果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

2711月/100

仕事帰りに明石海峡大橋を撮ってみた。

今日は、土曜日ながら西明石から少し行った所で仕事がありました。

折角なので、、、
TUMIのカバンにα55TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 Di II LD Aspherical [IF] A16を忍ばせて・・
帰りに舞子で下りて、明石海峡大橋を撮ってみました。

α55 TAMRON A16 焦点距離[40.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [60.0 mm] シャッタースピード [ 1/10秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F2.8 ] プログラムAE


三脚は流石に持っていけなかったので、手持ち夜景モードで撮るつもりだったのですが・・


TUMIのカバンが自立している事に気づき、途中からバリアングルモニタを真上から見えるようにして、
カバンの上にα55を置き、2秒シャッター+長時間露光で撮ってみました。

α55 TAMRON A16 焦点距離[30.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [45.0 mm] シャッタースピード [ 30秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F11 ] シャッター速度優先AE

α55 TAMRON A16 焦点距離[17.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [25.0 mm] シャッタースピード [ 30秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F6.3 ] シャッター速度優先AE


風も強かったので、被写体ブレやらおきてるのは仕方ないかなと・・。



で、駅に向かう途中でガードレールに乗せて遊びで撮った夜景。

α55 TAMRON A16 焦点距離[17.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [25.0 mm] シャッタースピード [ 2.5秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.5 ] シャッター速度優先AE

α55 TAMRON A16 焦点距離[24.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [36.0 mm] シャッタースピード [ 2秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F4.5 ] シャッター速度優先AE


何より、バリアングルモニタの利便性って凄いなぁ。。と
α900だと撮るのが難しい角度でもα55で補完できる。


ほんと、α900α55ってベストパートナーだと思います。

ソニーストア

2311月/100

広角レンズなMINOLTA AF17-35/2.8-4(D)を買ってみた。

風景撮影をする時、もうちょっと広く撮りたいなぁ・・とか


建造物を撮るとき、下から煽って、パースをつけて撮りたいなぁ・・とか


まぁ、普通に思ってくるもんですよね・・。


α55の場合だと、SIGMAの8-16mm F4.5-5.6 DC HSM 10-20mm F3.5 EX DC HSM辺り買えばいいのかなぁと思うのですが・・


α900の場合・・


現行発売中のレンズで広角となると、SAL1635Zしかない訳です。



凄く、、、高い訳です。



激しく無理です。



という事で、安く買おうとすると、製造終了品となっている


Konica Minolta AF ZOOM 17-35mm F2.8-4(D)TAMRON SP AF17-35 F2.8-4 DI A05


の2つを探さないといけない・・。


この2つのレンズ・・販売終了前は在庫処分で19800円で売られていたようですが、
流石に今は中古でも


TAMRON SP AF17-35 F2.8-4 DI A05が25000円


Konica Minolta AF ZOOM 17-35mm F2.8-4(D)が30000円


程度な値段で売られています。


ですが、たまたまヤフオクで探してみると、
MINOLTA AF17-35/2.8-4(D)の中古美品が25000円程度でありましたので、颯爽と落札しちゃいました。



程度が心配でしたが、イヤハヤ・・
確かに美品でしたよ。


MCプロテクターはケラレを気にするなら薄枠タイプのKenko 77S PRO1D プロテクターをお勧めします。
というのも、元々このレンズは開放での周辺減光が強いようですので結構シビアかもしれません・・。


これで、17mmから300㎜までのレンズは用意出来ました。


あとは・・500㎜か・・(笑)


2311月/100

箕面公園に紅葉を撮りにいってみた。

先日はなんだかぐったりな吉野山を体験しましたので・・

今回は本命の箕面公園に紅葉を撮りにいってきました。

混雑が予想される為、軽装で・・・

この間購入したロープロ インバース200AWα900+縦位置グリップSAL70300GTAMRON SP AF28-75mm F2.8 A09という装備です。


これが軽装か?というのは人それぞれ・・


この日は流石の祝日。
カップル、家族連れ等々の人で賑わってました。
駅前にはあやしい柚子?をモチーフにしたゆるキャラの着ぐるみも徘徊しており、活気づいております。


といっても、滝広場以外は程々に写真を撮るには問題ない程度の混雑でしたけども。
ちなみにこの日は駅から滝までを2往復しております。


朝9時箕面駅着で一人で撮影に臨み、11時頃に一度駅まで下りて、彼女と合流・・でもう一度・・


というなんともなプラン。


朝早いと文句を言われたので、じゃぁ後から来たら?と切り返した結果。



ごらんのあり様だよ!



まぁ・・いい運動にはなりましたが。


α900 SAL70300G 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F4.5 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[180.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F8 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[250.0 mm] シャッタースピード [ 1/60秒 ] ISO [ 100 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/50秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

で、ここで滝に到着。


でも・・

α900 SAL70300G 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/20秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F10 ] 絞り優先AE


なんだかもう枯れ枯れ・・


α900 SAL70300G 焦点距離[70.0 mm] シャッタースピード [ 1/25秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F10 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[100.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F10 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE


で、1回目の帰還。


ちなみに・・2回目はTAMRON SP AF28-75mm F2.8 A09で行ったものの、人が増えてきたので、微妙に撮影がし辛くなってきたのと、
調子こいて地獄谷に向かって、山を登った先は・・



一般道でした



的な事をしたので、あんまり撮影せず(笑)


昔来たときはもっと激しく紅葉してたのになぁ・・と思いつつ。


大阪の都市部からでもアクセスしやすいこの箕面公園は毎年の楽しみにする事にします。


ちなみにロープロ インバース200AWの感想ですが、



非常にイイ



ですね。

ショルダーベルトとウエストベルトを同時に使えば、肩、腰に負担少なく非常に楽に機材を持ち出せます。
大望遠ズームを持ち出したい時は、ウエストベルト部にオプションのレンズケースを装着出来ます。

ショルダーベルトと併用している時は、ウエストベルトだけ外せば、
バッグを前に持ってきて機材の出し入れも楽に立ったまま出来ますし、良く出来たバッグだと思います。

撮影時に軽快に動き回りたいときに常用する事になっていきそうです。

値段も10,000円を割っててお手頃な価格ですので、お一ついかがでしょ(笑)。


2111月/100

吉野山に紅葉を撮りにいってみた。

といっても、昼過ぎにふと思い立って、車で向かったので、すっごいノープランで行きました(笑)


電車で行くと2時間以上かかるのですが、車で行くと1時間強でつけそうな感じだったので向かったのですが・・。


まぁ・・吉野山に着くまでは順調でしたさ。


駅に前の踏切で、警察官が立っており、こっち一方通行規制してるから、向こうから回ってという指示があったのでそっち行ってみたら・・


いやぁ・・20分位余分に回り道をさせられた挙句・・。



駐車場が無いっ!



うっわーと思いつつ、細い道を上り、、下り、、でなんとか見つけた駐車場・・。



500円・・。


有料なのな。



で、駐車場はほぼフリーダムで窓口のおねーちゃんに「空いてる所に止めてね」って言われたので、隅っこに止めてお金を払って戻ってきて、荷卸ししていると、


管理人のおっさんがなにやら誘導し始めてまして・・



「そっちのでかい車をそこに止めたいから移動してくれ」と。



その時点で空いてる所なんで微々たるもので、まだ数台が車が入ってくる状況。
おっさんはそのまま入ってくる車を誘導し続け・・


しばらく待っても、その移動ポイントを指示しなかったので・・



少しキレました。



そうしたら・・



「ほんならもうええですわ」と。


後から入ってきた車が、先に荷物下ろして駐車場を後にしていく中で、なぜに後回しにさせられにゃいかんのか?
ていうか、最初から駐車場に立って誘導しとけボケと。


こっちは最初に何処にとめりゃいいのか聞いただろと。



というような非常に際先の悪い状況でしたので、撮影も気乗りせず。
駐車場周辺の中千本の辺りをフラフラ。


奥千本のバスもあったものの、乗らず。


適当に撮影・・。


今日はTamrac 608 ProSystemα900+縦位置グリップ+TAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001S+SAL50F14という感じな装備。
一応晴れていたので、所々Kenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLを使う事にしました。

α900 TAMRON A001 焦点距離[75.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL50F14 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/2500秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 TAMRON A001 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/2000秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE

α900 TAMRON A001 焦点距離[135.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 SAL50F14 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/80秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 TAMRON A001 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/640秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE

気乗りしないとこんなもん(笑)
帰り道が混むといやなので、足早に帰ったつもりでしたが、それでも大淀町に達するまでは結構な渋滞にひっかかりました・・。



で・・


一番紅葉が綺麗だったのが、、


車から眺めた・・近鉄吉野駅周辺という罠。



もう・・車ではココには来ないと思われ・・


1911月/100

loweproのカメラバッグをB&H Phote Videoから個人輸入してみた。

先日の神戸市立森林植物園に行ったときに気になってた事がありました。

それはα900縦位置グリップTAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001を付けたまま、NG W5070に収納できんかったという事。

確かに上下の仕切りをファスナーで開ければ入るんですが、
上の仕切りはクッション性が無く、α900が結構無防備。


となれば・・新しいバッグをIYHするしかないではないかと・・

で、B&H Photo Videoにて初めてお買いものしてみました。

国内よりも送料とか消費税とかで6,000円以上余分にかかるわけですが・・

バッグそのもののお値段が半額だったりするわけで・・ソコソコ大量に買うとお得になる訳です。
個別に買うなら・・・国内で買うほうがおススメですけどね。。



で、こんな感じの箱で到着しました。
ちゃっかり消費税で1,300円のご請求アリ・・。



中身はエアキャップに包まれてこんな感じで到着。
ダンボールの素材は海外にありがちな薄手な奴ですが、中の梱包は下手な国内通販よりもしっかりしてる感じです。



これならレンズを購入しても大丈夫?

今回購入したのは・・

α900縦位置グリップTAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001を付けたまま収納できそうなサイズな・・

トップローダープロ 75AWとチェストハーネス

お散歩や自転車用に・・

インバース200AW

少し拡張したい時などに・・

レンズケース 3レンズケース 4とボトルホルダー

の計6点。
送料と消費税いれて、お値段は24,500円ほどでした。

まぁ、国内で買うよりもレンズケース 3とボトルホルダーが余分に買える程度な差額ですね。



んで・・



気になるα900縦位置グリップTAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001を付けたままトップローダープロ 75AWに収納が出来るかという点・・。





ギリギリ一杯ですが・・入りました。
他に何かを入れるスペースはありません


で・・入ったんだけど・・
これにプラスでレンズケース 3でもドッキングして荷物を持ち運ぼうとすると・・



ショルダーベルトが肩に食い込んで死ねます。



正直・・・重いわっ!


続いて・・レンズケース。

レンズケース 3レンズケース 4を買ってみたのは、内部スペースがどんなもんだろうと思ったからですが・・。

これもTAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001で比較してみると・・

レンズケース 4だと余裕。

レンズケース 3だと丁度といった感じ。

となると、レンズケース 4の方がブロアを隙間に詰めれそうな気がするので使い勝手はいいのかもしれません。


最後にインバース200AW

これは、あまりα900を意識せず、α55用かなぁ?と思って買ってみたのですが・・

意外に意外に・・

α900縦位置グリップ+SAL50F14SAL70300G+TAMRON SP AF28-75mm F2.8 A09が入ってこんな感じでした。

重量はいわずもがななので、自転車乗るときはキツイですが、小旅行程度だとα900でも行けそうな感じ。




というか、思いっきりバック沼にはまりました候。

そろそろバッグを収納するスペースが無くなってきたわけで・・
トップローダープロ 75AWとチェストハーネスとレンズケース 3は使用するか微妙な感じだったので売るかもデス。



1311月/100

神戸市立森林植物園に紅葉を撮りに行ってみた。

ようやく、ところどころ紅葉が見どころな所が出てきましたので、
その中で比較的近い場所で、神戸市立森林公園に行ってみました。

近いといっても、自宅からは結構な距離ですが・・

まぁ、高野山ってのもあったのですが、夏に行ってるので回避しました。

今回の装備は、NG W5070α900と先日購入したSAL50F14TAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001です。

一応Kenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLも持っていったのですが、微妙に曇り空でしたので・・出番無し。

ルートは、三宮経由で谷上駅に行き、山田道を通り南下して神戸市立森林公園にアプローチする形で・・

ハイキングも味わえ、紅葉狩りも出来るという感じです。


で。。

道は基本的には比較的歩きやすく、こんな感じで多少アップダウンがある感じなのですが・・



途中、このようなカメラ持ち泣かせな沢渡りが随所に散らばっている中々スリリングなコース。




よくよく調べてみると、
神戸森林公園から布引の滝まで降りる道はトゥエンティクロスというハイキングコースでして、
沢渡りが有名な所らしいです。

昔はそれだけの数の沢を渡るコースだったようですが、今は5,6か所のようで・・。
カメラ持ってなかったらもっと純粋に楽しめるかもしれない(笑)

谷上から神戸市立森林公園に行く道はそれとは違うのですが、それでも3か所ほど沢渡りがあった気が・・。




で、その道すがらところどころ綺麗な紅葉が観ることが出来ました。

α900 SAL50F14 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/400秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE

でも、その真裏はゲンナリとする工事現場だったりするのですが・・・

自然を満喫していると、途中普通に工事現場やコンクリート舗装が出たりするなんとも言えないコースを抜け、
1時間程で神戸市立森林公園に到着しました。

ここで、SAL50F14からTAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001に付け替えて、いよいよ本格的に紅葉撮影。

まだ全体が赤という訳ではありませんでしたが、部分的に見頃な箇所があるような感じでした。
それでも、地元に比べたら、随分と紅葉が進んでるなぁという感じ。

α900 TAMRON A001 焦点距離[180.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 TAMRON A001 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 500 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 TAMRON A001 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/200秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 TAMRON A001 焦点距離[150.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 TAMRON A001 焦点距離[200.0 mm] シャッタースピード [ 1/15秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F8.0 ] 絞り優先AE

α900 TAMRON A001 焦点距離[75.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE


ちなみにお昼は、ひよこ豆のスパイシーカレー。



後味が少しスパイシーなカレーでした。
お値段もお手頃650円也。



帰りは、沢渡りに備えてカメラを片づけたので、写真無し(笑)

とりあえず、布引の滝には寄りました。

α900 SAL50F14 焦点距離[50.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F11 ] 絞り優先AE


帰りに異人館とか元町とか寄るプランだったのですが、まぁ・・

予算とか店が混んでるやらで、結局コーヒーブレイクして終了。。



で、レンズの感想ですが、

SAL50F14はコンパクトで非常に軽くて常用で持ち歩いても良いのがポイント。
ぶっちゃけボディキャップみたいなものです。(いい意味でね)

F1.4って事もあって、非常に明るいレンズなのですが、その分ボケっぷり凄く、
まだまだ使いこなすまでは失敗を繰り返しそうな感じ。

TAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001は、流石に抜群なコストパフォーマンスと言われるだけの実力を感じました。

が、AFはやっぱりな・・という感じ。
静物専用ですね。

でも、α900の場合、MFでもピント合わせにさほど苦労しないせいもあり、相性は良いかと思います。

なんせ、SAL70200Gのお値段をみると。。
いや、TAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001で良いんじゃない?って思っちゃいます。

TAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001SAL70300Gで使い分けするとベストなのかもです。





まだまだ紅葉はこれからという事で、色々な所に回ってみたい所。

とりあえずは、箕面はいかないとなぁ・・と。


1111月/100

紅葉対策に32GBのCFと77mmのC-PLフィルターを買ってみた。

ぼちぼち紅葉も本格化してきましたので、
丸一日の撮影に耐えうる容量のCFカードと77mmのC-PLフィルターを購入しました。

CFカードはTranscend 400倍速CFカード 32GB TS32GCF400を購入しました。

なんか、普通の奴より高級っぽい箱に。。。

ちなみにTranscend 400倍速CFカード 32GB TS32GCF400が空の状態でα900に表示される残枚数が667枚です。

これでα900を購入した時に用意したグリーンハウス 433倍速 16GB GH-CF16GFXと合わせて48GB。
RAW+JPEGで撮影すると、1枚あたり大よそ40MBから50MBほど消費するので1000枚分です。

あとはSanDisk Ultra MemoryStick Pro-HG Duo 16GB SDMSPDHG-016G-J95もあるので、合わせて1333枚ほどは大丈夫と。

RAWだけにすると1600枚位まで行けそうな感じですね。


んで、C-PLフィルターですが、

先日TAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO A001を購入した手前、前回購入したKenko 67S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLが使えないので、追加購入した次第。

Kenko 77S PRO1D ワイドバンド サーキューラーPLを購入しました。

なんだかんだで、いつもPRO1Dを買ってしまいます。

多分、今後購入するレンズで77mmよりも大きいものは買わないと思いましたので、82mmとかにはいきませんでした。

SAL2470ZとかSAL70200Gなんかも77mmですしね。




さて・・

次の問題は撮影地ですが・・

神戸森林植物園なんか丁度見頃なようですので、突撃してこようかなと思ってる次第・・。



811月/100

50mm F1.4なレンズ SAL50F14を買ってみた。

先日購入したTAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO ソニーα用 A001Sのポイントで何買おうかなぁと思い物色中・・。

ボディに付けっぱなしにしても邪魔にならない程度なレンズが欲しいな~

と、IYH神の啓示を聞き・・。

SAL50F14をぽちっとな・・。

フルサイズ使ってると・・欲しくなるよね・・この画角!

と言い訳をしてみる。



フィルタ径は55mmということで、プロテクターはKenko 55S PRO1D プロテクターを購入。



α900との装着図はこんな感じで・・

あぁ、こういう格好も良いなと思いました。

ある意味高級なレンズキャップにならないように活用していきたいところ・・。


開放で使うとかなりボケ味が強い画となり、絞るとキリッとした画になるというこのレンズ。
カメラを持ち歩く時には常に携帯しておけるサイズなのがうれしい所。

これまた、紅葉撮影に連れて行くのが楽しみ・・。



で、、

そろそろ防湿庫のレンズ置き場が狭くなってきました・・。

でも・・まだまだ終わらんよ!!

と思っていたいこの頃。

スペースもですが、お金にも限界が・・(笑)

Tagged as: , No Comments
711月/100

Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO Model A001 for sonyを買ってみた。

70-200 F2.8レンズと言うものを体感したいと思い、色々と物色していたところ・・

TAMRON SP AF70-200mm F/2.8DI LD IF MACRO ソニーα用 A001SがSofmap.comで72,500円の16%ポイントというのを見つけてしまい・・




 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   
       ∧_∧ / /    イヤッッホォォォオオォオウ!
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||




しました。

といっても、購入したのは先々週くらいで・・結構取り寄せ時間かかったなぁ・・って感じ。

70-200 F2.8なズームレンズが6万強だと考えると、強烈なCPを感じます・・。

キャノン、ニコンでは手振れ補正が無いこのレンズですが、ソニーはボディ内手振れ補正なので、十分に使えるレンズかと思います。



で、今回は初めての77mm径レンズ。
MCプロテクターはいつものKenko 77S PRO1D プロテクター
このぐらいになってくると、フィルターの価格もバカになりませんねぇ・・。

付属品は、レンズケースと保証書とマニュアル。

SAL70300Gと比べると。。

さすがのインナーズームレンズ。




長いです・・。


でも、SAL70300Gを伸ばすとほぼ同じ長さだったりするのですが・・。

先日購入したtamrac 608 に縦で収納できないときたもんだ・・。
これは、ボディに取り付けたまま収納せんといかんねぇ・・。



α900との装着イメージはこんな感じ。

まぁまぁ、精悍かと。


フルタイムMFでは無いのですが、
α900の場合、手元にAF/MF切り替えボタンがあるので、
レンズ側のピントリングをパチンとMF側に切り替え、
手元の切り替えボタン押しながらピント合わせてシャッター押すという流れでストレスなくMF撮影も出来ました。


結構、ボケが綺麗だとかの話を聞くので、紅葉撮りにつれていくのに楽しみです。


611月/100

tamrac(タムラック) 608 Pro System 8を買ってみた。

夜千里川にいった帰りに、梅田ヨドバシに行ってみました。
目的はショルダータイプのカメラバックの購入です。

お目当ては、tamracのUSAモデル。

tamracの場合、型番が4ケタが中国生産の廉価モデル。
3ケタがUSA生産のコーデュラナイロンを使用したモデルとなってます。

収納力は同じなのでしょうが、デザインと素材が異なります。

普段、TUMIの鞄を使ってるせいか、こういったアメリカナイズな機能性に惚れやすかったりするわけで・・。

608610612で迷い、色もグレーか黒かで迷ってた訳で・・。

グレーは写真で見ると、カッコよかったのですが、実物は黒の方が質感が良く感じ・・・。

黒に決定。

608610612か・・

612はお値段もさることながら・・サイズが大きすぎでショルダーじゃキツイのでスルー・・

610は横幅が大きくなるが、奥行が若干狭くなるのが難点・・

α900が入らなかったら意味がない訳で・・ 結局、608を購入しました。

ついたポイントで、マルミ フィルターソフトケース(L) HAKUBA レンズポーチL も購入。

フィルターとステップアップリングが増えてきたので、フィルターケースのが持ち歩き易いかなぁ・・と。




で、tamracの魅力は収納の機能な訳ですが・・

フロントのポケットを開けると、仕切りのついた小物入れがあります。

上蓋の裏には、取り外し可能なポーチ。

右サイドのチャックを開けると、メディア類を入れられるポーチ。
ゴムひもで固定されていて本体と分離しないので、ある意味貴重品入れですね。

両サイドには、コブシが入りそうなポケット。GPS-CS3Kブロアーあたりを入れておけそうな感じ。

で、一番大事なメイン部の収納スペースですが・・。

今のところ我が家で一番大きいであろうα900+縦位置グリップ+SAL70300Gで試してみると・・。

うーん・・入るには入ったが・・
真ん中は下の方にしか荷物を入れられなさそう・・。


少なくとも他のレンズを縦に入れることは出来なさそうです。

とはいえ、612を買うなら・・リュックタイプに落ち着くのだろうし・・
仕切り部品はこれだけあるので、用途に合わせてカスタマイズすればいいのかなと・・。




大きく持ち出したい時は、NG W5070を使い、少し軽装な時はtamrac 608な感じですかね。

次は自転車に乗る時用のバックが欲しくなる所・・・

これが、バック沼ってやつですか・・?



611月/100

なんとなく、夜の伊丹@千里川に来てみた(α55)

なんとなく・・夕方からふらっとα55SAL70300Gを持って夜の伊丹空港@千里川に出かけました。
現地についたら真っ暗だったわけですが・・。

そういえば、夜の千里川ってまだ行ってないなぁ・・と思い、一度観とこうかという感じ。

カメラを所有すると、妙に新しい光景を観たくなるものですねぇ・・。

まぁ、カップルが多数おりましたが、この寒い夜にカメラ持って写真撮ってる人なんて皆無な訳で。

で・・何も考えず来たので、ISO6400でシャッタースピード稼ぎつつ撮影。
ノイジーなので、超縮小版で・・(笑)

α55 SAL70300G 焦点距離[110.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [165.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F5.0 ] シャッター速度優先AE

α55 SAL70300G 焦点距離[120.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [180.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F5.0 ] シャッター速度優先AE

α55 SAL70300G 焦点距離[200.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [300.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE

α55 SAL70300G 焦点距離[180.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [270.0 mm] シャッタースピード [ 1/30秒 ] ISO [ 6400 ] 絞り[ F5.6 ] シャッター速度優先AE


まぁ・・SAL70200Gだったら、もっと感度下げても大丈夫だったりするのかなぁ・・なんて思いつつ・・。

暗闇の中から轟音立てて頭上を通り抜けていく飛行機ってのも良いものですよ。
夕方から19時くらいにかけては、帰ってくる飛行機も結構多いので良い時間帯かもしれません。

防寒対策は忘れずに・・
保温性のある水筒にホットな飲み物があれば良いのですが、いかんせんトイレが近くにありませんので、あまりガブガブ飲むと死ねますが。

ダウンジャケットにカイロがいいのかなぁ・・。

ソニーストア

311月/100

天王寺動物園に撮影にいってみた(α55編)

カメラも一新したので、何か撮りに行きたいなぁ・・と思って、ターゲットにしたのが動物園な第2弾。

α900と共に持ち出してきたα55の出番ですっと。

α900と逆の順路で動物園をもう一周したのでした。

いやぁ・・α900の後で使うとボディの重さが無い位に思えてしまいます・・。
軽いわ。

α55SAL70300Gってフットワークの軽快さでは最強かと思えてしまう・・。
これ一本でサクサクっと撮影が進んでいきます。

正味、適当に撮っていくぜ!な時には良い組み合わせかと。

α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 400 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 160 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 320 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 400 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE



2頭いるトラのうち1頭は大あくび。

α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 1600 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE



もう一方は・・

ん?

α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE



!! なんかガン見られてます・・(;´Д`)

α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

その一方・・やる気のないライオン

α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 400 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE


で、怖いよキリンさん・・。

α55 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] 焦点距離(35mm換算) [450.0 mm] シャッタースピード [ 1/500秒 ] ISO [ 250 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

で・・気が付けば、開放かつ300mmのオンパレードな撮影となりました・・。

まぁ、ある意味撮影テストではある訳ですが・・

α900+SAL70300Gで回った後なだけに、換算450mmで使うのはわかるのですが・・
もうちょっと絞れよ自分とちょっと思ったりした次第。

で、α55について・・。

まぁ、バッテリーに関して言えば、サブ機という事もあり予備バッテリーを持っていけば全然平気。
大きさも、レンズ外してボディのみであれば、標準望遠レンズ1本分位のスペースで持ち出せるのはサブ機としては魅力。

勿論、サブとしてではなく、お散歩鞄や仕事鞄に詰めて常時携帯カメラでも可。
GPSも付いてるのでちょいと帰り道に寄り道な使い方も面白いかも。


まぁ、シャッター音はやっぱりダメな感じ。

軽い・・

α900の後だと特に・・。



本気カメラでは無いなぁ・・と思いつつも、あると便利なバリアングル液晶とライブビュー・・。
あれだ・・α900に無いものを持ってるんだこいつ(α55)は・・。

そう・・スーパーサブって感じ・・。

まさに、α900のお供にこんなのドウゾって感じ・・。

ソニーストア

311月/100

天王寺動物園に撮影にいってみた。(α900編)

カメラも一新したので、何か撮りに行きたいなぁ・・と思って、ターゲットにしたのが動物園。

植物、飛行機ときたら、動物かなぁ・・次は・・って思った次第。

という事で、近場で動物園といえば、天王寺動物園。
入園料は500円とリーズナブル。

決まりだな・・と思い、NG W5070α900縦位置グリップα55を詰めて出発。

レンズは多分望遠だろうという事でSAL70300Gをメインに、テスト撮影としてTAMRON SP AF90 F2.8 Di 272EMを持ち出しました。

一応・・TAMRON SP AF28-75mm F2.8 A09も持っていきましたが・・まぁ使いませんでした。

というのも・・

11月3日祝日ともあって・・・人大杉。もとい人多すぎ。

これじゃぁ・・ゆっくり撮影なんて出来ませんなぁ・・という感じ。

周りの人も写っちゃう標準ズームは使い辛いところ。

なので、足早に撮影を済ませてきました。



まずはα900SAL70300Gでの撮影。

α900 SAL70300G 焦点距離[280.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F6.3 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/125秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F6.3 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/100秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 500 ] 絞り[ F6.3 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[230.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F6.3 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/250秒 ] ISO [ 800 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE

α900 SAL70300G 焦点距離[300.0 mm] シャッタースピード [ 1/320秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F5.6 ] 絞り優先AE



で、α900TAMRON SP AF90 F2.8 Di 272EMでMFでの撮影。

α900 TAMRON 272EM 焦点距離[90.0 mm] シャッタースピード [ 1/160秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE

α900 TAMRON 272EM 焦点距離[90.0 mm] シャッタースピード [ 1/1250秒 ] ISO [ 200 ] 絞り[ F2.8 ] 絞り優先AE


特に重いと思わなかったのは、グリップが良いからなのでしょうか。
まぁ、α55と比べると重いとは思う訳ですが・・

MFもα550ではやろうとは思いませんでしたが、流石のα900・・

MFが楽しいと思わせてくれます。
あまり動きの激しくない物だと、MFの方が良いかもって思った次第。



で、α55編に続く・・。