果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

287月/110

DELL U2410を追加で購入してみた。

写真撮影を趣味で初めてもうそろそろ一年が経過しようとしています。


当初はカメラに任せて撮ってだしで済ませていましたが、半年前にAdobe Photoshop Lightroom 3.0を買ってからというもの、基本RAWからの書き出しとなっています。


となると、モニターが一つだと何かと不便になってきまして・・。


で、そんなタイミングでDELLでアンケートに答えたら15%OFFクーポンを発行しますというキャンペーンがあったのですよね。


とりあえず答えとくか程度でクーポン番号を取得していたのですが、これがそろそろ期限切れが迫ってきたと。


このクーポンを使うと、U2410で33,000円程度、U2711で55,000円程度という価格になるわけで・・



うーむ



と悩んでカート入れては消しを繰り返してました・・・。


どうせなら、U2711を買って広い画面に・・とも思いつつも、いやいや同じモニター2台の方が何かといいはずとも思いつつ。


ドットピッチが違う2枚のモニターをデュアルにすると、ウインドウを移動させた時の違和感が有りますしね。


それとは、別に興味津々だったのが、三菱の3DモニターのRDT233WX-3D


店頭で確認すると、当たり前ですが、ちゃんと3Dに見えて・・



おぉっと・・って思ったのですよね。



DirectXのゲームだと擬似的に3Dに変換してくれるソフトなんかもあったりして、結構楽しめるのか?なんて思ったり。


液晶テレビを買い替えるのも手間かかるので、RDT233WX-3Dで茶を濁すって訳ではないですが、3D環境を導入してみようかとも思いました。


まぁ、お値段はU2711と肉薄する所があったので、かなり悩みに悩みましたが・・



で・・結局は、U2410をもう一枚購入したと・・


だって20,000円差もあると、e-IPSのフルHDのモニタがもう一枚買えるんだもんなぁ・・。


あと、縦で使えないという所がU2711を諦めた所でもあります。


ドットピッチ変わるのもやっぱりアレでしたしねぇ・・。


で・・本日到着し・・比べた所・・。



色が全然違うがな!



なんて事に。


追加で購入した方は、暖色系な色合い。


で、前日に交換してもらったのは寒色系。



すげぇギャップ・・・



で、WindowsでsRGB表示はまだファクトリーモードで寒色系の方の赤色を強くして我慢できたのですが、


Mac miniでのAdobeRGB表示の方が・・・。


発狂しそうなほど色が・・・・。


いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・って感じで・・



これ同じ製品だよね?って。



2枚並べると、交換してもらったのがとても酷い出来。


当たり外れ大きいなこのモニターは・・。


デュアルモニタとしての使い勝手は同じ機種だけに当然ドットピッチも変わらず便利なのですがねぇ。
※右側が色が変なU2410 赤味が弱いので白が白色に見えない。




再度交換してもらうか・・。


277月/110

再びDELL U2410を交換してもらってみた。

一昨年の12月に購入したDELL U2410
購入後まもなくして、メニューボタンが一切効かなくなって交換してもらいました。

それから一年半。

パネルの中に小さいシミみたいなのが出てたので、サポートに電話してみたところ、あっさりと交換に応じてくれました。

で、本日到着・・。

リファービッシュ

って箱に書いてますね。。

前回の交換はちゃんとした箱だったのに、今回は無地。

さすがに再生品に交換なんだねぇ・・と思いつつ交換作業。

で・・

やたら画面が青いんですけんど?

前は暖色系な感じで派手な色使いな感じでしたが、今回は超寒色。

つか、色調整してるんじゃなかったっけ?このモニタ。

とりあえず、このまま交換してみるものの・・

う~~~ん・・。

Tagged as: , , No Comments
237月/110

Core i7 クアッドコアなMac mini Server(MC936JA)を弄ってみた(リカバリー編)。

昨日、衝動的に購入してしまった、Mac mini Server 2011 (MC936J/A)。

折角のデュアルHDDですので、RAID0で運用してみたいと思います。

ていうか、定期的にイメージバックアップ取っておいて、Time Machine動かしてたら特に問題も無いと思いますので・・。

RAID1で動かした所で、ホットスワップ出来る訳でもなく、自分で簡単に交換できるかと言えばNoですし・・。
交換出来なくもないですけど、極力Macってばらしたくないんですよねぇ。

で、RAID0に構築しなおすには、依然ならDVDからブートさせて~ディスクユーティリティでRAID構築ってな具合だったのですが、、

今回のLionからメディアは付属していなく、HDDイメージ。

で、RAID0を構築するには、HDDを初期化する必要があります。

まぁ、HDDイメージももれなくぶっ飛ぶという訳。

そうすると、リカバリー出来ないやんという話ですが、ここがAppleの凄いとこ。

起動時にコマンド+Rを押した時にHDDイメージが無いとネットワーク経由でリカバリー用のイメージを落としにかかるんですよね。

いわゆるNetwork Recovery・・。

Apple的には インターネット復元と言ってるようです。

で、早速やってみようという事で、RAID0セットを構築・・。

再起動後にコマンド+Rを押す・・

あっさりとリカバリー用メニューが表示されて、復旧用イメージのダウンロードが始まりました。

正直、こんな発売直後なのによくサーバ耐えきるよねっていうスピードで落ちてきます。

ちなみに、固定IPとか設定する所ないんで、DHCP環境が要るんですけどね。
あと出来れば有線LANでやった方が速いしWPA暗号キーとか入力しなくていいので何かと楽かと。

数十分後、特に何もトラブル事もなく、OSインストール画面が表示。

で、再セットアップ開始。

で・・・

無事終わったように思われたのですが・・

なぜ、英語。

日本語を選んでインストールしたのに・・

なぜ、英語・・・・。

言語設定をあとで日本語にすれば良いんだけど、、

地味に初期設定で入っているリンクとかが海外サイトで設定されているので、(Apple.comとかYahoo.comとか・・)

超不便なんですけど!

まぁ・・これは手で直しましたが・・。

ちなみにiPhotoとかは、AppStoreから再インストールが可能でした。

で、誰か同じ症状いないのかなと探してみた所、該当しないので・・

まさか、Lion Serverだけじゃないのか?なんて思っても見たり。

普通のLionだったらこんな事ならないのかねぇ・・

なんか面倒な話・・。


227月/110

Core i7 クアッドコアなMac mini Server(MC936J/A)を買ってみた。

えっと・・・。






とりあえず開梱と・・






ふむ・・。






これは、Core i7-2630QM搭載なMac mini Server(MC936J/A)ですな。



・・・・


・・・


・・





さかのぼる事、昨日のお昼。


Apple Storeの24時間以内発送の誘惑に負けず、まず現物を見ようとお昼時間を使ってSofmapザウルスに向かいました。


・・





置いてないね。


いつもならココで夕方以降に入荷かなぁとスゴスゴと帰るのですが、なんとなくPOSを弄ってる店員さんに声をかけてみる事に。


「新型Mac miniっていつ入るの?」


と。


「明日の昼ですねぇ」と返されたので、「結構入るの?」とさらに聞くと・・。


「いや、2台ずつですね・・」


・・・と。



気が付いたら、Mac mini Server(MC936J/A)の取り置き処理をしていました(笑)
全額前金なのにも関わらず・・。



今、12回まで金利0%だし・・



分割しちゃえば良くね?と悪魔がささやきました。



えぇホント。



こんな感じで購入にいたった訳でした・・・。


で、少し前に旧Mac mini Serverを売ってしまい、キーボードとマウスも手放していました。
なので、Mac mini Server(MC936J/A)を購入した時についた5,000ポイント強を投じて以下のモノを購入。





Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/AMagic Trackpadです。


Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/Aは中古でしたが、まぁ綺麗だったので問題無し。
Apple Magic Mouseでなく、Magic Trackpadにしたのは、まぁなんとなくだったのですけど。
Lionはマルチタッチが楽しいらしいので良しとしましょう。





ていうか、付属品のあっさりっぷりが何ともですねぇ・・。
保証書もない。。


で・・開梱してまず行った事は、電源を入れる事ではなく・・



メモリ交換!



旧型のMac miniとは違い、このアルミユニボディのMac miniはメモリ交換が楽・・。


裏を向けて、蓋を捻ると・・。





カパッと開く。





サムソンの2GBが2枚入ってるので、躊躇なく抜くことにします。


入れ替えに使ったメモリはCFDのW3N1333Q-4G





問題無く8GB認識しましたとさ。


とりあえず、流れに身を任せてセットアップしてみたものの、折角のデュアルHDDですので、前みたいにRAID0で運用したいと思ってます。


となると、必ず通る道として、新しいリカバリーシステム・・な・・Network Recovery。


果たして上手くリカバリー出来るのでしょうか・・・。


続く。



217月/110

Core i7 搭載のMac mini が発表&発売されました・・。

昨日の帰宅途中の電車内にてにApple Storeが爆寸(We will come back soon.)になってる事に気づきました。


そういえば、Lionの発売もうすぐだっけ~なんて思ってたのですが、OSだけの発売で爆寸ってなったっけ?
ていうか、AppStoreでの発売だよねぇ・・。



まさか新型ハードが来る??と夢が広がりまくりんぐ。



この時点では、Airの新型はほぼ当確、Miniが果たして・・?という感じでした。


22時半には爆寸終わると当初の予想を裏切り、23時を回ったころ・・


発表と同時に発売されたのが、Sandy Bridgeを搭載した新型MacBook Airと・・



Sandy Bridgeを搭載した新型Mac mini・・



ついに、長きCore 2 Duoの時代からの脱却・・。


しかもお値段52,800円からって・・また。



安いなしかし。



MacBook Airも安いと言えば安いのですが、メモリが最低4GB欲しいのとSSDも最低128GBが欲しいなんて思うと・・


普通に MacBook Pro 13インチ買った方が良くね?な値段になるので今回も超スルー。
バックライトキーボードが付いたのが、個人的には素敵だとは思いますが・・。



で、Mac mini。


光学ドライブが全撤廃。


まぁ、一番壊れやすい部品だから、外付けで良いんじゃない?とは思います。


Lionのインストールモデルが


MC815J/A Core i5-2410M(2.3GHz) MEM:2GB HDD:500GB HD3000


MC816J/A Core i5-2520M(2.5GHz) MEM:4GB HDD:500GB RADEON HD6630M


となっており、MC815J/Aが52,800円、MC816J/Aが68,800円。


全てのモデルでSSD搭載にカスタマイズ出来て、MC816J/AはカスタマイズでCore i7-2620M(2.7GHz)に載せ替える事が可能と。
ただしデュアルコアですが。


そう・・デュアルコアなんですよねぇ・・。


で・・・


例のごとく、Lion Serverのインストールモデルもありまして・・


MC936J/A intel Core i7-2630QM(2.0GHz) MEM:4GB HDD:500GB×2 HD3000


これがなんとクアッドコアなのですよ。



4コア8スレッドなのですよ。



これでお値段88,800円。


ついにMac miniもクアッドコアでっさ!



確かに、シングルスレッドでは、Core i5-2410Mの方が早いでしょう。
ですが、複数のプログラムをゴリゴリ動かしても遅くなりにくいのは、断然Core i7-2630QM搭載のMC936J/Aなわけ。


ただ、グラフィックがHD3000というのが心もとないのですよねぇ・・。
クアッドコアだと、外部GPU乗せると排熱がおっつかないのでしょうか・・。


それにしても安い・・。
最近AppStoreでレート変更があったようですが、ハードの方にも反映されているようですね。
MC936J/Aは海外だと999ドルのようですから。


以前のレートだと、108,800円位になったのでしょうね。


すべてのモデルが24時間以内出荷・・。


ついついApple Storeのカートに入れて注文してしまいそうになるが・・・


あああああああああ・・・・


167月/110

尼崎競艇場に撮影に行ってみた。(α900+SAL70300G)

前回からの続きです。


ようやく撮影にやってきた尼崎競艇場。
機材をα900+SAL70300Gに変更しての撮影です。



α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE


α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F22.0 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F18.0 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F22.0 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70300G 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F6.3 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F6.3 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F10.0 ] シャッター速度優先AE


ざざっと並べてみましたが、α900での撮影ですとSAL70200GよりもSAL70300Gの方が撮影の幅に余裕があります。
200㎜よりも300㎜あった方が安心といった所でしょうか。


晴れた日ならレンズが暗くてもシャッター速度に余裕はあるので2.8通しのズームレンズでもなくて良さげです。


また、開催レースにも寄るのでしょうけど、思ったより人が少なくて撮影はし易いと感じました。
ほぼ自由に場所を確保出来るような感じでした。


まぁ、この日は大変暑くて常時外に居てるとクラクラするような感じではありましたが・・。
屋内からでもレースは見れますしね。


日中はスタンドもあまり日陰にならないので、日焼け対策は忘れぬよう・・・。といった所でしょうか。
おかげさまでこの日一日でまた日焼けしました・・。


日がある程度傾いてくると、日陰ゾーンが出来たので、場所をスタンドに移して、もう少し撮影を続ける事にしました。


続く。


ソニーストア


167月/110

尼崎競艇場に撮影に行ってみた。(α900+SAL70200G)

前々から撮影してみたいなぁと思ってた競艇(ボートレース)。
水飛沫を上げながらターンマークを回っていくシーンとか結構絵になるんじゃないのかなぁと。


ちなみに、今まで競艇場に行ってみたことはありませんでした。


で、いざ撮影に行ってみようかと思って、どこに行こうかとか、いつ行こうかなどを調べていると・・


どうやら・・



原則撮影禁止



らしい。


公営ギャンブルは基本的に撮影禁止みたい。


競馬は?とは思いつつ・・


まぁ、過去に色々トラブルでもあったのかなぁ・・と


とはいえ、原則撮影禁止というのがミソで、許可をとれば撮影出来る競艇場もあるとの事。



関西はと言うと・・


住之江はダメなようで、尼崎と琵琶湖はインフォメーションセンターに撮影申請をすれば、誓約書にサインをする事により撮影可能らしい。



誓約書の内容っていうのは、尼崎の場合・・


・観客席にカメラを向けない、水面のみ撮影する
・トラブルは自己解決で
・撮影場所(1マーク、2マーク、大時計付近)と撮影時間
・使用目的(ブログ使用とか)


といった事。


これにより、首からぶら下げる撮影許可証を貸してもらえます。



この日の尼崎競艇場では、BOATRACE振興会会長賞競走 2011 トランスワード杯争奪戦の初日が行われていました。


撮影機材はNG W5070α900+縦位置グリップα55SAL70200G(Kenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPL)、SAL70300Gといった感じです。


それにしても・・・物凄く天気が良く・・すごい暑さでした・・。
少しは水面を走るボートを見て涼しくなると良いのですが(笑)


まずはα900SAL70200Gでの撮影です。
いい天気かつ水面を撮るという事で、Kenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLを使用しました。


まず最初に、1マーク付近で撮影してみました。



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F3.5 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] シャッター速度優先AE


200㎜だとちょっと距離が足りない感じがします。


少し動いて大時計付近。



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.5 ] シャッター速度優先AE

α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.5 ] シャッター速度優先AE

α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.0 ] シャッター速度優先AE

α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.5 ] シャッター速度優先AE

α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F3.5 ] シャッター速度優先AE


選手を真横から撮るのには適した位置なんでしょうか。


そして2マーク付近。



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F6.3 ] シャッター速度優先AE


2マーク付近が撮影ポイントとしては良さそうです。


ピット離れの瞬間も撮影できますし、出走後の位置取りも目の前で行われます。
そして、ターンマーク旋回後の立ち上がりは正面から捉えられますので、迫力ある絵が撮れそうです。


で、スポーツ撮影お約束の流し撮り。



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F20.0 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F20.0 ] シャッター速度優先AE


ボートのスピードが結構速いのでなかなかに難しいです。
なにせ、近いですし。


初めて見るボートレースの感想としては、



ボートって結構速い~!



といった感じでしょうか。


モータ音を響かせながら水面を跳ねていくボート。
それをねじ伏せてターンマークを回っていく選手達。


一言で言うとカッコいいです。はい。


では、続いてSAL70300Gでの撮影ですが・・。


長くなってきたので・・次へ続きます・・


ソニーストア



137月/110

コスモスクエアで夜景を撮影してみた。(NEX5+SEL16F28+VCL-ECU1)

よくコスモスクエアには仕事に来るのですが・・度々、夜遅くなります。


その度に夜景が綺麗だなぁと思うのですが、中々カメラを持っていく余裕もなかったのです。


ですが、この間NEX-5を買いなおしたのと、VelbonのULTRA MAXi miniを購入した事で、ペットボトル2本分位のスペースで夜景撮影キットを構成する事が出来ました。


これなら、常時持ち出しても大丈夫?なんて事を考えてしまい・・・実行しました。


キットの内訳ですが・・・


NEX-5SEL16F28VCL-ECU1(ウルトラワイドコンバータ)にリモートコマンダー (RMT-DSLR1)、VelbonのULTRA MAXi miniという具合です。


これを適当なソフトレンズケースにぶち込んで持ちあるくという訳ですね。


今回はとりあえず、コスモスクエア駅の周辺で小一時間撮影しました。



NEX-5 SEL16F28 焦点距離[16.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [24.0 mm] シャッタースピード [ 10.0秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F6.3 ] シャッター速度優先AE


まぁ、換算24㎜じゃあ対岸は遠かったです・・。


気を取り直して、対象を近くしての撮影・・



NEX-5 SEL16F28 焦点距離[16.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [24.0 mm] シャッタースピード [ 10.0秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F11.0 ] シャッター速度優先AE



NEX-5 SEL16F28 焦点距離[16.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [24.0 mm] シャッタースピード [ 10.0秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] シャッター速度優先AE


ここまでは、SEL16F28単体での撮影。
うーん、ゴーストが結構出てる感じがしますねぇ。


で、これがVCL-ECU1を使った撮影です。



NEX-5 SEL16F28+VCL-ECU1 焦点距離[16.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [24.0 mm] シャッタースピード [ 2.0秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F3.2 ] シャッター速度優先AE


まぁ、周辺が流れますがNEX-5+SEL1855とほぼ同等のサイズで35mm換算18mmで撮影出来るのは有難い所ですね。
正直、10,000円で買える事考えるとVCL-ECU1は上出来な感じがします。


APS-Cサイズのデジカメと三脚を手荷物に忍ばせるサイズで持ち出せるというのはホント有難いですね。


ソニーストア



97月/110

大阪国際空港(伊丹空港)に撮影にいってきた。(α900+SAL70200G)

前回からの続きです。


トイレ休憩兼小休止も終わり、再度千里川堤防に戻りました。


昼間の撮影はお遊び、、


実のところ、今回の本当の目的は・・



夕焼け空。



今まで、伊丹空港に撮影しに来たときは、日中は千里川、以降はスカイランド原田や伊丹スカイパークに移動してました。


で、よくよく考えてみると、スカイランド原田と伊丹スカイパークだと、夕日の時に滑走路に向くと順光になるのですね。


夕日を効果的に撮るには、やはり逆光だろうと・・。


方向を考えてみると、千里川の東側が着陸時のアングルといい夕日が入る事といい、ベストな気がしました。



ここからは、α900SAL70200Gでの撮影となります。


現地に戻ってきた時の感じはこんな感じでした。



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/8000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] シャッター速度優先AE


まだ、時間が早い感じ。
アングルはここで良さそうな感じがしたので、張り付き決定。


ここからおおよそ1時間が経過した頃の写真はこちら・・。



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] シャッター速度優先AE


だいぶいい感じにオレンジ色に染まってきました。


そこからさらに20分後



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] シャッター速度優先AE


いい感じになりました。
さぁ、どんどん帰ってこいという感じです。



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F7.1 ] シャッター速度優先AE


いい感じで垂直尾翼に夕日が被ったと思ったのに、ゴーストが。。
さすがに直接夕日を入れるとSAL70200Gとはいえダメですね・・。


もう19時も回り、日没も近づいてきました。



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/800秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.0 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F3.2 ] シャッター速度優先AE


月がはっきりと見え始めました・・。



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70200G 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F3.2 ] シャッター速度優先AE


もうそろそろ飛んでくる飛行機を撮影するのは厳しくなってくる頃・・。



α900 SAL70200G 焦点距離[70 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] シャッター速度優先AE


帰ろうとしてカメラを片付け始めたころに飛来したのを慌てて撮りました・・。
なので、70㎜・・・。


これが本日最後の撮影・・。


一日、千里川尽くしはなかなか楽しかったです。
特に、晴れた日なんかには、超おススメ。


でも、ちゃんと日焼け対策はしないとダメですよ~。
真っ赤になりますから・・・(泣)


夕焼けを撮るためだけに夕方に千里川に行ってみるのもいいかもしれませんね。
それだけ価値ある撮影スポットです。


ソニーストア


97月/110

大阪国際空港(伊丹空港)に撮影にいってきた。(α900+SAL2470Z)

去年の冬以来行ってなかった大阪国際空港(伊丹空港)に久しぶりに撮影に行きました。


今回は、千里川に張り付きで動かない方針・・・。


今日の機材はNG W5070α900+縦位置グリップSAL2470ZSAL70200Gです。
で、千里川は座るところが無いので、ダイソーで買った折りたたみ椅子をNG W5070のノートPC収納用スペースに入れて持ってきました。


椅子が無かったらずっと立ちっぱなしですしねぇ・・。


まずは、SAL2470Zでの撮影分です。


飛行機撮影と言えば、望遠レンズなイメージがありますが、そこは流石の千里川堤防・・。
頭上を通過する飛行機を撮る時は、望遠レンズだとむしろキツイ。


正直24㎜から50㎜で丁度良い位なんですよね。


むしろ広角レンズでやってみるのも面白そうだなぁと思いつつ、今日は24㎜始まりで勝負。




α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE



で、実際頭上を通過する高速物体を撮影するというのは中々厳しいなと・・。


速度は落ちてるとはいえ、まだ200km/h超えてたりするわけで。



そんな一瞬のシャッターチャンスの間に乱入してきた強者が・・。



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/1000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F6.3 ] シャッター速度優先AE



スズメ・・ですね。



張り切っちゃってます。。。



で、土手を転がりそうになったりもしましたが、ようやくフレーム内に全身が入り程よい大きさで撮れたのがコレ。



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] シャッター速度優先AE


とりあえず、満足したので、トイレ休憩を兼ねてコンビニに向かいました。


千里川堤防から一番近いコンビニは「サンクス豊中原田南店」。
徒歩5分位で行けます。
ここが一番近いトイレポイントでしょうね。


この日はものすごくいい天気で、うだるような暑さでしたので、、ここでチョコモナカジャンボをかじりついて休憩・・・。


休憩後は、少し場所をずらしてSAL70200Gでの撮影・・。


続く

ソニーストア



87月/110

堺市役所の展望フロアで夜景撮影をしてみた。

大阪で手軽に撮影が出来る夜景スポットがないかなぁ・・と探してみた所ヒットした堺市役所。


どうやら21階が展望ロビーになってる様子。


堺市役所なら仕事帰りに途中下車すれば寄れるなぁ。。という事で行ってみる事に。


市役所というのに、21時まで開放している所が素敵です。


夜景撮影なら三脚は必須ですよね・・という事で、この間購入したVelbon ULTRA MAXi miniのデビュー戦となりました。


撮影機材はα55Minolta AF 24-105 3.5-4.5(D)、そしてリモートコマンダー RMT-DSLR1です。


現地に到着したタイミングでは日が落ちたすぐ後といった感じで、夕焼け具合も大分落ち着いてしまっていました。



α55 Minolta AF 24-105 3.5-4.5(D) 焦点距離[24.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [36.0 mm] シャッタースピード [ 1.0秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F16.0 ] 絞り優先AE


人は疎らで、じっくりと撮影できそうなのはいい感じです。
屋外ではなくガラス越しでの撮影となりますので、ラバーフードか光を遮るものが無いと室内が写り込むので注意。



α55 Minolta AF 24-105 3.5-4.5(D) 焦点距離[24.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [36.0 mm] シャッタースピード [ 6.0秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


一部を除いて全方位の撮影が可能となっております。


また、室内にはカフェコーナーがあるようです。



α55 Minolta AF 24-105 3.5-4.5(D) 焦点距離[24.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [36.0 mm] シャッタースピード [ 4.0秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



まぁ、営業時間じゃなかったんですけどね・・・・・。
結構雰囲気の良い作りでびっくりしました。


こんな感じで日常的に撮影出来るスポットをもっと発掘したいと思う今日この頃です・・。


ソニーストア



37月/110

大阪南港野鳥園に行ってみたが・・・

前々から、気になっていた大阪南港野鳥園に行ってみました。


仕事がてらコスモスクエア周辺に行くことが多いので、余計に目についたのでしょうけど・・。


α55SAL70300G位でも大丈夫だろうと思っていましたが・・・。


結果



α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE



惨敗!!



もしかしたら北観測所まで移動すれば・・もう少しは・・


結果



α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 125 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE



厳しいです!!



鳥の世界では、換算450㎜では広角なのですね・・。


これは、確かにデジスコが欲しくなります。。


辛い現実を目の当たりにして・・


スゴスゴと帰宅・・。



というのもアレなので、帰宅途中にある住吉大社に寄ってみました。


着いた頃には、後数十分で終了な時間でしたが、、適当にα900SAL2470Zで撮影。



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/1250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F3.2 ] 絞り優先AE



α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



少し救われた気分にはなりましたが・・・・。



鳥屋の敷居は高いという事だけを学習して帰途につきましたとさ・・・。


ソニーストア


ソニーストア


17月/110

Velbon ULTRA MAXi miniを買ってみた。

常時持ち歩いても負担が少ない三脚を・・・


NEX-5を購入してから、そんな妄想をする事が増えてきました。


ミニ三脚を購入すれば、NEX-5SEL16F28とウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1とリモートコマンダー RMT-DSLR1を持ち歩けば、夜景撮影キットの出来上がり。


カバンの中の占めるスペースはペットボトル2本分位で収まるかも・・


なんて・・。



仕事帰りに夜景撮影スポットに寄って小一時間撮影してくる・・



とか・・。



夢が広がりますね!



もう、買うしかないか・・



という事で、VelbonのULTRA MAXi miniを購入しました。





三脚はSLIK派だったのですが、今回はVelbonに。


SLIKでミニ三脚といえば、ミニプロ7がありますが、足の伸びっぷりはULTRA MAXi miniのが優秀。


ミニプロ7も延長ポールを付ければ450mmまで上がりますが、ULTRA MAXi miniはEV込みですが477mmまで上がる(EV無しでも399mm)。


延長ポールで伸ばすよりも足が伸びる方がまだ安定するだろうという判断で、ULTRA MAXi miniにしました。


ULTRA MAXi miniの欠点は付属の雲台がクイックシューじゃないとこでしょうか。
要交換ですね・・コレ。


付属品はケースとマニュアル類のみ。






通常時




全高時(477㎜)




最低高時(136㎜)




そしてNEX-5+SEL16F28の図



足が短い分、望遠レンズの場合はある程度足を出して広げて置かないと自立しないという事もあります・・。


とはいえ、超お手軽に持ち出せる事を考えると、そんな不自由さなんて聞こえません。
小物撮影やマクロ撮影も捗るといったもんです。


これで、三脚は大(SLIK カーボンマスター 824 PRO)、中(SLIK スプリントMINI2)、小(Velbon ULTRA MAXi mini)ともう揃った感があります。


もう要らないはず・・(笑)


三脚沼から脱出できたはず・・・・・・・


ソニーストア