果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

262月/110

ニンテンドー3DSを買ってみた。

ゲームハードはほぼ発売日に購入している昨今・・。


お約束で任天堂新ハード、裸眼立体視なニンテンドー3DSを買ってみました。


発売日前にソフマップとか梅田駅前とかで体験コーナーをしていましたが、
手に入れた時のワクワク感を大事にしたく、未体験のまま届くのをまっておりました。


待っている間にノートPCなんぞ届いていたりしたので、ヤキモキする事はなかったのですけどね・・。


で、昼過ぎにようやく到着・・。





今回はアクアブルーをチョイスしてみました。


同時購入品は、3DS用液晶画面フィルムMG3DS用クリスタルケースウイニングイレブン 3Dサッカー





そこそこ無難に3DS用液晶画面フィルムMGを張る事が出来ました。
3DS用クリスタルケースは簡単に取り付け出来て、しっかりと本体を守ってくれるような気がします。





ただ、3DS用クリスタルケースを付けると、充電スタンドが使えないんですけどねぇ・・。
まぁ、ACアダプタ直挿しで充電するからいいんだけども・・・。


で、感想は・・


おぉ、まぢで裸眼で3Dだよ!!


という感じ。


正直舐めてました。


とはいえ、アクションに熱中し、ニンテンドー3DSが傾くと、画面が2重になってキャラクターを見失ったりするんですけどねぇ・・。


ウイニングイレブン 3Dサッカーで言えば、ボールを見失う・・。
視点はデフォルトのプレイヤー視点だと立体視の体験を凄く出来ますが、プレイがまともに出来ん(笑)
ビカムアレジェンドモードがないのが口惜しいといった感じですね・・。


とりあえず、横ワイド視点でプレイして、リプレイで3D具合を楽しむってな感じでプレイしました。


ちなみに・・・


つい今しがた、車で閉店間際の古本市場にて戦国無双クロニクルを追加で購入してきました。。。。


無双のナンバリング以外なのって、微妙なの多いからスルーしていたのですが、これが今回は期待外れ?でロンチ最高傑作な呼び声が・・。


確かに・・プレイした感じは超面白いわけですが・・。


ニンテンドー3DSって実機で画面を見ないと良くわかりませんね・・。
というか、Webや雑誌で見るよりも実機で見た方が遥かに画面が綺麗だったりします。
正直、グラフィックしょぼいって判断してたのですが、十分に見れます。


やっぱり3Dで見てみないと、ニンテンドー3DSのゲームのグラフィックって評価し難いですね・・。


これはこれで、宣伝しにくいだろうなぁ・・と思います。
ゲーム屋で実機デモをながすのが一番な宣伝かもしれませんね。


裸眼立体視対応の3Dテレビが出たら買ってしまいそうなくらい、3Dの事見直した次第。
真・三國無双6も3Dでやってみたいけど・・さすがにその為に今のメガネ3D対応テレビ買うのも辛い。


なんとなく、ソニーがやってくれそうな気がするんだけどなぁ・・。



262月/110

Gateway EC19C-A52C/Sを買ってみた。~その3~ベンチマーク編

前回の続きです。


CFDのW3N1333Q-4GとintelのX25-M SSD SSDSA2MH120G2K5、Centrino Advanced-N + WiMAX 6250 ANXに変更し、8GBメモリ、120GB SSD、WiMAX化したEC19C-A52C/Sのベンチマークを取ってみました。


まずはEC19C-A52C/S ノーマル状態時でのベンチマーク。


Windows エクスペリエンス インデックスの値



Crystal DiskMarkの値



続いてEC19C-A52C/S カスタマイズ後のベンチマーク。


Windows エクスペリエンス インデックスの値

メモリが微増(5.1→5.2)、プライマリハードディスクが大幅増(5.9→7.6)


Crystal DiskMarkの値

さすがのX25-M SSD SSDSA2MH120G2K5
いわずもがな全ての値において大幅増。


ついでに、EC19C-A52C/SのBIOS上で設定がなかったVTについて・・。





VirtualCheckerなるソフトを使用してチェックしてみた所、無事に有効になっている事が確認できました。
VT使えないのはやだなぁとPentium U搭載のCULVノートを避けていただけに一安心・・。


このスペックで問題あるようなら、Let's note JかVAIO Zに行くべきですよね~。


あとはWiMAXの契約をどうするかなぁ・・といった感じですが・・。
自宅はBIGLOBEで契約しているので、BIGLOBEで年間パス買えば3,500円程度で使い放題になるのですけど・・


さてさて・・。

262月/110

Gateway EC19C-A52C/Sを買ってみた。~その2~カスタマイズ編

前回の続きです。

安価で軽量高性能なGateway EC19-A52C/Sですが、これをさらに高性能にすべく購入したものが次のモノ。





CFDのW3N1333Q-4G( PC3-10600 4GBメモリ 2枚セット)と、intelのX25-M SSD SSDSA2MH120G2K5です。


メモリは非公式ながら最大8GBまで使えるようですので、さくっと最大容量分を買ってみました。
これでも7,000円しないですしねぇ・・。


内蔵ストレージはポータブルHDDも1TBのモノが特売で9,980円で売られてたりするので、容量少なくても何とかなるだろうし、高速化しちゃおうかと。
ていうか、EC19-A52C/S買った時に付いたポイントが10,000円分ほどあったので、逝ってしまった訳ですけど。。


さらに、WiMAX化をすべくヤフオクで調達したIntel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250 ANX miniPCIカード。





送料入れても5,000円程度でした。


これだけ在れば、



筐体の質感さえ気にしなければ存分に戦える!!



と思う。


でも、こんだけ買うと流石に、Macbook Air買っといたら?と我ながら思った・・・・。


モバイル機に高性能求めると駄目な見本かもしれない(笑)


では、早速実装してみましょうか。


EC19-A52C/S本体を裏向けると、面積の半分以上を占めている蓋の部分があります。
んで、Gatewayの封印シールが2か所に貼られているのですが・・






これを削るように取るべし!!
※脆くて綺麗には剥がれませぬ故・・。






なお、シールをはがしても、故障がカスタマイズによる起因でない限り保証は続くそうです。


そしてネジを取って、蓋を外すのですが、これが中々強く固定されていて結構大変。
割れるんじゃないのか?っていうぐらい固定されてる箇所もある反面、非常に脆い爪もあるので要注意です。





慎重かつ大胆に外すと、HDDとメモリスロットとminiPCIのスロットが見えます。





それでは、まずX25-M SSD SSDSA2MH120G2K5に換装させます。





ていうか、付属品てんこ盛りですな・・X25-M SSD SSDSA2MH120G2K5





今回はまったく使わないんですけどね・・。


右上のネジを一つ外し、HDD下側の黒いビニールの取っ手を引っ張り、HDDをSATAコネクタから外します。





付いていたのは東芝のMK3265GSX 320GB 5400rpmです。





東芝のHDDは省電力なイメージがあるので、これはポータブルHDDケースに入れて使ってみようかと思います。
SeagateやWestandigitalのHDDだとUSB二股ケーブル使わないとダメな時が多々ありますので・・。


そっくりそのままX25-M SSD SSDSA2MH120G2K5にマウンタを付け替えます。





そして、逆の手順で挿入。





少し。窮屈でしたが無事に入りました。


次に、無線LANカードをIntel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250 ANXに変更。


左上側のネジを外すと、カードがせり上がってきますので、慎重にアンテナを外します。





そして、逆の手順で差し替えて終了。





最後にメモリ。


ELPIDAの2GBのメモリが付いていましたが・・。





さっくりとCFDのW3N1333Q-4Gに差し替えて終了。


全体像はこんな感じになりました。





X25-M SSD SSDSA2MH120G2K5が裏向いてるのが残念な結果に(笑)


この後、蓋を



バキバキ



言わせながらはめ込めば終了。


このあたりの造りが海外製品だよなぁ・・って思う。


とりあえず、こんな感じで無事にカスタマイズ終了しました。


次はOSインストールしてベンチマークですな。


続く


262月/110

Gatewayな軽量Core i5搭載ノート EC19C-A52C/Sを買ってみた。~その1~

今、手元にあるノートPCは13.3インチのMacBook Pro MB990J/A
※BIBLO RやVAIO Pは既に里子に出してたりします・・。


で、MacBook Pro MB990J/Aですが、
メモリも8GBにし、HDDも7200rpmの500GBを載せてるので、性能面では特に申し分ないのですが・・。



まぁ・・重い(2kg)。


持ち運ぶにはデカい。



持ち運ぶ用途としては、主に気合入れて撮影にいく場面が想定されるのですが・・。
そういう時は、当然ながらボディも複数。レンズも複数となると・・


そういう時には、MacBook Pro MB990J/Aの2kgという重さが堪えます。


2kgと言えば、SAL70200GSAL70300Gを足した位・・


と思えば重いよね?



なんか、これ書いてて意外にレンズって軽いよなぁ・・なんて頭によぎってしまいましたが・・。
でも、MacBook Proを首からぶら下げて歩き回り、振り回しって考えたら・・軽くないだろ?ってすぐに我に返りました。



それはさて置き、


条件は


軽くて、HDDが簡単に載せ替えられて、XGAよりも画面が広く、バッテリーが4時間から5時間程度持つもの。


という感じ。


軽さメインだったら、VAIO PやXなんてのも選択肢なのですが・・


HDDが載せ替えられないので、最低限SSDの容量は128GBは欲しい所。
で、いざ購入するぞ!と思った所で、ATOMにこの値段出すのはなぁ・・・と躊躇。


Let's Noteは液晶が黄ばむ駄目な子だと思ってるので選外。
割安の中古多いけど、ズタボロですしね・・。


MacBook Air 11インチもいいなぁ・・と思ったのですがいかんせんメモリが2GBなのが。
で、SSD128GB、メモリ4GBにカスタマイズすると値段が微妙な価格になってきますし・・。
となると次は、少し重くはなるけどCULVノートにターゲットが向きます。


でも、地味に重い子達ばっかりなんですよね。
1.5kg~2kgって感じで。


で、このクラスを見ていくと、徐々にスペックも欲しくなってくるというどうしようもない状況に陥りました。。。


そんな中で・・


Core i5 470UMを搭載し、メモリも非公式ながら8GB搭載でき、11インチWXGAで重さが1.35kgで実売が5万円台というGatewayのEC19C-A52C/Sを見つけました。


Gatewayってまた・・



懐かしいなぁ・・あの夜逃げっぷりが。。



って私らは思っちゃうのですが、今はAcerに吸収されてるようで、モノの具合もAcerチックな代物。


Webの評判もキーボードを除いては上々のようで、流行りのWiMaxは搭載されていないものの、miniPCIを差し替えれば対応可能との事。


しかし・・その時は在庫が無かった。
しばらくして、Bic通販で復活したものの、64,800円の10%Pという価格。


で、購入を悩んでいると、売り切れ。
人気あるのか、モノが無いのか分かりませぬが機会逃したなぁ・・と思ってた矢先。


sofmap.comで復活。
Bicと同じ価格の64,800円ながら、16%P。


逃してはなるものかと今度こそ購入しましたさ・・・。



輸送箱を開けると中から現れたのは・・



牛柄ナツカシス・・。


早速開けてみると、クッションケースが現れました。



でも、BUFFALO PC用ハンドル付インナーバッグもってるから使わないんですけどね・・。


さらに蓋をめくると、厚めの不織布に包まれた本体が登場。



底には、バッテリーと変わった形状のACアダプターと保証書等々・・。



本体の表面塗装は、さらさらした手触りでよい感じ。



液晶のフレーム周りは艶々でホコリが目立ちやすそうな感じはしました。



キーボードはキーは大きいのですが、国内のノートパソコンよりも気持ち位置がズレてる感じがあり、タイプミスをしてしまう事しばしば。
また、タッチ感はへにゃへにゃ。
ここが一番のウイークポイントか?


で、同時購入したモノは、Buffaloの11.6型液晶光沢保護フィルター(BSPF05G116W)、ELECOMのAcer用のACアダプター(ACDC-AC1965BK)、IO-DATAのポータブルDVDマルチドライブ(DVRP-U8EK)の3点。



ACアダプターは使えるかどうか?と思いましたが、普通に使えました。
値段も2,000円程度ですので、一つ買っておくといいかもです。
なにせ、EC19C-A52C/S付属のACアダプタはコンパクトで良いのですが、断線しそう・・な感じが否めない・・。


ただ、ACコードがメガネケーブルにしては太く重いので、別のモノを探してもいいかもですが。


内部パーツでも他に購入したものはありますが、それはまた次回のベンチ&改造編にて・・。


続きます


162月/112

Adobe Photoshop Lightroom 3を買ってみた。

α900で撮影してて、どうも気になるのが・・

ノイズ

前々から気にはなっていたのですが、オートメッセや痛車じゃぱんの写真を見てると・・・

目立つなぁ・・ノイズが・・と。

JPEGはDレンジオプティマイザーを強く使うとノイズが増えるという話は聞いたことがあるのですが、アドバンストオート(初期値)なので、そんなにレベルは強くなく・・。
特に今回の被写体は単一の色が続く自動車という事でノイズが凄~く気になってしまった次第。

となると、RAW+JPEGでいつも撮影しているので、RAWから現像してみようかという事ですが、

RAWでもノイズは出てます。

てことは、Dレンジオプティマイザー云々じゃなくて、このノイズってα900の性質なんですよね。
しかもJPEGに吐き出す時にまたノイジーになると・・。

で、付属アプリケーションのImage Data Converter SRを使ってノイズリダクションを設定してみたものの・・

うーん・・

ノイズが目立たなくなるレベルにすると、これが結構線が甘くなっちゃうんですよね。

それに、Image Data Converter SRは、なんだか使いにくい。
PMBは最初から取っ付き易くて愛用していますが、Image Data Converter SRとImage Data Lightbox SRはなんとも使い方がピンとこない所があります。

ていうか・・・

Image Data Converter SRとImage Data Lightbox SRを分ける必要なくね?

ってちょいと思ってみたり。

PMBとの連携もうーん・・って感じました。

で、一般的にソフトメーカーが現像ソフトとして売り出しているのは、Adobe Photoshop Lightroom 3と市川ソフトのSILKYPIXなんてのがあるわけです。
双方の評判を調べていましたら、Adobe Photoshop Lightroom 3のノイズ除去機能がスゲェという書き込みを見て、とりあえず体験版をダウンロードしました。

結果・・。

スゲェ

丁度、Adobeソフトウエアセールなんてのが始まっていたので、体験版の期限はまだまだ残っていましたが、即決で購入してしまいました・・。

ちなみに、ノイズ除去機能のサンプルはこんな感じとなってます。

Image Data Converter SRでのノイズリダクション(オート)

Adobe Photoshop Lightroom 3でのノイズ軽減(初期値)

いやぁ・・別物ですやんってな感じ。

好みの差も出てくるとは思いますが、多少シャープさに欠けると感じるならば、
Adobe Photoshop Lightroom 3の場合は、ノイズ軽減パラメータにあるディテールを上げたりする事でもう少しシャープに出来たりします。

といってもノイズの除去っぷりが半端ないので、多少甘くなってもいいやって感じました・・。

操作感もImage Data Converter SRとImage Data Lightbox SRよりも分かりやすいと思います。

写真の出来上がりも随分と変わりますので、ノイズで悩んでいる人にはAdobe Photoshop Lightroom 3は超お勧めな一品かと。

132月/110

痛車じゃぱんリターンズ2011に行ってきた。~その7~(α900)

大阪オートメッセ 2011最終日にATCにて行われた、痛車じゃぱんリターンズ2011

最後となる、その7です。
作品と車種は後程更新する形で取敢えず写真公開を先にしますね。。。

今後、地味に更新してるかもしれません・・。

撮影機材は引き続き、α900+縦位置グリップSAL2470ZKenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。

α900 SAL2470Z 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F7.1 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[55.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE



にしても、編集大変過ぎ・・。
まぁ、撮った車を全部上げてみる暴挙に出なけりゃよかったわけですが。。

折角撮ったからねぇ・・なんて思っちゃうとダメですね。
次回は程々にしようかと。

ソニーストア

132月/110

痛車じゃぱんリターンズ2011に行ってきた。~その6~(α900)

大阪オートメッセ 2011最終日にATCにて行われた、痛車じゃぱんリターンズ2011


とりあえず、その6です。
作品と車種は後程更新する形で取敢えず写真公開を先にしますね。。。


撮影機材は引き続き、α900+縦位置グリップSAL2470ZKenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。


α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[55.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[55.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE




まだまだまだ次回に続きます・・・

ソニーストア

132月/110

痛車じゃぱんリターンズ2011に行ってきた。~その5~(α900)

大阪オートメッセ 2011最終日にATCにて行われた、痛車じゃぱんリターンズ2011


とりあえず、その5です。
作品と車種は後程更新する形で取敢えず写真公開を先にしますね。。。


撮影機材は引き続き、α900+縦位置グリップSAL2470ZKenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。


α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[45.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/40秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE




まだまだまだ次回に続きます・・・

ソニーストア

132月/110

痛車じゃぱんリターンズ2011に行ってきた。~その4~(α900)

大阪オートメッセ 2011最終日にATCにて行われた、痛車じゃぱんリターンズ2011


とりあえず、その4です。
作品と車種は後程更新する形で取敢えず写真公開を先にしますね。。。


撮影機材は引き続き、α900+縦位置グリップSAL2470ZKenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。


α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F9.0 ] 絞り優先AE




まだまだまだ次回に続きます・・・

ソニーストア

132月/110

痛車じゃぱんリターンズ2011に行ってきた。~その3~(α900)

大阪オートメッセ 2011最終日にATCにて行われた、痛車じゃぱんリターンズ2011


写真の整理が一向に進まないほど、、ボリューミー


とりあえず、その3です。
作品と車種は後程更新する形で取敢えず写真公開を先にしますね。。。


撮影機材は引き続き、α900+縦位置グリップSAL2470ZKenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。


α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[45.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[55.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[45.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



まだまだまだ次回に続きます・・・

ソニーストア

132月/110

痛車じゃぱんリターンズ2011に行ってきた。~その2~(α900)

大阪オートメッセ 2011最終日にATCにて行われた、痛車じゃぱんリターンズ2011


ぶっちゃけ・・オートメッセでVIPっぽいドレスアップカーよりも見てて面白い痛車じゃぱん・・。


撮影機材は引き続き、α900+縦位置グリップSAL2470ZKenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。



その2の最初は、「涼宮ハルヒの憂鬱」な「フリード」

α900 SAL2470Z 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


「普痛車」にワロタ。



D.C.II 」な「アテンザ」

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



「マジカルシスター」な「アンフィニ RX-7」

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[45.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



「日本橋プロジェクト」な・・「AE86」

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE
ガソリン給油口には何かしら貼ってる方々が多かったですね。

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



ななついろ★ドロップス」な「ミラ」

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



と・・ここでサーキューラーPLの効果について良いサンプルが出来たので・・(まぁ・・ちょんぼった訳ですが・・)


この日のような晴れだと普通に撮ると以下のように反射が強く出て、せっかくの絵が見えなくなるわけですが・・

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


サーキューラーPLをちゃんと調整するとこのように、反射を抑える事が出来ます。

α900 SAL2470Z 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


すべてにおいて反射を抑えられるほど万能ではありませんが、有るのと無いのとでは全然写真の写りが変わってくるわけです。
サーキューラーPLは晴れの日にはある種必須なアイテムと言えるかと・・



涼宮ハルヒの憂鬱」な「アルト」

α900 SAL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



まだまだ次回に続きます・・・
ソニーストア

132月/110

痛車じゃぱんリターンズ2011に行ってきた。~その1~(α900)

大阪オートメッセ 2011最終日にATCにて行われた、痛車じゃぱんリターンズ2011に行ってきました。


先日のオートメッセでの撮影は、ある意味不完全燃焼でジャック・スパロウとランカ・リーに救われた感がありました。


ですので、今日は



車を撮るぞ!痛車だ!



という意気込みで昼過ぎにトレードセンター前に到着しました。


で、、


同日ATCではコスプレイベントも行われており、レイヤーさんが多数、ATC内を歩いておりました。


仕事柄、咲洲庁舎(旧WTC)には良く行ってますので、
土日勤務の場合そこそこイベントに遭遇する時はありましたが、プライベートでは初遭遇となります。


非参加者の写真撮影はご法度ですので、観てただけですが、最近のコスプレってレベル高えなぁ・・と。


そういえば、咲洲庁舎になって以来、イベント行われたのかな・・あそこ。



と、それはさて置き・・


大よそ100台ほどの痛車が大阪南港ATCピロティ広場に集結しておりました。


100台位だとすぐ撮影が終わるかなぁ・・と思ってたのですが、、


結構細かい所まで拘ってる車がありまして、全部見ながら撮影していくと凄く時間がかかりまして・・


これ位が丁度いいのかもしれませんね。


本日の装備は決め打ちで最小構成・・


Nikon カジュアルトートα900+縦位置グリップSAL2470ZKenko 72S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLです。


まぁ、最小構成でも2kg超えるんですけどね・・。


それでは、痛車じゃぱんリターンズ2011に集結した痛車の紹介。


※注1:といっても全車紹介は無理です・・
※注2:ナンバーが写っているものは修正させていただいております。(拘ってるナンバーの方も結構いらっしゃいましたが・・)
※注3:また、掲載拒否希望のオーナー様がいらっしゃいましたら、削除いたしますので、ご連絡くださいませ。
※注4:車にめっぽう詳しい訳ではないので、間違いがあるやもしれませぬ。。
※注5:最近のアニメ、漫画には詳しくないので、間違いがあるやもしれませぬ。。。



なんか注意が増えましたが・・こんな感じでよろしくです・・。



まずは、「ましろ色シンフォニー」な「アウディ クアトロ」

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


某所で、アウディの痛車は「アウチィ」っとでも言うのか?・・というのを見てナルホド!と思った事があります。



続いて、「けいおん!」な「シビック TypeR」

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[60.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



そして、「とある科学の超電磁砲」な「BMW」

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE



次に、「彼女のカレラ」な「シビック TypeR」

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


彼女のカレラ」は知らなかったのですが、一目見て麻宮騎亜だよね・・って分かる独特な絵は流石・・。
コンパイラとかアセンブラ0Xとか読んでましたねぇ・・。


面白そうなので、今度読んでみようかと。



最後に、「VOCALOID」な「ロードスター」

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL2470Z 焦点距離[45.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


エンブレムをよーく見ると・・・



MIKU VOCALOIDと書いており、初音ミクのシルエットにネギが添えられている何とも手の込んだ造りでした。

α900 SAL2470Z 焦点距離[45.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE


さらに、ボディだけでなくホイルキャップも左右でデザインが異なってたりして、非常に手の込んだみっくみくロードスターでした。


という感じで、、まだまだ続きます
(修正とかで結構時間かかりますので、気長に。。)


ソニーストア


122月/110

大阪オートメッセ2011に行ってきた。~人物編その2~(α900)

大阪オートメッセ2011 第2弾 人物編 その2です。


ギャルオンが終了したので、軽く昼食を取った後に会場を廻ってみる事にしました。
会場内はα900+縦位置グリップSAL2470ZHVL-F58AMでの撮影です。


ちらほらとキャンギャルが登場しだしていましたが、、
キャンギャルの周りには大量の人々が居たので凄いなぁ・・と遠目に見ながら特に撮影に参加する事もなく、適当に自動車の写真を撮って進んでいましたら・・

α900 SAL2470Z 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光



ジャック・スパロウ登場!! ( ゚д゚ )



これがまた・・良い感じにポーズを決めてくれます・・

α900 SAL2470Z 焦点距離[55.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[40.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光


あんた・・



カッコ良すぎだ。



と、程々に満足し、そのまま会場内を一周。


その後、一周目にイベントが開催されてて混雑していたトヨタブースにもう一度行ってみることにしました。
で、先ほど、撮り損ねていたレーシングカーやコンセプトカーを撮っていると微妙に人混みが形成されていくのに遭遇しました。


もしやと思い近寄ってみると、

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光


ようやく、撮影する事が出来ました・・。
もみくちゃにされましたが、、、


そのまま付近をフラフラしていると、再び人混み発見。
比較的すいていたので、突入してみました。

α900 SAL2470Z 焦点距離[45.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] マニュアル露光


その後も2,3回キャンギャルに遭遇したものの、
横からのアングルとか前に行けなかったりとかで、微妙な感じで終了しそうな感じでしたが・・・



ランカ・リーが居る。



と同行者から密告があったので、再度潜入。


で、現場に到着したところ・・

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光



キラッ☆ポーズを決めて確かに居ました。(゚Д゚)



マクロスFの映画の宣伝カー(ある意味痛車)の所に・・。

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光



劇場版マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~は・・


2011年2月26日全国ロードショーです。


と、お礼を込めて宣伝してみた。


前回は気が付いたら終わってたので、今度は早めに観に行こうかなと・・。



ところで・・エヴァ急はいつ公開されるのでしょうか。



・・







という感じで、初オートメッセは終了しました。


少し不完全燃焼な感じはしましたが、どうも明日にATCで「痛車じゃぱん」なるものが開催されるようなので、そちらに行ってみようと思います。


ソニーストア

122月/110

大阪オートメッセ2011に行ってきた。~人物編その1~(α900)

大阪オートメッセ2011 第2弾 人物編です。


まずは会場入りして間もなく始まったギャルオンから。


このギャルオンに限りα900SAL70300Gでの撮影となりました。


なお・・


ギャルオンって何さ?状態で参加・・。


場所とりなんてものはしていないので、後方からの撮影なのですが・・・


まぁ・・適当にどうぞ。

α900 SAL70300G 焦点距離[230.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE


ちらほら、写真の下に写っているのは前方にいらっしゃる方々なのですが・・。


少し引いた写真というと・・

α900 SAL70300G 焦点距離[100.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.0 ] シャッター速度優先AE



うむ、大盛況。



あの中には突入する勇気はまだございませぬ・・。

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE



α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE


中途半端に場所取りしてたとしても、背が高くない私はあの中に入った所でろくに写真撮れなかったろうな・・と思ったり。


とはいえ、この後の会場内ではギャルオンなんて目じゃないほどの争いが行われてるとはこの時は知る由も無かったわけで・・。


なんか凄い人混みが出来てるなぁ・・
フラッシュ凄いなぁ・・と思う場所に



・・・キャンギャル在り。



知り合い以外の人物を撮ってみたいなぁ・・と思ってたのですが、中々そうもいかないようで・・。


キャンギャルが現れると、数秒で人の山が出来、終わるまで動かないもんだから、ありゃ普通の人は見れんし撮れんよね。


純粋に写真を楽しんで撮ってる人ばっかりだと信じたいのですが、Amazonでオートメッセって検索すると・・


盗撮物のDVDがリストアップされたりして・・


(゚Д゚)・・・・


ってなるわけさ。


モデル撮影会とかもこんなんナンですかね~


まだまだ撮影対象は「ねーちゃんよりもネイチャー」な自分が居ます。


でも人物撮りはいずれ上手くなりたいなぁとは思ってますです。
相手が居ると、下手な写真見せれんなぁと思ってるので、まだまだ修行せんと怖くてダメですが。


って・・なんか、長くなってきたので、2回に分けます。


続く・・

ソニーストア

122月/110

大阪オートメッセ2011に行ってきた。~自動車編~(α900)

昨日降った雪もほどほどに解けた今日。
大阪オートメッセ2011に行ってまいりました。


装備はというと、NG W5070α900+縦位置グリップSAL2470ZSAL70300GHVL-F58AMという具合です。


基本的にどれも撮ってて楽しいので、何かが専門という訳ではないのですけど・・
そろそろ車を撮ってみたくなった次第。


この日は初日が雪が積もる悪天候だったせいか、人が多めだという事。
とはいえ、昨日がんばれたかというと・・微妙だし仕方ないかと。。


大阪オートメッセ2011は自動車編と人物編に分けてみます。


基本はSAL2470Zでの撮影で、ステージのみSAL70300Gを使いました。
とかく、本格的なフラッシュ撮影が今回が初となるので、色々と微妙な写真を量産してしまった次第。。。


では、自動車編をささっと。

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[26.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F3.2 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[30.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[24.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[28.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光

α900 SAL2470Z 焦点距離[35.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.0 ] マニュアル露光


まぁ、多種多様な車がありましたが、私は基本的にスポーツカーおよびレースカーが好きなのがわかりました。


ミーハーですな・・・。


車のパーツにもっと精通していれば違う見方ができるのでしょうけど、、
まぁ・・見た目しかわかりませぬ故・・外見にしか惹かれないようで。


フラッシュの使い方はまだまだ全然ダメで、もっと練習せんといかんなぁといった感じ。
機材は揃ってるので、あとは腕次第なわけで・・


で、折角お金払ってきてるのだから、バリバリ撮ればいいのでしょうが、場の雰囲気に呑まれて、正直ほぼ一日居たのにも関わらず、400枚撮ってなかったり・・
ほんと人の多さにやられた感じがしました。


人多かったんで、途中ロッカーに荷物預けたものの、それでもすれ違いに気を使いました。


で・・自動車の場合はまだマシでしたが、キャンギャルの周りはまさに戦場・・。
場所の取り合いぶつけ合いで・・・


それはまた次回の話・・。


ソニーストア