、期待が大きかった分、アレ?こんなもんかなといった感じでした。


ですが・・



JPEGの撮って出し画像が凄い良くなってます。



これは、BIONZのバージョンアップが非常に上手くいったと見るべきなのでしょうか。


この1600万画素の新型センサーが抜群に良いのだと思っていたのですが、そうではなくBIONZの性能向上に依るものが大きそうです。


とすれば・・この新型BIONZを搭載しているα77NEX-7の画質も実は・・なんて思っちゃうのですが・・


ん~~~


ソニーストア



広角27mmから望遠300mm相当(*)までの撮影領域をカバーする、11倍の高倍率ズームレンズ
* 35mm判換算
落下や水ぬれの際にも無料で修理が受けられる長期保証<3年ワイド>を無償でご提供!




Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

No trackbacks yet.