果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

2912月/120

SONYのヘッドマウントディスプレイ HMZ-T2を買ってみた。

今年も無事ボーナスが出たので、気になっていたSONYの3Dヘッドマウントディスプレイ HMZ-T2を買ってみました。

元々は去年のHMZ-T1を発売日に買うつもりでいたのですが、予約に出遅れ入荷未定が続き、価格も高騰していたので見送っていました。

で、HMZ-T2が発売されてHMZ-T1も価格が下落していったので、そろそろHMZ-T1を購入しようかと思ったのですが、
世間の評価を見るとやはりHMZ-T2の方が良いという声が大半でしたので、HMZ-T2をソニーストアで買ってみた次第。

ソニーストア

たしか、HMZ-T1の時はソニーストアで購入しても、3年ワイド保証が非対象だった気がします。
HMZ-T2は3年ワイド保証の対象ですので、ソニーストアで10%OFFクーポンとワイド保証無料クーポンを使うと結構お得ですね。

内容物はこんな感じで・・

本体は、軽量にする為にプラスチック感が丸出しなので、値段の割には若干チープに思えます。

ゴム製のライトシールドが本体の上下に付けられるのですが、下の方がちょいと外れ易いです。

眼鏡を付けて装着しようとすると、下のライトシールドが邪魔になるので、上だけ装着しました。

あと、おでこパッドも付いているのですが、、非常に薄く効果があるのか疑問な感じ。

 

HMZ-T1HMZ-T2で決定的に変わったのが、ヘッドホン部分。

HMZ-T1はヘッドホンが内蔵されていたのが、HMZ-T2では本体には付かなくなり、代わりにイヤホンジャックが搭載され、付属品として、MDR-EX300相当と思われるイヤホンが付属しています。

ヘッドホンやイヤホンを自由に選べるようにしたのは相当有り難い変更点であると思います。

 

HMZ-T1の時は、改造と称して、ヘッドホン部分を切り落としたりしている人もいた位で・・

映像はHMDだけど、音はホームシアター 7.1CHで映画を見たいんだという人も居た訳ですし、ユーザに選択権を持たせてくれる方が何かと有り難いですよね。

 

ちなみに我が家では、ヘッドホンはワイヤレスサラウンドヘッドホン MDR-DS7500を使用しています。

まぁ、映画を見るのが基本的に深夜が多いので、ヘッドホンを使うしかないんですよねぇ・・。

 

あと、変わった点といえば、ピント調整が左右独立して出来る様になった事でしょうか。

これも結構大事な変更点だと思います。

HMZ-T1を持っていないのでアレなのですが、これ左右独立して調整出来なかったら不便だろうなぁ・・とHMZ-T2でポジション調整していて思いました。

意外と全域にピント合わせるのがシビアなんですよね・・。

 

で、結線について・・

PS3BDZ-AT950WMDR-DS7500KDL-40EX720HT-FS30HMZ-T2を加えます。

以前の接続はこんな感じで

KDL-40EX720】-HDMI-【HT-FS30】-HDMI-【MDR-DS7500】-HDMI-【PS3&BDZ-AT950W

別途でKDL-40EX720から光デジタルケーブルでMDR-DS7500に音声出力出来るようにしていました。
MDR-DS7500でテレビの音声を聴きたい時は、HT-FS30の電源を切ればOKという感じ。

 

この接続を、以下のように変更します。

KDL-40EX720】-HDMI-【HT-FS30】-HDMI-【HMZ-T2】-HDMI-【MDR-DS7500】-HDMI-【PS3&BDZ-AT950W

こうすれば、私がHMZ-T2PS3なりBDZ-AT950Wを使用してても、嫁はKDL-40EX720HT-FS30でテレビ番組が見れるハズ・・。

で、KDL-40EX720PS3BDZ-AT950Wを使いたくても結線を弄らなくていいハズ。

 

と思ってたら思わぬ罠。

HMZ-T2を間に入れると、KDL-40EX720PS3BDZ-AT950Wからの映像が映らない。

HMZ-T2の電源が切れてるのにかかわらず・・・。

で、よくよくHMZ-T2のプロセッサユニットを見てみると、PATH THROUGHと書かれてる所のLEDが点灯していない事に気づく・・。

もしかして・・・

 

デフォルト設定は、HDMIパススルー無効ですかい・・。

 

とりあえず、HMZ-T2の電源を入れて、HDMIパススルーだけを有効にして、電源OFF・・

PATH THROUGHと書かれてる所のLEDが点灯し、KDL-40EX720PS3BDZ-AT950Wの映像が映った・・。

いやぁ・・HDMIパススルーがデフォルト無効だとは思わなかったなぁ・・・

という罠がありましたが・・

 

気を取り直して、事前に購入していたアバター 3Dブルーレイ&DVDセット(2枚組) をHMZ-T2で視聴してみました。

 

部屋はカーテンを閉めて照明を消して、ほぼ真っ暗な状態。

下のライトシールドを付けていないので、下に目を向けると手元は確認出来る状態でした。

この状態で、布団に入って仰向けで視聴しました。

 

仮想視聴距離20mで750インチ相当の映像というフレコミですが、

 

これはまんざら嘘じゃないなぁと

 

ただし、完全に視界から光を遮る必要があり、明るい場所で観てると目の前に大き目な液晶モニターな感じになっちゃいますけどね。

 

HMZ-T2で観るアバター はクロストークの発生や、映像が暗くなる事がなく、非常に鮮明で美しく・・。

 

スゲェの一言。

 

なにより、寝転がって3D映像が見れるってのがスゲェ。

バイザーは付けなきゃいけないけども、体勢を自由に出来るってのが、HMZ-T2の良い所。

 

この季節・・お布団で映画最高!!

 

ただし・・1時間を過ぎた頃からオデコが異常に痛くなるのがイタダケナイ・・。

オデコの血流がすこぶる悪くなって痺れてくる感覚が・・。

ヘッドバンドとかで保護しないと、映画1本観切れない感じですね。

 

でも、コレは買ってよかったと思える一品でした。

合わない人もいるんでしょうけど、私にはHMZ-T2は今年一番のヒット商品かと。
 
ソニーストア
 


2112月/120

D3SとD800を売ってD800Eを買ってみた。

12月7日・・

前投稿のSEL35F18と同じ日に我が家に届いたモノがあります。

Nikon D800Eでございます。

 

D800を購入してからずっとD800Eは気にはなってたんですけど、D3Sを買ったし我慢しようと思ってました。

 

D800D3S持ってて何が困るんだと。

 

と、言い聞かせてました。

まぁ、困る事といったら重くてかさ張るので2台同時には持ち出せんという事でしょうか。

その2台同時には持ち出せんという事と、結婚してからあんまり撮影に出かけられんというのが重なり、両機とも使用頻度がめっぽう減ってました。

で、最近はNEX周りでお金をつぎ込んでいたので、少し金策をするという意味合いでD800D3Sのどっちかを売ってしまうかと思ったのですが・・

ただ売るだけじゃぁ・・何か寂しいと。

 

ここで、両方売ってD4購入だ!

 

なんてなっても、追い金発生するだけで意味もない事ですから、2台とも売って前々から気になってたD800Eを購入するというのが自然な流れかなと・・。

D800Eはガンガン連射しなけりゃ、現時点ではニコンで最高の機種だと思いますしね。

 

DXクロップしても1,540万画素はあるので、ちょっと距離が欲しい時はクロップするか、トリミングするかで存分に対応出来るのもダメカメラマンの私には有難い話。

200㎜に1.7倍テレコンにDXクロップで、換算510㎜にもなるので、ぶっちゃけSIGMA 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMとか買わんでもいいんじゃね?という結論に。

 

んで、今回D800Eと同時に購入したものは、

 

ムック本「D800 & D800E プロはこう使う。 」と純正バッテリー(EN-EL15)。

 

ムック本「D800 & D800E プロはこう使う。 」は、最近の説明書からの延長な説明とレンズやオプションの説明がメインな粗悪なムック本ではなくて、
様々なシーンにおいて、D800D800Eならこう使えばよいと本当に具体的に記載されており、非常に参考になるムック本です。

D800D800Eを購入したらとりあえず買っといてもいいんじゃないという本です。

純正バッテリー(EN-EL15)は、本体付属も含めて2個しかなかったので、バッテリーグリップ使いの私にしたら、本当の意味での予備バッテリーとして購入です。
ローテーション出来ないと色々不便ですしね。

あとは、ハンドグリップはHSBKじゃなく、AH-4を付けました。

HSBKも私はそんなに悪くないフィット感でしたが、折角なのでより評価の良いAH-4を購入。

お値段もそれなりにしますので、流石の質感ですね・・・。

AH-4の方は、HSBKの手をはめるだけというのと違い、緩める締めるという動作が出来る分、調整はし易いですね。
ただ、バッテリーグリップを付けての使用だとHSBKの方がサイズの余裕があるかもしれません。

手の小さい私でも、バッテリーグリップ付きだとAH-4は相当キツク閉めないと調整バンドがベルクロに固定しずらいです。
気を緩めると剥がれます・・。

まぁ、バンドをベルクロに固定しなくても、そうそう緩まないようになってるようですので、多少ベルトが邪魔なだけですけどね。

にしても、D800Eを購入してから2週間も経とうとしてますが、このイルミネーションやら夜景が綺麗な時期に一切撮影に行けてないというのは悲しい話で・・
 


1512月/120

SONY E 35mm F1.8 OSS SEL35F18を買ってみた。

12月7日にソニーストアから荷物が届きました。

 

中身は、この日発売されたEマウント用レンズのE 35mm F1.8 OSS SEL35F18です・・・。

先だって発売された広角ズームレンズ SEL1018と共に待ちに待った換算52.5㎜となる標準単焦点レンズです。

ここ最近は、NEX関係の新発売ラッシュの為、ほんとソニーストアのお世話になる事が多いですね・・--;

 

フィルター径が49㎜なので、MCプロテクターはKenko Pro1D MCプロテクター 49mmを用意しました。

 

で・・開梱

35㎜のフードは50㎜のと違って花形フードでした。

というか、SEL1855と同じフード(ALC-SH112)ですねコレ。

ちなみにSEL35F18も中国製・・。

日本製じゃなかったら、タイ製の方が好みです・・と言っても仕方ないですけども・・。

 

さて、このSEL35F18ですが歴代のEマウントレンズの中でもコンパクトになっています。

左から、SEL1855SEL35F18SEL50F18SEL24F18Zと並べてみました。

 

正直、SEL50F18を最初に見たときは長いなぁ・・このレンズと思いましたが、
SEL35F18はミラーレス用レンズとしては違和感ないサイズに仕上がってるなぁと思いました。

これでOSS入ってるんだから大したもんだと。

 

 

広角ズームレンズ SEL1018と標準単焦点レンズ SEL35F18も発売された事で、Eマウントも今まで以上に人に勧め易いマウントになってきたなぁと思います。

欲を言えば、F2.8の標準ズームが欲しいですが、
まぁ一眼レフとは違い、単焦点レンズを4,5本持って行ってもそんなに重くないですし、積極的に単焦点を使っていけばいいんですよと・・。

噂によると、85㎜のF1.8のレンズも年明け早々に発表されるなんて噂もありますが・・。

もしSTFだったら・・10万↑円でも即予約しちゃいますね・・きっと ーー;。
 
ソニーストア
 
ソニーストア