果てない物欲・・果てるお金・・ satton.net

284月/100

wiggleさんからお荷物ついた。

フィリピンから帰国後・・

ようやく・・火山噴火で空港でストップしていたwiggleの荷物が届いてました。

中身は・・

14,000円ほどのRudyProject RYDON マットブラック Impact-X クリア~・・

って、緩衝材無しかよ(笑)

ちょっと角あたって箱へこんでるやん!

と・・海外通販でよくあるお話。
Blu-rayも・・・BOXはオザナリな造りだしね~UK。

まぁ、何はともあれ、噴火の影響もあったけど無事に3週間後に届きました。

先に手に入れてたSYLUROのホワイト マルチレーザーブルーとRYDONの比較。

箱は違えど・・付属品は一緒。

SYLUROは掛けると、レンズが斜めにカットされてるため、キツイ感じがしてますが、
RYDONは非常に自然な感じで、日本人に合うんだろうなぁ・・という気がします。

室内なので、これがImpact-x クリアの一番透けている状態。

まぁ、自転車乗ってる時はクリアでも気にならんが、電車に乗ってる時と建物内に入った時は外見が気になる・・。
なら、レーザーレンズなり普通のヤツ買っとけと。。と自分にツッコミ。

と、元々サイクリング用にと思って買ったけども、せっかくなんで車の運転時になんか使いたいよね。とか
欲が出てきたんから、そんな事思ってるんですけどね。

車の運転時は・・紫外線防止ガラスなもんでImpact-xはクリア側になるので、RYDONでなく、SYLUROを使う事になるのかな。

あー、でも白フレームよりも黒の方が普段使いに違和感ないよねぇ・・

という事で、続く・・

254月/100

初めての海外旅行に行ってみた。~その2~

次の日・・

とりあえず土産物を購入しておかないと、会社の人達に顔向けできないため、
どっかお買いもの出来るとこに行きたいと申し出たところ・・

The SM Mall of Asiaに行くことに。

世界に3番目に大きいショッピングセンターらしいですが・・・

デカイのは解るんですが、規模がピーンと来ない。
まぁ全景が見えない分、イメージしにくいと・・。

とりあえず、デカイ。

建物は近代的で、とても綺麗。

入口では警備員がボディチェック。

建物の造りは日本で言えば、アウトレットモールとかを想像してもらえばいいのかな。
アレの巨大版。

非常にゆったりしたスペースで人が多いながらも、結構スムーズに歩ける。

でも、広すぎて何が何だかわかりませんが、フィリピンのイメージがある種崩れた所でもあります。

ま・・マカティからココにくる途中の街並みは、想像してた通りだったりする。

で、フィリピン土産ってなんだろう??

と・・とりあえず乾燥マンゴーの5パック入りを幾つか。
それだけだと心もとないので・・

色モノとして地球の歩き方に書いてあった・・バナナケチャップを・・・
後日談として。。結構好評でしたバナナケチャップ(笑)

家族用にオタップっていうパイ菓子の缶入りのヤツを選択。
彼女の進めでウベという紫イモのやつを購入。
これが結構ウマい・・。

とまぁ・・色々とお買いものをして、軽食をカフェで食べて帰宅。

途中・・Rudy Projectのテナントを発見!
フィリピンにあるとは思わなかった・・・。

帰宅後に調べたら、確かに公式サイトにはフィリピンのリンクあるわ・・。

商品として、日本には無いウエストポーチが・・
丁度、サイクリング用にウエストポーチが欲しかったんだけど、値札が無いのが・・・高いのかなぁ・・?と
思って取りあえず、買わず。

で、これも帰宅後に調べてみると・・・
大体2000円~4000円・・って安いね・・。って後悔してみたり・・。
あと、ミニストップとセブンイレブン、ケンタッキーとマクドナルドを結構見かけます。

ミニストップは完全にフィリピンのモノでしたが、セブンイレブンでは若干日本のお菓子を見る事が出来ました。
とはいえ、アポロチョコが50ペソ(100円程度)くらいだったので、日本並みなお値段するわけですが・・。

フィリピンのお菓子は5ペソから20ペソ位。
2,3個入ったクッキーとかが結構な種類で並んでたりします。

メントスは300個入りの袋で150ペソ位で売ってたりします・・・・。
1個1円かよと(笑)
まぁ・・あれですよ。
数千万貯金出来たら、日本で家建てるんじゃなく、フィリピンでまたーり暮らす人がいるってのも解らんでもないと思った次第。
英語さえ出来て、マニラ首都圏に住んどけば、生活に困らないのかも知れない。

で、そこそこ贅沢出来る訳で・・
と、いう感じで、フィリピン旅行はあっと言う間に過ぎ・・。

帰国。

空港のセキュリティチェックの手前まで送ってもらって・・・

さぁ・・出国さ。

英語・・解らないけど、、とりあえず突き進め(笑)
で。。トラブル発生。
搭乗ゲートがチェックインの時から変わってたらしく・・
人がいないなかしばらく待ってた・・

なんか、おかしいよなぁ・・と思い、人の流れる先に行ってみると・・。
OSAKA行きと表示が・・

ここまで来ると日本人も多くて少しホッと・・。

無事に飛行機にも搭乗出来、さぁ・・言葉の通じる故郷へ帰るぜ!という時に・・

また・・後ろの座席がフィリピンの子供でした・・・

後ろから髪引っ張りやがるわ。コツキやがるわ・・

まったく・・・

とはいえ、行きと違うのは、出発が日中かつ晴れだったので、外の景色を眺められた事。

雲を超えるところの景色が何とも言えない感じ。
飛行機に乗ってるなぁ・・とシミジミ(笑)

今回は正直ビクビクしながらだったので十分に楽しめたかと言えば否なのですが、
少しだけ、また行こうかな・・なんて思った次第。

224月/100

初めての海外旅行に行ってみた。

初めての海外旅行、初めての飛行機・・そして・・

初めての一人旅。

初めて尽くしなフィリピン旅行・・。

フィリピンって言うと、シャッチョウサーンな色情的なイメージがあるのはある種の偏見だとは思うが・・
ガイドブックが地球の歩き方以外には、夜のフィリピンだとかが多数占めるこの状況・・。

ちなみに、私はフィリピンで仕事している彼女(日本人デスヨ)に会いにいくのが目的。

直前まで仕事が忙しくて、ろくすっぽ準備が出来てない状況で、なんとかセブパシフィックで往復チケットを予約。
前日に、お土産になりそうな日本食をスーパーに買い出しに行き、荷造り。

セブパシフィックでは預け入れ荷物が15kgまでとのことなので、前回買ったキャリーバックの重量5.6kgを除くと9kg程度に収めないと・・

とか言いつつ、エクスパンドを全開放に近い位まで調整しても13kg弱に抑える事が出来、特に気にする事なかった模様。
22インチは大きかったかなぁと思ったけど、ある意味丁度よかったみたい。

と、荷造りを完了させ、後は寝るだけ。

で、想定よりも早く目が覚める(笑)

関空にも行った事が無かったため、冒険を兼ねて16時位に付いていれば問題ないけども、14時位に到着するように出発。

初めての関空の感想・・

人すくなっ!

 

です。

まぁ、平日(4月22日)だしねぇ・・

関空にはTSUTAYAやらユニクロやら無印良品やら有名処もあり、旅行グッズを扱っている所もあり、
大抵、準備し忘れているものは大抵揃える事が出来ます。

例えばライターを機内持ち込みする用の密閉袋(ジップロック) 200円程度

ま、100円以上するので、諦めてセキュリティチェックの時に破棄しちゃう人が多いみたいですが・・
免税店付近の喫煙所では、備え付けのモノ使えばタバコを吸えますが、ターミナル直前の喫煙所ではありませんので、持ち込まないと吸えません。

後は、機内で読む本。。IQ84でも買おうかと思ったら、1巻が売り切れてたので、とりあえず雑誌でバイシクル クラブを購入・・。
まぁ、意外に安くて読み応えはあったけど、ロードバイクが欲しくなる諸刃の刃。

で、TSAロック対応のキャリーケースベルト。
最初は無くても良いかなぁ~と思ってましたが、とりあえず付けておこうと蛍光オレンジ色のを購入。
お陰でバゲッジクレームですぐ発見できました。
TSAロックはオマケです。

とは言え目立たせるという意味でジャマイカ国旗色とか買うと他人と被るので注意・・。
他の人も同じ事考えてます。。
と、いう具合に時間をつぶし、16時20分からチェックイン手続きが出来るという事なので、ほぼ時間通りにいってみると、20人位が既に並んでいました。

日本人半分、フィリピン人が半分といった感じ。

20分程度で手続き完了し、セキュリティチェックへ・・。

ピンコーンってなったりしないかなぁ・・と思いつつ。

鳴りませんでした。

 

この辺は初めてでかつ、一人で来ると心細いねぇ・・。
ちなみにセキュリティチェックでは液体物の持ち込みはジップロックが必要で、ペットボトル飲料は没収になる事が多々なのですが、
セキュリティチェック過ぎてからも普通の値段でペットボトル飲料は買えますので・・・。

全てが初体験でドキドキでしたが、一番のドキドキは離陸・・。

セブパシフィックの飛行機はお世辞にも素晴らしいなんて言える代物ではなく、座席は路線バスよりも酷く、ベルトもボロ。

前との座席は極端に近く窮屈。

機内サービスは有料(笑)

まぁ・・格安でならしてるから仕方ないけど・・。

自分の座席の後ろが小さい子供を連れたフィリピン人だったのが、一番最悪だったわけで・・。

暴れる・・叩く・・騒ぐ・・

。。。。

快適な空の旅・・・終了

 
しかもこの日は大雨・・夜のフライト・・

外の景色なんも見えん(笑)
まぁ・・

寝るか・・

4時間後・・

どうやらフィリピンが見えてきたようで、綺麗な夜景が見えてきました。

途中、乱気流が~とかでグラグラガタガタしてドキドキしたのも良い思い出・・。

ようやく陸地へ無事到着・・。

現地22時半・・気温は30度とアナウンス。。。

真夏日ですね。

 

入国手続きは特に問題無く過ぎ・・。

税関で係のおばちゃんに、「ナンニモナ~イ?」と声を掛けられた意外には何もなく・・・

いや・・つい「はい!」と言ってしまったよ(笑)
荷物を受け取り、無事に出迎えの彼女に会えて、とりあえずは一安心・・。
イエロータクシーに乗り、彼女の住むコンドミニアムへ。

フィリピンの第一印象・・。

とかくクラクションを鳴らす。
車線変更しまくり。
横からバスが迫ってくる!

ある意味、恐怖。

黄色いタクシーは基本綺麗ですが・・一般の白いタクシーは外装ボコボコな所が接触上等な環境なんだろうなと・・。

まぁ、夜が更けてもクラクションは鳴り響く訳で・・。

夜の珍走族よりはマシとは言え・・・気温も加えて、暑苦しい国だなぁ・・と。

(続く)

214月/100

BAGGY PORT(バギーポート)のショルダーバックを買ってみた。

ちょっとした荷物を入れるカバンを持っていなかったので、
フィリピンに行くにあたって何か小さめなカバンを買ってみようと・・。

で、最初は吉田カバンのポーターの小さめのヤツでもと思ってたのですが、
よくよく調べてみると、マジックテープが結構使われてるのを知り、幻滅・・。

いやぁ・・どうもマジックテープっていうと安価で手抜きなイメージがあるので、
この値段のカバンでコレはなぁ・・と。

そこで、次に考えたのは帆布製のバック。

色々みていると帆布工房のショルダーバックが意外に安いので、これにしようかなぁ・・と思ったら・・

思いっきり、「帆布工房」ってロゴが正面に・・。

いやぁ・・・

・・・

きっついなぁ・・コレと。

帆布の素材感ってのはちょいと気になってるので、別のモノでなんかないかなぁと探したところ・・。

BAGGY PORT(バギーポート)って神戸のメーカーが色々出してました。

大きさと価格もお手ごろながら、作りは結構良いとの評判だったので、BAGGY PORT ロウビキパラフィンダッシュ ショルダーバッグ ACR-458 ブラックを注文。

届いた時のペッシャンコ具合にびっくりしました(笑)
これなら荷物にならず持っていけるね!的な喜びのびっくりですけどね。

で、このカバンは中敷きが無いので、重たい荷物を入れると形が崩れがちになるとのことで、
私が購入した店ではサイズを合わせた中敷きが付属されていました。

これを入れると確かに、形状は保たれます。

必要ない時は普段は中で立てて置けば邪魔にならないので、結構便利なモノもらえたなぁという感じ。

で、感想としては、このロウ引き具合が良い感じなのですが、埃が付きやすいのが玉に傷ですな。

でも荷物は思ったよりも入り、結構使える感があります。
その分、中の収納ポケットは最小限だったりするけどね・・。

後は、雨降ったときは浸水に注意しないといけないかも。
雨の日にカバンを背中に担いでるといつの間にかカバンがビショビショになってる人はダメかと。

その辺を注意すれば、非常に使い勝手の良いカバンな感じです。

204月/100

Rudy Projectのサングラス(アイウェア)を買ってみた。

日差しが強い日に自転車を乗った事は無いのですが、
南河内サイクルラインなどの川沿いを走るとどうしても気になるのが、、、

風!!

 

容赦なく横から前からと風が吹きつける訳ですが・・・

そして目にゴミが入ろうもんなら・・

という事で、スポーツサングラス(アイウェア)なるモノを購入してみようと思った次第。日差しが強い日に自転車を乗った事は無いのですが、
南河内サイクルラインなどの川沿いを走るとどうしても気になるのが、、、

風!!

容赦なく横から前からと風が吹きつける訳ですが・・・

そして目にゴミが入ろうもんなら・・

という事で、スポーツサングラス(アイウェア)なるモノを購入してみようと思った次第。

とはいえ、何が有名でどう良くてなんて解らなかったので、
ちょいと前に、職場の自転車好きな先輩と何気にサングラスの話をしていた時に、
RudyProjectってのを使ってるってのを思い出して物色。

形的にはRYDONを気に入ったので、値段を見てみると・・

結構する訳で・・。

ちょっと躊躇してたのですが、イギリスの通販サイトでwiggleってあったよなぁ・・なんて思い検索。

・・・

・・

うん・・

日本より1万円位安いよね(笑)

5万円が4万円とかじゃなく、2万5000円が1万5000円くらいな値段の違い・・。

日本・・ぼり過ぎじゃないですかぃ?

これなら~なんて、ついついRYDON マットブラック 調光クリア(impact-x)を注文(大体1万4000円強)。

1,2週間で届くかなぁ・・なんて待ってたら・・

火山が噴火したとかどーとかで、荷物が届かない(ぉぃ
フィリピン行きも近づいてきたので、どーしようかと思って何気にヤフオクを覗いてたら・・

SYLUROのホワイト マルチレーザーブルーが、手元に届きました(落札してしまったとも言う)

実際、かけてみると表面の青さからは思ってもみないほど、普通に見えるんですね。
もっと青々しいのかと思ってたら、気持ち赤み掛った色な景色。
基本ブラック派な私ですが、ホワイトフレームもスポーツしてるぜ!感があり、真夏に付けるには良いかもしれないなと・・。
で、とりあえず使用感を感じてみたく・・出向いた先は、関西サイクルスポーツセンター・・

南河内サイクルラインを富田林からいつもと逆に走って河内長野方面に進んで、どうせならと寄ってみました。
とはいえ、最後の方の坂道は自転車押してましたが(笑)

風もソコソコありましたが、サングラスのお陰で随分と楽になりました。
断じてカッコつけで付けてる訳じゃないのね~と納得。

成り行きでRudyProjectのサングラスを2本買ってしまった事になり、随分お金は出て行く事になりますが、
まぁ自転車以外にも使えるからたまには良いかと。

とはいえ、何が有名でどう良くてなんて解らなかったので、
ちょいと前に、職場の自転車好きな先輩と何気にサングラスの話をしていた時に、
RudyProjectってのを使ってるってのを思い出して物色。

形的にはRYDONを気に入ったので、値段を見てみると・・

結構する訳で・・。

ちょっと躊躇してたのですが、イギリスの通販サイトでwiggleってあったよなぁ・・なんて思い検索。

・・・

・・

うん・・

日本より1万円位安いよね(笑)

5万円が4万円とかじゃなく、2万5000円が1万5000円くらいな値段の違い・・。

日本・・ぼり過ぎじゃないですかぃ?

これなら~なんて、ついついRYDON マットブラック 調光クリア(impact-x)を注文(大体1万4000円強)。

1,2週間で届くかなぁ・・なんて待ってたら・・

火山が噴火したとかどーとかで、荷物が届かない(ぉぃ
フィリピン行きも近づいてきたので、どーしようかと思って何気にヤフオクを覗いてたら・・

 

SYLUROのホワイト マルチレーザーブルーが、手元に届きました(落札してしまったとも言う)

 

実際、かけてみると表面の青さからは思ってもみないほど、普通に見えるんですね。
もっと青々しいのかと思ってたら、気持ち赤み掛った色な景色。
基本ブラック派な私ですが、ホワイトフレームもスポーツしてるぜ!感があり、真夏に付けるには良いかもしれないなと・・。
で、とりあえず使用感を感じてみたく・・出向いた先は、関西サイクルスポーツセンター・・

南河内サイクルラインを富田林からいつもと逆に走って河内長野方面に進んで、どうせならと寄ってみました。
とはいえ、最後の方の坂道は自転車押してましたが(笑)

風もソコソコありましたが、サングラスのお陰で随分と楽になりました。
断じてカッコつけで付けてる訳じゃないのね~と納得。

成り行きでRudyProjectのサングラスを2本買ってしまった事になり、随分お金は出て行く事になりますが、
まぁ自転車以外にも使えるからたまには良いかと。

64月/100

ダブルオートエクスパンドなキャリーケース Pathfinder PF3522DAXを買ってみた。

旅行に興味も無く、出張も無かった事から、飛行機に乗った事が無い私。
もちろん、海外に行った事もありません。

ですが、ちょいとした理由で、4月22日から海外旅行(フィリピン)に行く事になりました。

まぁ、そういう境遇なので、キャリーケースなるモノを持っていなかった訳ですよ。

で、探す羽目になった訳だが・・

基本旅行には行かない人なので、ハードケースはNG。

出張は今後出てくるかもしれない状況なので、仕事に使えそうなキャリーケースを・・

と色々探してると、結構高いものしか残らず・・。

TUMIなんて6万円越えだしねぇ・・

で、デザイン的にあま~りグッとくるのもなく・・。

となると、機能で選ぶか~と探している時に目に付いたのが、オートエクスパンド機能付きなPathfinderのキャリーケース。

現行品で言えばレボリューションXT PF3820DAXPF3826DAXになるけども・・

TUMIよりも安いとはいえ、結構高い!4万円↑

うむむと思ってたところ、何気にヤフオクで検索してみると・・

旧型の新品未使用ヤツが2万5000円からあったので、その中から22インチのPF3522DAX ブラックを落札しました。

まぁ、正面から見ると地味なデザインなカバンなのですが・・。

このダブルオートエクスパンド機能ってのが凄い・・。

横からの通常サイズ・・

で、中を空けて、ベルトを調節すると・・・

こんな感じにドカンと広がる訳で・・(笑)

しかも蓋側のフレームごと広がるので、ケースの形状が保たれたままエクスパンドされるという・・。

このすばらしき機能美に惚れました・・。

で、ちょっとした出張には22インチは大きいのですが、
20インチにしなかった理由は・・・

このガーメントが付属するかどうかなのですよ。

22インチ以上じゃないと付属しない・・。
なら22インチしかないじゃないか!という感じ。

地味なデザインさえ許せれば、作りもしっかりしていて、非常に良いキャリーケースです。
逆に言うと、地味だからこそ仕事用にはピッタリなのかもしれませんけどね。

44月/100

ZEBRA クリップオンマルチ 3000とリフィルを買ってみた。

手帳の中身を入れ替える時期がやってまいりました。

・・・

・・

もう4月入ってるけどね!

色々あって、リフィル選んでる暇も無く・・
文具屋にも行けなかったので、例のごとくAmazonで買ってみたわけで・・

しかし、Amazonってなんでも取り扱ってるイメージあったんですが、文具系は弱い?のかな。

せっかく、Primeサービスに入ってるのに、マケプレ取扱品ばっかり・・。

で、普通に送料がかかるか、3000円以上買わないと送料無料な店とかな始末。

仕方ないので、前々から思ってたので、手帳用のペンも一緒に買ってみようと思い選んだのが、

ZEBRAのクリップオンマルチ 3000 エレガントレッド

普通に選ぶならな気がしなくもないのですが、、

最近赤もいいなぁ・・なんて思ってる自分がいる・・(持ってるPSP3000も赤ですし・・)

ぶっちゃけ、クリップオンマルチ 2000と機能的には変わる事なく、見た目で1000円程余分にかかってる訳で(笑)
しかも4色ボールペンなんて、100均で買えるじゃん!とか思うかもしれませんが・・

コレは、色の切り替えのスムーズさは明らかに違いますし、書き味がサラサラしとります。

社会人なら一本位この程度なペンは持っとけな感じデスヨ!

と、いう感じで・・。

TUMIの手帳と合わせるとこんな感じで、良い感じに赤がアクセントになってるかなぁ・・なんて。

ちなみに、リフィルは2010年4月始まり バイブル 月間ダイアリー カレンダータイプ インデックス付を購入して、
カラーインデックスもバイブル カラーインデックス<ペーパー・トップ 5段>を購入して、上に持ってくるようにしました。

これで、今年度は戦う予定で・・