果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

299月/110

長居植物園でコスモスを撮影してみた(NEX-5+VCL-ECF1)

NEX-5SEL18200での撮影が今日の目的だったのですが、コスモスの開花が非常に疎らだったので少し遊んでみようかと思い、フィッシュアイコンバーター(VCL-ECF1)を使ってみました。


で、散歩も兼ねて撮影対象を植物園内全体に広げてみました。



NEX-5 VCL-ECF1 シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE



NEX-5 VCL-ECF1 シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE



NEX-5 VCL-ECF1 シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE



NEX-5 VCL-ECF1 シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



NEX-5 VCL-ECF1 シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


ここからコスモスに戻ります・・。



NEX-5 VCL-ECF1 シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



NEX-5 VCL-ECF1 シャッタースピード [ 1/1250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



NEX-5 VCL-ECF1 シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



やはり、フィッシュアイコンバーター(VCL-ECF1)は非常に面白いオプションですね。


写りとしては、4隅の色かぶりや偽色が気になる点でしょうか。


とはいえ、今のNEX-5の価格でプラス1万円程度でこの画角が遊べるというのは中々。
ローアングルから煽ってみる事で、非常に面白い構図で撮影出来ます。


NEX-5(287g)+SEL16F28(67g)+フィッシュアイコンバーター(VCL-ECF1)(150g)と合計500gちょっとという軽さは魅力的。
これにウルトラワイドコンバーター(VCL-ECU1)(125g)とSEL18200(524g)を加えて、約1.2kgといった感じ。


これ位の重量なら登山などのアウトドアのお供としても十分に使えると思います。
魚眼、超広角から35㎜換算300㎜の望遠までの撮影がAPS-Cの画質で楽しめ、かつパノラマ撮影なんてのも出来るのですから・・


もうすぐNEX-7も発売されますが、あの高画素センサーでフィッシュアイコンバーター(VCL-ECF1)とウルトラワイドコンバーター(VCL-ECU1)の使用時にどのような写りをするのか気になる所です・・。


ソニーストア



E16mm F2.8に装着するだけで、10mm F2.8の対角線魚眼レンズと同等の写真を撮影可能


Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

No trackbacks yet.