果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

285月/100

Phenom II X6 1055Tを買ってみた。

最近ゲームをする時間もなく、特にWebを見るだけぐらいだったので、
メインPCをCore i7-930からPhenomII X6 1055Tに替えてみました。

で、マザーボードは890FXとかじゃなく、GIGABYTEの790FXのUSB3.0 SATA6G対応なGA-790FXTA-UD5です。

在庫処分で、新品が12,800円で売ってたので、CPU同時購入1,000円引きにて11,800円で購入。
公式ページでβBIOSでX6に対応していたので、890FXには手をだしませんでした。

ぶっちゃけ、動けばいいやな気分でしたしね。

グラフィックカードには、HISのH577Q1GDの中古品 13,800円。
中古とはいえ、全然問題ないほどの美品でした。

ゲームやんないからといいつつ、この辺のを選ぶところが、思いっきりの足らない所か(笑)
5570とかでも問題ないんだろうけどね・・。

メモリはクレバリーで特売になってた、GeILのGV34GB1333C9DC(9,450円)を2つ。

という感じで変更点を書くと以下の通り。

CPU:Core i7-930 → PhenomII X6 1055T
マザー:GIGABYTE GA-X58A-UD7 → GIGABYTE GA-790FXTA-UD5
メモリ:PATRIOT PSD36G1600KH 2個 → GeIL GV34GB1333C9DC 2個
グラフィック:ASUS EAH5870/G/2DIS/1GD → HIS H577Q1GD
という感じ。

ヤフオクで替えたパーツは処分したので、手数料支払ったとしても4万円ほど手元にお金が戻ってきました。

戻ってきたお金は、、

自転車に注ぎ込まれてる訳で・・(笑)

とまぁ、それはさておき。

さっくりと中身を入れ替え、別のPCでβBIOSをダウンロードしておき、USBメモリ経由でアップデート。

無事にPhenomII X6 1055Tが認識されましたが、、

RAIDアレイが作成後に再起動するとOFFLINEになる事象に苦しめられました・・。

はて・・?
と試行錯誤していると・・

どうもSATA6Gを有効にしていると、RAIDがOFFLINEになる事が判明。

DISABLEに切り替えて、アレイを再作成すると、問題なく認識されました。

βBIOSがダメなのか、PhenomII X6 1055Tがダメなのかは分りませんが、一応この板の仕様っぽいなぁと。

Windows 7 のインストールも、ドライバDVDからRAIDドライバを組み込めば問題なく終了しました。

性能的には、Core i7-930からだとベンチマーク上では落ちるんでしょうが、ごくごく普通な用途であれば速度差なんて感じない(笑)
むしろ、色々と速い気がします・・Windows 7入れた直後だからかもしれませんが・・。

ゲームもWUXGAのフル設定にしなければ問題なくプレイ出来るくらいの性能はH577Q1GDにはあるでしょうし、
いい感じにダウングレードが出来たなぁって感じです。

265月/100

EVANGELION 破 Blu-rayを買ってみた。

konozama回避する為に、予約せずに、日付変わってから、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray]をお急ぎ便で買ってみたのですが、
今回はkonozamaどころかフライングで届いてたりした見たいですね・・。

まぁ、劇場で見てたので、当日手にはいりゃいいわな人だったので問題はなかったんですけど。

で、、

初回封入特典は・・

なんか山と棒が見える風景・・。

ぶっちゃけハズレですね(笑)

で、どこなんだろうか。。と見てたらどうやら冒頭の墓参りのシーンの遠景のようです。

せめてキャラ映ってたらねぇ・・。

まぁ、クジ運のない私なので、こんなもんでしょ(笑)

映像は流石のBlu-rayですね。
展開もスピーディで面白く、一枚もってても損はない出来かと。

初回版だとフィルムのクジ引きも楽しめます(笑)

にしても、完結編は何時公開なんでしょうか・・

Tagged as: No Comments
255月/100

ZOOM ハンドルポジションチェンジャーを買ってみた

TOPEAK ツアーガイド ハンドルバー バッグの取り付け位置改善のついでに、折り畳み車定番のZOOM ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャーを買ってみました。

取り付け状態はこんな感じ・・。

この位置と角度でしか、取り付けられませんでした・・・。

ただ、TOPEAK ツアーガイド ハンドルバー バッグのマウンターは比較的いい角度で取り付けられてはいますが、ハンドルバーの位置が固定されるのが痛い。

Frettaのハンドルステムは結構曲者で、見た目よりも幅を必要としてるんですよね。
で、ZOOM ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャーの両側のバーが意外に内側に取り付けられない・・。
TOPEAK ツアーガイド ハンドルバー バッグのマウンタも微妙に膨らんでいるのが、いやらしく干渉しまして、無理やりはめ込むと、この位置でスッポリとはまりました・・。

折角なので、ハンドルを下げる形で設置したかったので、この形にしていますが・・。

ハンドルが超絶にクイックになり、スタンドで立てると、TOPEAK ツアーガイド ハンドルバー バッグの重みでハンドルがクルッと回ってしまう・・。
で、倒れると。

ちなみにハンドルを180度回して置くと、自立します・・・。

あと、走行中に気を抜くと、ハンドルが取られて結構ヒヤリ。
ただ、前傾姿勢にはなり易くなったので、スピードを出しやすくはなったのですけどね・・。

245月/100

Mac OS X Server 10.6 実践ワークグループ&インターネットサーバ構築を買ってみた。

去年、発売と同時に買ってみたMac mini Server(MC408J/A)ですが、
当初はOS X Server 10.6向けの書籍は出てませんでした。

10.5向けのMac OS X Server 10.5 実践ワークグループ&インターネットサーバ構築はあったのですが、流石に6000円近くする本をバージョン違いで購入するのにも躊躇してて、
購入せずでAppleのPDFマニュアルを見ながら構築してました。

で、、時は流れ・・

案件の納期に襲われてた時期にいつの間にか、Mac OS X Server 10.6 実践ワークグループ&インターネットサーバ構築が出てたのをこの間見つけて、即注文しました。

ていうか3月から5月にかけて大概な忙しさだったので、チェックする暇が無かったんで、アレ?出てるみたいな感じ(笑)

手に取って、読みながらOS X Serverの再構築を始めたところ・・。

非常にわかりやすく解説してくれてるなぁ・・と思いました。

OS X Serverを始めるなら

とりあえずコレ買っとけ!

と言える書籍じゃないでしょうか。

今のところ、ADサーバを撤去して、OS X ServerでWindowsマシンとMacBookの認証サーバとして接続する所まで構築してみました。
まだ、ログインスクリプトとかは弄ってませんが、後々の楽しみにという感じで・・。

RAID構成もRAID0からRAID1に構成を変えての再構築です。

最近は、ゲームもする事がないから、MacBook 1台でParallels Desktop 5.0 For MacでWindowsソフトを~という感じで十分な感じもしてますので、
徐々にWindows環境からMac環境へと移行を進めていきます。

235月/100

iPhoneでGPSログ取りをしてみた。

ようやく、仕事が落ち着いて来て、週末毎にサイクリングが出来るようになってきました。
で、Bianchi FRETTA 2009を購入してからやっと400km走破しそうになりました。

んで、南河内CLを起点にルートをチョコチョコ変えつつ走ってはいるものの記録として残るのがサイコンでの距離ってのも物足りなくなってきました。

GPSロガー欲しいなぁ・・と

GPSで定番といえば・・GARMIN。

ブログとか見てると、Garmin Edge 500を利用している人が結構いてて、少し気にはなってるのですが、
まぁ、いい値段するわけだ。

で、この間wiggleで20%Offがあった時に非常に迷ってたんですけど、やっぱり踏ん切り付かず。

でもなぁ・・

なんて思ってた時に、ふとiPhoneで無いんか?と探してみたところ・・。

やっぱりあるんですよね。

無料から数千円するヤツまで多数。

で、試したのが有料アプリのEasyTrailsです。

有料といっても300円位だったので、なんの気兼ねもなく購入できます(笑)

iPhoneをスリープ状態にしてもちゃんとログをとっていってくれますし、GPSデータとしてメールでエクスポートが出来るので、
Google アースに取り込み、さらにmapsにも表示出来ます。

精度も全然問題なく、走行距離、時間とアベレージスピードなど表示してくれてロガーとしては必要十分。

ただ、スリープ状態とはいえ、1日中使うのにはバッテリーの減りが気になったので、SANYO NEW eneloop モバイルブースター USB出力付き充電器セット(単3形2個セット) KBC-E1AS を購入しました。

専用リチウムイオンなSANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2ASもあるのですが、替え電池は持ってるので、値段も安いので、汎用エネループが使えるタイプにしました。

設置場所は先日購入したTOPEAK ツアーガイド ハンドルバー バッグの中。
上蓋の所に薄いポケットがあるので、ソコにモバイルブースターを入れておき、iPhoneへ接続し、給電します。

んで、この日は、南河内CLから大和川を下って行き、住之江公園まで足を延ばしました。

その足で、さらに大和川を下流に進んでいると、Amazonの倉庫があったので、記念撮影・・。

この日は、4時間半の走行で、68kmほど走りました。
100kmの道のりは遠いですね・・
バッテリーの方は、単3エネループを2セット(4本)利用し、音楽を聴きながら、たまにマップ確認をしても帰宅時にはまだ62%残っており、
替え電池を3、4セットをTOPEAK ツアーガイド ハンドルバー バッグに忍ばせておけば全然一日中利用しても問題ないと感じました。

モバイルブースター1回分でiPhoneが50%充電されるそうなので、
モバイルブースターがないと2時間程度で電池が無くなりそうですね。

走行ルートが記録できると、サイクリングするのも一段と楽しくなり、行ったことないところへと積極的に赴ける気がしました。

普段、場所と地図の確認でiPhoneが活躍してますが、さらに活躍してくれそうです。

ホントiPhone様々です。

225月/100

wiggleさんからお荷物ついた。~その2~

またまたポンド安という事で・・・

wiggleでお買い物してしまいました。

前回のRudyProject RYDONとは違い、今回はちゃんと緩衝剤が入ってました・・。

今回購入したものは・・

TOPEAK ツアーガイド ハンドルバー バッグと・・

Sombrio Deep Pockets Low Pro Folding Hatと
Gore Bike Wear Plaster Ultra II Baggy Shorts ブラック M

の3点です。

おおよそ12,000円程でしょうか。

ハンドルバーバックは背中に荷物を背負うのがうっとおしいと思えたので、ウエストバック同様に気になってたので購入。

Baggy Shortsはインナー入りのズボンが欲しかったからで、比較的デザインが普通かなぁと思い購入。
縫製とかはしっかりしていて、5,500円程度のモノとしては上々なのではないのでしょうか。

ただビックリしたのが、前がファスナーではなく・・マジックテープだった事。
とはいえ、さすがに走行中に全開になることは無いのですけどね(笑)

帽子はとりあえず、安かったので・・

TOPEAK ツアーガイド ハンドルバー バッグの装着はこんな感じで・・

標準の取り付け角度よりも下向きに付いてます。

と、いうのも・・

マウンターとハンドルステムのボルトが干渉して、この角度で付けるしかなかったんです・・。
しかも若干マウンターが歪んでます。。。。

とりあえずは、この状態で走ってきましたが・・
歪んでいる分、レバーが引きにくくなっちゃってるので、今後の課題・・・。

ハンドルバーバックを取り付ける事で、
替えサングラスとワイヤーロックをメッセンジャーバックを背負わなくても持ち出せるので、随分楽になりました。

難があるとすれば、重心が前にかかるので、ハンドルがかなりクイックになり、スタンドを付けても自立しにくく・・。

色々と課題もありつつ・・まぁ・・いいかと。

155月/100

Frettaのスプリングを変えてみた。

Frettaにはフロントにスプリング、リアにエストラマとサスペンションが付いているんですが・・

最初は衝撃を吸収してくれるわ~という感じで喜んでいたわけで・・。
今となると、力が逃げるというのが分りだし、尻が痛いのもボヨボヨ跳ねるからじゃないのか?と思い、交換する事にした次第。

BD-1、Frettaのスプリングはちょこっと商品化されてるのですが、手軽さと実績という意味ではサイクルハウスしぶやの一択なんでしょうか。

ちょいと値段は張りましたが(前後スプリングで10,500円・・)、ミカロームのフロントハードスプリングとリアスプリング+キャップ、
ついでにシートポストエンドキャップを購入しました。

封筒に入って到着。

値段が張っているだけに、質感と成形は良いですね。
ショップのロゴも入ってます。

交換前の標準状態。

黒スプリングと・・

赤いエストラマ

標準のモノと比べるとしぶや製は若干長くなってます。

交換後も中のスポンジに若干の隙間が出来ます・・。

ちなみに取り替えですが、アーレンキーを使ってマウンターを取り外してと説明にありましたが、
これが硬くてスプリングから抜けない&はめられない・・、しかもそんな長いアーレンキーありませんがなな状況。

んで、軍手はめてスプリングを捻じるように抜くと、

意外と簡単に抜けます。そしてはまります。

リアスプリングもエストラマに比べて長くなっています。
キャップ分長いという説明。

組み立て、畳む時はサドルに体重を掛けないとダメになっていますが、それほど苦労しませんので問題なし。

シートポストエンドキャップは・・硬さの余り、若干の隙間を残して・・・まぁ、抜けんだろうと。

そのまま南河内サイクルラインに試走。

大和川の畔の写真。

リアの赤エストラマが無くなったので、落ち着いた感じな車体になった感じがします。

入れ替えた感じとしては、スピードに乗せやすくなった点が一番に感じます。
坂道も登りやすくなりました。

まぁ、ハンドルの振動が増えた感じもしますが・・・(笑)

85月/100

RudyProjectのクリップオン FR760000と度付きレンズを買ってみた。

軽度の近視な私。
まぁ、運転免許は眼鏡無しで通ってるんですが、実際は運転中は眼鏡を掛けています。

んで、コンタクトな人ならサングラスとか気兼ね無く掛けれるんでしょうけど・・

コンタクト入れるほどの近視じゃないので、なかなか眼鏡から脱却できないわけで。

ちゅうことで、RudyProjectを選んだのもクリップオンで内部に度付きレンズを付けられるから・・

なので、さっくりと買いました。

通販で!(ぉぃ

去年の夏ごろに新しい眼鏡を買ったときに貰ったレンズの袋を見たり、鏡で瞳孔の間隔を測ったりしつつ・・注文後5日ほど経過して届きました。

お値段は7,350円(クリップオン)+5,000円(レンズ代)でした。

まぁ・・これでサイクリング時はもちろん、車の運転時にもサングラスが掛けられる訳で、安いもんだと。

で、まずはRYDON レーザーブラックに装着・・。

遠めには、クリップオンが付いているのは分かりません。

次に、SYLURO マルチレーザーブルーに装着・・。

こちらも遠めには分からない。

最後に、RYDON Impact-x クリアに装着。

スケスケです(当然・・)


ちょっと間抜けな感じがせんでもない・・。

ということで、ベランダで日光に当ててからの状態はこちら。

まぁ・・透けてはいるけど・・てな感じ。

ん~、サイクリング時はRYDONはImpact-X クリア で SYLUROにクリップオン装着して持って行く感じになりそう。

街中走る時は、Impact-xが薄い色の時に、ちょいと視線が気になるかなぁ・・と感じたので、、、

ちなみに見え方としては、正面見ている時は結構普通。
でも、目だけを動かして左右を見ると、チョイと違和感。

で、下を見ると・・ちょいとクラクラします(笑)
初めて眼鏡を付けた時の感覚が蘇りました。

角度が付いている分、普通の眼鏡とはやっぱり感覚が違うなぁという感じ。

私みたいに-1とか-1.5程度の度で済む場合は通販でも全然OKだと思いますが、
度がキツイ人は、ちゃんと眼鏡屋で作ってもらった方がいいでしょうね。

そして、クリップオンを付けての試走は南河内サイクルラインから大和川、南に下って大泉緑地公園。
そのまま309を南下して帰宅。本日の走行距離は48km位。 なかなか50kmを超えての遠出はできませぬ。

65月/100

サイクリングの夏準備をしてみた。

気温もようやく、暖かい側で固定されてきたところで、夏装備の準備を始めました。

とりあえず、最低でもグローブをショートグローブに変えないなと~という事で、
久しぶりにウエムラサイクルに行ってみました。

まー、相変わらずお客は結構いてまして、品揃えはディレイラー、シフター等の部品も揃いだしてた感じ。

それは置いといて、グローブを物色・・。

色々つけて見たものの・・付け心地が良かったシマノのグローブにしてみました。
ついでに買ったのは、topeak モジュラーケージスーパー チェーン ツール

ボトルゲージは用意しとこうとは思ってたものですが、チェーンカッター・・。

LIFELINEのツールキットについていたチェーンカッターが精度がゴミでチェーンがはまらないという代物だったので・・・。
夏とは関係ないのですが・・・ね。

で、Frettaはボトルゲージがそのままでは付かないので・・・

ハンドルバーに付けるマウンターはミノウラ ボトルケージアタッチメントを、
ついでに、前から欲しかったウエストバックはアスリート ウェストバックを注文。

アスリートなんて聞いたことないな~なんて思ってたら、あのACEのサブブランド?なんですね。
値段の割にはしっかりした作りでした。

今まではティンバック2 クラシックメッセンジャーバック Mを背負っていましたが、荷物が少ない時は正直邪魔だったので、ウエストバックで背中がすっきりして走りやすくなりました。

topeak モジュラーケージはネジを調節すると幅が変えられるので、市販の500mlペットボトルに対応させるのに非常に便利ですね。
一応、一番ネジを締めている状況でアクエリアスなどがかっちり固定される状況です。

にしても・・ハンドル周り・・そろそろスペースなくなってきたなぁ・・・と。

Tagged as: , No Comments
25月/100

Rudy Project Rydonのリプレイスメントレンズを買ってみた。

という訳で、結局替えなくても良いようにImpact-Xレンズを買ったつもりが、
普段使い用にとの事で替えレンズを買う事にしました。

とはいえ、マルチレーザーレンズを買うとなると、レンズが9,450円する為、
wiggleでフレームごと買った方がお得(11,000円弱)じゃね?と3本目購入しそうな気がしたので、
レーザーレンズ(7,400円)の替えレンズを購入する事にしました。

色はまぁ・・レーザーブラックだろうな・・と。

んで、通販だと。

基本お取り寄せ。
で、特に定価から値引きされてる事もなく、送料もかかる所も。

で、世間はGW・・。
お取り寄せっていつだ??

GWながらも仕事してた私は無駄にお金を使いウップン晴らしをしたい気持ち。

なら、RudyProjectのWebページに乗っている店に買いに行こうと、iPhoneでショップを検索すると、
とりあえず営業時間内に行ける所で複数店舗ある所は・・・

心斎橋。

ちゅうことで、心斎橋に寄り道し、まずはGlass Fixというお店に・・。

えー

心斎橋の地理が解らん(笑)

うろうろして、ようやく発見し、中へ・・。

ん~、まぁフレームセットは数多く並んではいるが・・肝心のレンズは・・

時間が無いので、店員さんに聞いてみた。

「RudyProjectの替えレンズの在庫ってあります?」と・・

取扱販売店ならいくつか持ってるのだろうという考えでしたが・・。

「無いですねぇ・・・お取り寄せになります。」との回答・・。

あぁ・・そう・・。

という事で、すばやく退散。

残るは・・スパイシースペックス スポーツ 大丸心斎橋店・・

百貨店かぁ・・
とは思い、一応近くだったので、覗いてみることに。

北館の8階の一角にあるお店だったのですが、通路に面した一角にドドンとRudy Projectのサングラスが並んでました。

ちょっと期待して、展示されているレーザーブラックレンズの質感を確認して、ついでにマルチレーザーオレンジとかも見つつ・・。

よし、レーザーブラックで・・と思い、

いざ店員さんに「RudyProjectの替えレンズの在庫ってあります?」と尋ねた所・・。

「ん~」と少し考えてから、「どの替えレンズになります?」と。

RYDONのレーザーブラックで」と伝えたところ・・

店員さんは展示コーナーに向かってRYDONのレーザーブラックレンズの付いたフレームを確認した後に、
「こちらでも宜しければご用意させていただきますが・・」との回答。

レンズはそうそう傷が付くモノでもないし、フレームセットで買うにしても1点在庫ものな事が多いと思うのと・・
なにより早く欲しかった(笑)ので、

「じゃぁ、それで!」

と即答。

レンズを入れる袋も純正のモノを探して用意してくれたので、この機転は結構嬉しかったですね。
目的のモノを買えて休日出勤したのもなんのそのと足取り軽く帰宅できました(笑)

にしても、レンズを簡単に替える事がRudyProjectのサングラス売りだと思ってたけど、あんまり売れるもんでもないのかなぁ・・と

帰宅後・・

早速、取り付けてみることに。

レンズ収納袋はこんな感じ。
フレームについてきたハードケースを使うのなら、1組の収納スペースはあるので、ソフトケースで持ち歩く時に活用させてもらうかな。

レーザー処理されているので、景色が映りこんで、奥がほぼ見えません。

Impact-Xクリア時

レーザーブラック装着時
という具合に、普段使いにバッチリなサングラスに変身。
映りこんでいる部屋はスルーしてください・・。

なんだかんだで・・サングラスにお金つぎ込んでいる気がする・・・が・・

長く使えるからと言い聞かせて・・・・

サングラスネタはまだ続く・・。(ぉ