果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

297月/100

Magic TrackpadとApple Wireless KeyBoardを買ってみた。





ほんと、Appleの純正入力機器は魅力的だぜ!! ヒャッハー





という事で、Magic Trackpad(MC380J/A)を早速買ってみました。

ついでに、Apple Wireless Keyboard (JIS) (MC184J/A)も買ってみました(ぉぃ

Magic TrackpadはAppleストアで注文しようかどうか迷ってたら、24時間以内発送じゃなくなったので、見送ろうとしたのですが・・・

ヨドバシ.comにてヨドバシ梅田(在庫あり)となっていたので、つい取り置きサービスを利用してしまい・・。

颯爽と引き取ってまいりました。

ま・・難波からの交通費が余分にかかった分、迷わずAppleストアで注文しときゃよかった訳ですが。

で、このMagic TrackpadApple Wireless Keyboard と一緒に使う事を想定しているっぽいので、ついでに捕獲した次第。

シンプルなアルミ板・・・。

裏を見ると、

Mac OS X v10.6.4 + Apple Magic Trackpad Software Updateを入れてね!

と注意書きが・・

なんか、アップデートせずに先にペアリングするとややこしい事になった的なお話もあるので、
先にSoftware Updateを実行しとくのが吉のようです。

ちなみに、MC408J/AことMac Mini Serverの場合、Server用のアップデートは存在しませんでしたが、普通に http://support.apple.com/kb/DL1066?viewlocale=ja_JP にてダウンロードしてぶち込めばOKでした。

ちなみに元々、Mac Mini Serverにて使用している、Apple Keyboard (JIS テンキー付き)Magic Mouse(MB829J/A)との入れ替えを考慮して購入検討をしていたのですが、、

いざ使ってみると・・

OSX ServerでMagic Trackpadである必要ってすっごく少なくて・・




そのままで良いかと(ぉぃ


iLifeとか入んないしね・・


ちなみに、Apple Keyboard (JIS テンキー付き) (MB110J/A)とMagic Trackpad+Apple Wireless Keyboard (JIS) の比較はこんな感じでした。

ほぼ同等の設置スペースですね。

とりあえず、Mac Mini Serverには、Apple Keyboard (JIS テンキー付き)Magic Mouseをそのまま使う事にして、これらはMacBook Pro 13.3インチ(MB990J/A)の外部ディスプレイ接続での据え置き利用時用にでもしようかと。

Magic Trackpadの使用感としては、MacBook Pro 13.3インチ(MB990J/A)に付いているトラックパッドよりも面積が広いため、非常に操作はしやすいと感じました。

ただ、角度が付いているため、長時間使うと手首が疲れるかもね・・。

値付けは、高いかなぁ・・と思いつつもBluetoothなんで仕方ないのかな。

むしろ、Apple Wireless Keyboard が安いんだと思われます。

にしても、このMagic Trackpadの登場で、
デスクトップなMacでもマルチタッチがMagic Mouseのような不自由な感じでなく利用できるようになったのは大きい。

デスクトップユーザーには最高な周辺機器だと思います。


287月/100

MacBook Pro 13inch (MB990J/A)用に8GBのメモリと7200rpmの500GB HDDを買ってみた。

DDR3 SO-DIMMの4GBメモリが気が付いたら10,000円ちょいになってたので、
ドスパラ通販でMicron ノート用 DDR3 1066Mhz SO-DIMM 204pin PC3-8500 1066D3N-4G-Mを2枚(10,920円×2)買ってしまいました。

ついでに・・・日立の7200rpm 500GBのHDDなHTS725050A9A364もワンズで6,400円で買いました。

つか、メモリもそうですが、2.5inchのHDDの価格下落感が半端ない気がします。

容量が増えない分かもしれませんが、7200rpm 500GBが6,400円て・・いい時代だ。

んで、これらを買った理由は、MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/Aで使ってる、
Parallels Desktop 5.0 For Macのパフォーマンス改善が一番の理由ですね。

今までが合計4GBでしたので、Parallels Desktop 5.0 For MacでWindows7を仮想で使うには、
1GBか1.5GBあたりの心もとない割り当てしか出来ませんでしたが・・

8GBになると、Parallels Desktop 5.0 For Macに4GB与えてもOSXに4GBも余るじゃないか!!

ヒャッハー!!

という感じ。

20,000円ちょっとでの費用対効果は抜群かと思われる・・。

で、裏蓋も開けるならついでにHDDも交換してしまおうじゃないかと。

今まではWESTERN DIGITALのWD5000BEVT(5400rpm 500GB)で使用してました。

これはこれで、2.5inchの5400rpmにしては早い(大体70MB/S~80MB/S)でしたが、
HTS725050A9A364になると110MB/S~120MB/Sと1.5倍になる訳で・・。

HDDがなんだかんだ言って一番のボトルネックなので、これの効果も侮れない。

でも、6,400円・・。




では、さっそく取り付け。

MacBook Pro 13inch (MB990J/A)を裏返して、周辺にあるネジを慎重に回します。

で、おもむろにパカンと外します。

ちなみに液晶ヒンジ側は長いネジになってるので、戻す際は注意。

裏蓋を開けると、メモリもHDDも見えているので、外して新しいものに付け替えるだけ。

但し、HDDのマウンタ用のネジだけはT6のトルクスネジですので、
ドライバーをホームセンターなんかで適当に買ってきておかないと、

MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/Aを開腹したまま、外へ走り出す事になります(ぉ

交換後は、DVDブートで起動し、外したHDDを外付けケースに放り込んで、
ディスクユーティリティでMacOSX領域をコピーします。

で、私の場合、BootCampでWindows7を利用してて、Parallels Desktop 5.0 For Macに乗り換えたので、BootCamp領域もコピーしなくてはいけませんでした。

ディスクユーティリティではBootCamp領域はコピー出来ませんので、フリーソフトの出番となります。

手順は以下の通り。

1.OSXを起動する。

2.BootCampアシスタントでパーティションを分割する。

3.Windows7のディスクから起動し、作成したBootCamp用パーティションをNTFSでフォーマットする。

4.OSXを起動し、WinCloneというソフトを使用して、旧HDDからBootCamp領域をバックアップする。

5.WinCloneにて、バックアップした領域を新HDDにリストアする。

6.Parallels Desktop 5.0 For Macの再設定(仮想マシンの再登録)

で終了。

つか、外付けディスプレイも繋いでで、OSXとWindows7を画面分けて使うと、

Windowsマシン要らんのじゃねぇのか?

と思ってしまった次第。

まぁ、たまにするゲームやらPT2でのTV視聴が出来なくなるので、1台は置いとかないといけないんですけどね・・。

仮想化するならメモリが4GBと8GBじゃ、快適度が違いすぎです。

今の時期はお求めやすくなっててオススメですヨ。


277月/100

なんとなく、もやしもん・・~その2~

前回の続き・・

さて、引き続き届いたのは・・(ぉぃ

もやしもん モネラソフビフィギュア 第1弾 全4種セット

とても・・大きいです・・。

で、もやしもん かもすいんぐ 全5種

ギミックは使い道不明だけど、とてもいい仕上がりだと思うのですが・・
意外に安いんですよね、これ。

もやしもん モネラストラップ2 全11種セット

まぁ、11種もあると、爽快だなと・・。

もやしもん ソフビモネラマスコット 第2集

とりあえず、揃えとかなきゃ・・。

で・・・

これらを一つのケースに詰め込むと・・

こうなる。

見事に、かもされてます。

・・

ちなみに、最後にもう一つだけ衝動買いしてます・・。

来週届くはずなのですが・・ね(ぉぃ

267月/100

なんとなく、もやしもん

深夜、何気にチャンネルを回してると、実写版もやしもんが放送されてました。

オリゼー・・カワユスなんて思ってると。

Amazonやら楽天やらでさっくり検索して、色々買ってしまった次第・・。

衝動買い第一弾?として。。。

フィギュア王 No.128 もやしもん 秋の菌祭り

様々な菌達が表紙に踊り・・。

付録にも・・様々な菌達が踊り・・。

中には、フィギュアが2体とストラップが1個入ってます。

蓄光らしいんですが・・・発売されてから時間が立ってるせいかあまり光りませんでした・・・(泣)

んで、もやしもん ソフビ モネラ マスコット 第一弾 全5種

ふむ・・。

まぁ・・

一言で感想をいうと・・

和む・・

ちなみに事務所にマグカップが丁度欲しかったので、もやしもん マグカップ(虫歯)も買いました。

ちなみにまだまだ続きます・・(ぉ

257月/100

コロンビアのトレッキングシューズ(ラマンピークオムニテック)を買ってみた。

山に行くぞ。

と上司が突然言い出しましたので、今日は登山記念日。
じゃなく、

とりあえずトレッキングシューズを買ってみました・・。

ブーツやサンダルで山に行くわけにもいかず、安スニーカーで行っても死ねる気がしたので、真っ先に・・。

まぁ、山行かなくても、冬になったら普段着で履けるだろうからいいんだけど。。
どんなのがいいのかな?とチョコチョコ調べてたんですが、
デザインと機能を考慮すると大体15,000円くらいのシューズが妥当かなという感じ。

あまり安いのは撥水性が乏しかったり、重かったりするので、却下。

高いのは、本格的なトレッキングってか冬山?とかなんで、まぁ選択肢に無い。

んで、そんな中、デザインと価格帯でこれかなぁ・・と思ってたのが、Columbia サンギルオムニテックでした。

で、いざポチろうかと思ってた矢先・・。
コロンビアのラマンピークオムニテックが送料込で7,580円なんてのを発見。

こんなんあったけか?と思ってみたら、どうやら去年モデルのカタログ落ち品。

去年モデルったって機能なんて、靴ならそんなに変わらんだろうと言うのとデザインも気に入ったので、急遽変更。

ラマンピークオムニテックをポチっとな。

で、即日発送、翌日到着。

カッコ良す。

周りには履きもせずよく買うわ~等と言われましたが・・・

安さに勝てるものは無いのだよ!!

というか、過去ほとんど通販で靴買ってるんで、見ずに買うってのが、
全然抵抗ないんだけどね。

これダメだ!と思う靴にはあんまり出会わないので、多分、標準的な足な形してるんだろうなと・・。

ちなみに、1サイズ大き目が良いとの事でしたので、それに従ってみたところ、丁度いい感じでした。

さて・・何回ほど山に行くんだろ?(笑)

227月/100

Logicool diNovo Mini (DN-500)を iPhone4用に買ってみた。

iOS4になってBluetoothキーボードが使える用になったiPhone用に、
LogicoolのミニBluetoothキーボードのdiNovo Mini (DN-500)を買ってみました。

diNovo Mini (DN-500)とiPhone4との大きさ比較はこんな感じです。

で、diNovo Mini (DN-500)の大きさ的に、机に置いてキーを叩くよりも手に持ってプチプチ押す感じのが楽なので、
以下のような置き方に・・

蓋にiPhone4を置くのがベスト位置・・。

なんというか、これが落ち着く。
公式にはiPhone4は対応済みとはなっていませんが、問題無く使えます。

でも、いざ日本語入力をしようとしても・・

変わらない・・
はて・・
とgoogle先生で検索すると・・
「Winキー」+「スペース」で変更出来るようだ・・。

この変態キーボードめ・・

ちなみに右側の窓のマークではなく、左側の奴なので注意・・。

使ってみた感想としては、
出張先でテキストを作成する必要がある人には携帯性抜群なキーボードで○かと。

ただ、トラックパッド部分がまったくiPhoneじゃ役に立たないから、
iPhone専用として買うには、もうちと安いやつでいいんじゃないかい?と・・。

Apple Wireless Keyboardとかね。

私的には、今後のアップデートでトラックパッドというかマウス対応なんて事になったら、一段とブレイクしそうなキーボードではありますね。

197月/100

南河内サイクルラインから長居公園経由、大阪城公園までサイクリング

ようやく雨続きでなくなったので、今日は久しぶりにNironeでサイクリングしました。

いつも通り南河内サイクルラインに向かい、北上。

大和川に合流し、西へ。

矢田から、北へ進み、長居公園へ。

そういえば、高校生の頃にセレッソ大阪の試合を見に来た以来、長居公園に来てなかった気が・・。

かれこれ14年ぶり?

公園の中をグルグルと流した後、さらに北上。

とりあえずの目的地として、分かりやすかった大阪城公園へ・・。

この辺まで走ったら、往復で100kmになりそうな気がして・・。

天王寺付近で地味に迷いながら、なんとか谷町筋へ。

そのまま北上し、谷町四丁目の交差点を東へ、法円坂を超えて、大阪城公園に到着。

まぁ、公園内を少し周ってみたのですが、ここも中国人観光客だらけですな・・。
周りから日本語が聞こえなかった(笑)

日本橋も中国人観光客が買い物しに毎日朝からバスでいらっしゃるようで・・。

まぁ、免税店だけで買い物せずに、オタグッズでも買い込んでくれれば、
日本橋もまた賑やか?になるのでしょうか・・。
と、感慨にふけりながら、帰途へ。

そのまま来たルートで帰っていきます。

結果・・走行距離は90km。

あれ?

100km超えは次の機会に・・(笑)

何と言いますか、
大阪市内に入ると信号に捕まったり、違法駐車が多かったりと走りにくい分、
時間かかったわりには距離が延びませんでした。

運動するなら、田舎の方が良いかなぁ・・と。

次はみさき公園でも目指すか・・?

187月/100

Frettaのハンドルポジションを見直してみた。

前回ZOOM ハンドルポジションチェンジャーを買って、
ハンドル位置を前にしてTOPEAK ツアーガイドハンドルバーバックの取り付けをハンドルバーに取り付けたら、やたらとハンドルがクイックになってクルックル回るようになったので、取り付け位置を見直してみました。

色々試した結果・・。

ハンドルバーの位置は標準の位置で、ZOOM ハンドルポジションチェンジャーを真上の伸ばし、
TOPEAK ツアーガイドハンドルバーバックFixer 8を取り付けました。

重心がやや上方で後ろに下がった為、ハンドルが必要以上にクイックにならなくなりました。

また、ワイヤー類もTOPEAK ツアーガイドハンドルバーバックに当たることも無くなりました。

ただ、Fixer 8のスペーサーの厚みが足りなかったので、100均の耐震ジェルを切って隙間に入れましたが・・・

ZOOM ハンドルポジションチェンジャーの使い方を間違ってるのかもしれませんが(笑)
これが一番ポタリングには適した取り付け方なんではなかろうかと思いましたとさ。

187月/100

片面SPDペダル SPD-A600を買ってみた。

Bianchi ROAD C2C Via Nirone7 Alu Carbon Ultegra Mix CompactにSPDペダルを使ってみてSPDのみでも大丈夫だと感じたので、
軽量で片面SPDなPD-A600を買ってみました。

街乗りにはPD-A530の片面フラットペダルも楽だったのですが、
やはりロードバイクに付けるにはペダル大きいよね?というバランスなので、PD-A530
はポタリング仕様なFrettaに移植しました。

Bianchi ROAD C2C Via Nirone7 Alu Carbon Ultegra Mix Compactに乗る時には今後はスニーカーを履くこともないだろしね。

取り付けた見た目も随分とスマートに軽くなったという感じ。
SPD-SLほどじゃないですけど、SPD-SLシューズだと4階からの上げ下ろしに不安があるんでSPDのままにしたので、気にしない。

ですが、このPD-A600ってペダル・・。

ほぼSPD面が下に来るので、クリートをはめる時に一苦労・・。

おかげ様で、左ペダルがテスト走行1回で裏面の軸部分が傷だらけになりました(泣)

もう塗装なんて無かったことに(ぉぃ

ペダル後ろからアプローチして、つま先に引っかけて半回転させて、クリートをはめるという流れがほぼ必須。

気にならない程度に練習せんといかんね~。

177月/100

MINOURA M20-V minimag ミニベロ用サイクルトレーナーを買ってみた。~その2~

前回の続き

方向は逆ですが、仕事帰りに長堀までいってワイズロード大阪に行ってきました。
用事は、純正ホイールに装着する9速のスプロケットを購入する事。

まぁ、それだけだと勿体なかったので、タイオガ ホイールバッグ(1本用)
取り外したホイールのスプロケットに付けておくオーストリッチ フリーカバー MTB用も一緒に購入しました。

カセットスプロケットは予定通りDEORE カセットスプロケット CS-HG61-9 ar(11-32T)を購入しました。

で、振動対策にホームセンターでこんな感じな物も購入。

子供用のパズルマットと防振ゴム4枚。

薄いブルーシートは汗と汚れ対策。
サンダルは気楽に乗る時用です。

パズルマットは薄いお風呂マットな感じで、10枚入りで680円。
防振ゴムは1枚150円程度でした。

で、完成図は以下の通り・・。

パズルマットは2枚重ねです。

Frettaだと左側にスタンドを付ける為、普段は右側からにクイックリリースレバーが付いています。

で、ミノウラ M20-V ミニマグは左側にクイックリリースレバーの固定用の穴があります。

なので、外に行くときにスタンドを付けたい場合は、ミノウラ M20-V ミニマグからさっとFrettaを取り外して、
そのまま出かける事は出来ず、少なくともクイックリリースを抜いて、
スタンドをネジ止めしてから逆向きにクイックリリースを差し込む事が必要だったり・・。

まぁ、私の場合、ホイールも入れ替えてる訳なので、実際はスタンドをネジ止めする手間だけが普通よりもかかるだけなんですけどね。

ミノウラ M20-V ミニマグの使用感ですが・・

最初は、負荷を最大にしてて、

「あぁ、ヤバいかも・・」というような唸るような音をかもしだしてたのですが、

半分くらいの負荷にして、タイヤとローラーの接触具合を調整している内に、洗濯機回すよりも静かな状態になりました。
これなら、集合住宅でも大丈夫って思える位。
テレビの音も普通に聞こえます。

夜については、深夜じゃなければOKかなって思える位。

景色も流れず、只漕ぐだけだと飽きそうなので、
Torneで撮りためた番組を流しつつ、外にいけない時に漕ぎ漕ぎしていく予定です。

157月/100

MINOURA M20-V ミニマグ ミニベロ用サイクルトレーナー(ローラー台)を買ってみた。

結構Blogの更新間隔が空いていますが・・。

まぁ、週末に雨降るわ、平日は夜遅くなってるわでネタもなかった訳で・・。

んで、先日事務所で徹夜業務を行ってから、これは何か買わんとやってられんと思い(ぉぃ

雨続きでも、自転車が漕げるローラー台が依然から気になっていた事もあり、色々と物色してた次第。

まぁ、Bianchi ROAD C2C Via Nirone7 Alu Carbon Ultegra Mix Compactを持ってるので、普通のローラー台を買うのが普通なんでしょうが、

・部屋が狭い事
Bianchi ROAD C2C Via Nirone7 Alu Carbon Ultegra Mix Compactはまだ替えホイールが無い事
・3本ローラーは集合住宅じゃぁ・・

もあり、純正ホイールが余ってるFRETTAで乗れる固定ローラー台を探しました。

前傾姿勢さえ気にしなければ、乗れる固定ローラー台もあるみたいですが、
そこはやっぱり違和感ないのにしたいという事で、BD-1にも公式に対応していると謳っているMINOURAから出てるミニベロ用のローラー台に。

んで、ミニベロ用はM20-DM20-Vの二種類あって、
前者の方が安く、後者は高いもののGYROユニットを搭載して、通常サイズのローラー台の上位モデルと同等の設計。



となると、M20-Vだろと(笑)




これでダメなら諦めて通常のローラー台買えばいいんだよと(おぃ



いう事で、ぽちっと購入。

で、到着。

早速使ってみたいという所ですが、

使ってない純正ホイール+純正タイヤで乗るつもりなので、
まずはコイツについているSRAMの8速スプロケットを9速に替えないと・・・

で、都度、A-Class Folex 18からDEORE XT カセットスプロケット CS-M770を移すのも面倒なので、
DEORE カセットスプロケット CS-HG61-9を購入してからにしようかと。

ちなみに、M20-Vは高さも無く、足はちゃんと畳めるので、コンパクトに収納が出来ます。

私の場合、BIKE PITBianchi ROAD C2C Via Nirone7 Alu Carbon Ultegra Mix Compactを吊るしている下のスペースに足を畳んで立てて置けましたので、
使わない時に邪魔にならなくて助かりました。

あと、気になるのは振動と音だよねぇ・・。